そのひくらし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

クラシックピアノ

譜面を弾く…
小生は そうは考えまへんのや。
譜面を自分の音に変える。

譜面に書かれている事は 作曲者のイメージへのヒントなんすねぇ。
作曲者のイメージに 最初は近づこうとするんやけど、次のステップでは 自分の中で 作曲者が語り出す。
つうかぁ、自分が その作曲者(譜面)に乗り移って 音楽を語り出す。
多分、そんなんやと思いやすねん。

誰が考えたか知らへん事を一方的に押し付けられたって 面白くも何ともないねん。
弾く方だってつまらんし、苦痛やしぃ…聴く方に至っては もはや 冗談では済まされへん。(爆)

譜面はヒント、アイディア集にしか 過ぎまへんのやねんなぁ。
そこん処の認識が 凄く大事やと思いますねん。
でぇ、実は そういう意味では クラシックもポップスもジャズも 大して 違わへんのかもしれへんなぁ?!
大分、やり方、癖はちゃうんやけどね♪
スポンサーサイト
  1. 2010/04/21(水) 07:11:40|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ああ、子供が 傷ついてやす… | ホーム | ピアノぐんぐん上達法?>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bamaman.blog12.fc2.com/tb.php/978-5945767b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。