そのひくらし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

桃太郎はん

うん、いろんなバージョンがあるんやそうでやす。
小生が知っていたのは 川の上流から大きな桃が流れて来て そのなかに 桃太郎が居た、つうお話でやすが…
実は 老夫婦が流れて来た桃を食べたら 若返って 赤ん坊が生まれたつうのもあるんやそうな。
明治期迄は そちらのお話が主流やったんやとか?!

でね、なにやら 回春しちゃうほうが 伝説として素敵やなぁと思うので有りやす。
20代から40代つうのは 良く考えてみると10年と1秒で成っちゃうんでやすなぁ~
実感として 十年は長い様で短いっす。
あっと言う間でやす。
50代へも あっという間に突入しちゃう訳でやす。
実に 人生は夢の如しであるし、桃太郎に限らず 回春という言葉の なんと魅力的な響き!

人生は 2度出来へんねん。その…だからこその 愛おしさ♪
過去をひきずる訳でもない。
でも、あの素晴らしい時代!

桃太郎は 何故明治期のままの物語でなくなっちゃったんやろかぁ?
人生は 死んで終わるからこそ ええのであるし、叶わぬからこそ 回春という言葉が 光彩を放ち、中年のわちきを魅了し続けるのやねん♪
スポンサーサイト
  1. 2010/04/15(木) 19:02:24|
  2. ひとりごと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<暴力 | ホーム | やはり、蟻とキリギリスはん!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bamaman.blog12.fc2.com/tb.php/962-cc928d85
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。