そのひくらし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

感動は涙を呼ぶのやろなぁ?!

どないに 美しくても 瞬時に虜にさせるのは 相当難しい事やろなぁ。
聴く人を引きづり込んで行く、プレゼンテーションみたいなものが無いと その門戸には到達せえへんのやろと思うねんなぁ。
そこには 驚きの場合もあるし、そういう新鮮さとか、明快な説得力やとか…
そうなってくると 作曲者の意図も感得していかないけんかもしれへんし…
実に難しい。
けど、それが出来なければ 永遠に自分の出す音を ほんまに聴く人は現れへんやろなぁ。
うん、布石かいなぁ♪

やはり、対比なんやねぇ。
のんべんだらりんとしたものには 誰もなにも発見させへんやろなぁ。
強弱やとか、スピードやとか、巧妙に仕組まれた作曲者の意図に共感して そいでもって 自分が そこに自己投影させていく…そう、しかも その構成の仕方は 入り口には理屈があるんやろけど、どこいらへんか からはぁ 極めて感覚的な世界しかないやろと思うねんなぁ。

しかし、えらい難儀なことやねん…
スポンサーサイト
  1. 2010/04/08(木) 23:58:45|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<あっ、思ったんやけど… | ホーム | 右膝>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bamaman.blog12.fc2.com/tb.php/950-b8f92e9e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。