そのひくらし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

少なくとも16分音符がきっちりとメトロノームに乗っていたいものでありやす。

そう、それがきっちり乗れるスピードが 現在の処、♩=120というのが 小生の力量で有りやす。残念ながら…
16分音符が崩れると走りやす。
16分音符が崩れると対する右手なのか左手なのかに関わらず、相方の手の8分音符が崩れやすねん。スピードの矛盾(リズムの崩れ)を隠す為に 8分音符が早く成っちゃうのでやすねん。
聴いている人間にとって これは不安を呼び覚しやすねん。
だから、16分音符が 粒立つというかぁ きっとりとリズムに乗っている事が 大変に大事になる訳でやすねん。

じゃぁ、音楽が全てメトロノームに乗っている必要があるのかつうと そうではないっすねぇ。
留婆止や 赤穂菊やら 無礼素やとか、センテンスの終了やら次のフレーズへの予感やらで 動く訳でやす。
リズムを迫力のあるスピードに見せる為に 利樽弾止とかぁ無礼素を入れて ゆっくりと歩調を整え、力を貯めて 爆発する。
うん、でも これは 比較とか陰陽みたいな対比でもって 補うと効果的でやして 必ずしも超スピードをしなくとも充分に その場の迫力は出せる訳であって…

しかしながら、だからといって 16分音符が不正確であってええつう事には成りまへんねん。
そういうこっちゃ!

実はベーが 難ぃと言っているんやけど ほんまはショパンも 一緒なのかもしれへん。
ややショパンの方が誤摩化し易いちゅう事なのかもしれまへんなぁ。

どこが違うんやろか?
ショパンがメロディヤスだからなんやろか??
そこら辺は 1年かけて考えて、つうかぁ 感じて行きたいと思いますのや。

スポンサーサイト
  1. 2010/03/19(金) 17:33:32|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<焦りという地獄 | ホーム | スピードアップの為の練習、その後>>

コメント

あはは…♪

うん、非常に参考になりやすなぁ♪
そうなんだぁ、あの鍵盤の重さは そないなことやったんかぁ!

うん、でも 意地でもベーねじ伏せてやるねん。(笑)
  1. 2010/03/19(金) 21:17:40 |
  2. URL |
  3. bamaman #b25GG1JM
  4. [ 編集]

あ~~、ショパンはキッチリカチイリが嫌いな人だし、気分で弾いてよ見たいなところが多いし・・・。
伴奏も大きくリズムが崩れる様な形は使ってないですからあまり気にしなくても全体の調和は取りやすい仕組みになってますよね。
きっと繊細で神経質でも優しかったんですよ。

でもベー様は曲の中でいろんなことしてるからそもそもリズム取りにくいですよ。
しかも気難し屋さんだからキッチリカッチリしていないと調和が取れないようになってるし。
意地悪なんですよ(爆)
  1. 2010/03/19(金) 20:35:16 |
  2. URL |
  3. tukushi #VsoBfN2E
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bamaman.blog12.fc2.com/tb.php/916-0a60e0bd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。