FC2ブログ

そのひくらし

NHKの大河ドラマ

実に下らん!
司馬遼太郎はんはぁ 彼の文筆活動の原点は
【自分と同じ特攻隊員は 何故 死んで行ってしまったんやろか?彼等に対する鎮魂歌】であったそうな。

”龍馬が行く”
あれは 史実やのぉて 単なる小説なんやねん。
司馬氏が 一杯作り事してるねん。
彼には 罪は無いねん。
だって 坂本龍馬という元気のええ変わった魅力的な青年を 司馬遼太郎はんが心の中に発見しただけなんやねん。
そう、何故 太平洋戦争に突入し 同じ仲間が 死ななければいけなかったのか。
そのなかでの 日本の未来を投影させた創り上げた人物像が坂本龍馬に過ぎないねん!

NHKの取り上げ方は 全く 司馬遼太郎はんが嫌っていた特攻隊を産み出した精神そもののなんやねん。


みなはん、楽しむのはええねん。
うかれなはるなよぉ~。
実に 下らん、大衆操作にもならへん、公共放送のお役所仕事なんす。
スポンサーサイト



  1. 2010/02/19(金) 22:16:03|
  2. 批評|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<作曲家による音質の違い | ホーム | 紀貫之>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bamaman.blog12.fc2.com/tb.php/838-8615ecec