FC2ブログ

そのひくらし

トラウマを殺すに似た、余りにも似た…

”構造設計家に どうやって構造計画を立てて 手順を通過してくのかいなぁ?”
と、かつて 聞きやした。

“弱い所を発見して(計算上の結果、発見して)順番に 弱い所を 補強して行くんだ。”と。
そう、順繰りに 弱い所を補強して行く訳でやす。
一巡手前では 初期の一番強い所が その結果、一番弱い所になったりして。(爆)

まぁ、最弱点に 力が集まりやすから、つうかぁ そこから崩壊しやすねぇ、多分?!(笑)
そうならへん様に バランスを全体で 取って行きやす。
それで ワンラウンドは終わりやす。

表現?
そやねぇ、それは 強弱が必要に成りやすよねぇ。
主張したい処を際立たせる…
うん、それは 構造屋の仕事ではなく、多分 意匠屋の仕事でやしょうねぇ?!

その先は 経済性とか、いづれにせよ 瑣末な事でございやしょうかぁ。

芸術と技術は まぁそないな関係やろと漠然と思いやす。
しかし、実に ピアノを弾く作業に似ていやすねぇ♪


ただ、我々は 同一人格の中に それを共存させねばならへんつう…まぁ、因果やねぇ!
どっちが 強い方がええんやろかぁ?
実に ムズイ問題やねぇ…




スポンサーサイト



  1. 2009/12/30(水) 01:25:04|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<自分と言うものに気が付くという事 | ホーム | 良い観察者である事の奨め>>

コメント

部分練習でやすかぁ。

大体、曲の一つの単位は 4小節位やないでしょかぁ。
それの展開で次の4小節とかぁかなぁ?!
で、間違わないで弾ければ 通過。
通過したら 4×2とか4×4に拡大して 間違わへんか?
間違えば 間違えないで弾ける迄 繰り返す。
そうやって ぶった切って パーツを習得するんやろなぁ?部分練習てぇ…

まずは 単純に間違わずに弾けるという事。
次は 注意点を 確実に覚えさすという事。(アナライゼーションを含んでいると思いやす。)
と同時にスピードを挙げて見る。

それから全体に戻っていったらええんかいなぁ。
そう、確実に 音楽の構造の問題(パーツの構成の仕方)にぶつかりやす。
曲想を感覚的に捉える迄弾き込む。正規のスピードは 10回に1回でええ。
危ない所は 4小節の塊を広げて適宜の大きさで 部分練習。

まずは 間違わない(ミスタッチ)という事がクリアー出来ない部分が 部分練習の必要部位でやしょうかぁ?

小生は ミスタッチが無くなってから かなり引き込みやす。
そのプロセスで いろいろな響きを発見して 取捨選択して行く様な感じやろと思いやす。

まぁ、構造設計に 似ているっすねぇ。
弱点補強は 部分練習に そっくりかもしれへんし…
  1. 2009/12/30(水) 16:56:18 |
  2. URL |
  3. bamaman #b25GG1JM
  4. [ 編集]

部分練習もその方法でいいんですよね。

当初、部分練習の仕方としてよく言われるのが
「うまく行かない所だけをとりだして反復練習する」という解説で
「うまく行かない所を取り出すと‥‥最初から最後まで全部なので、」となって
結局ずっと通し練習してました(爆)


まあ、全体的にうまく行ってないのはしょうがないとして‥
あくまでも当社比で「より」うまくないところ順に一巡させるということですよね(^^;)
で、あとは何周出来るかで完成度が変わってくると…
その辺は常に施工期間とご予算により要相談です…(違)
  1. 2009/12/30(水) 15:59:28 |
  2. URL |
  3. かめいち #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bamaman.blog12.fc2.com/tb.php/728-43749efa