FC2ブログ

そのひくらし

なんで腱鞘炎になるのやろ? 【1】

小生の場合は ピアノの弾き過ぎという事になるのでやすが、それにしても 脆い!

幾つかの要因があるらしいのやねんなぁ。
一般的に言えば 
1、弾き方が悪い。*手指に力が入り過ぎている。
2、中高年は どうしてもなりやすい。
3、長時間連続で 弾く。
4、通風等、健康人よりも 腱鞘炎を起こしやすい。
5、運動不足による全身の血行不良は 腱鞘炎を起こしやすい。

以上の点が ざっくりと考えられるのやねんなぁ。

第一章 腱鞘炎にならないピアノの弾き方はぁ??

1に関しては 手を大きく開く運動の連続。
うん、これは和音の連打なんかが それに当たるらしいのや。
ベーやんは 要注意ちゅう処やねんなぁ。
小生の場合はぁ 弾き方に関しては どうしても鍵盤を引っ叩く傾向にあるんで 指への負担は大きいのかもしれへん。

電子ピアノは 腱鞘炎になりやすいらしいのや。ま、小生は それはないのやけど…
理屈から言えば 電子ピアノは 鍵盤にクッション性が 低いんやね。
それと 思う様に音が出ないさけ、押しちゃう。
つまり、指先が 鍵盤にあたる反力をもろに負担しちゃうんやろねぇ。
でぇ、順次その反力が 手の平や手首に 負担を強いるちゅう訳やねん。

アナログピアノの場合は 大分クッション性が違うらしいのやけど やはり、鍵盤の底迄弾けば 程度の差こそあれ、底に当たった時の 反力が 手指手首への負担になって来るんやろねぇ。
つまり、小生は そういう事の改善が まだまだ されていないちゅう事になるんやろねぇ?!

実は これは 同時に音質の改善にも繋がるさけ 大事やねんなぁ。

それから、長時間指を開き続けると 腱鞘炎を起こしやすいねん。
指を広げるには 力が必要になるねんなぁ。摂理としては そういう事が働いて 腱鞘炎を起こす事になるらしい…
だからつまり 和音に限らず、アルペジオでも 指を開いたら 出来るだけ早く 指を閉じた方がええつう事になりまんのや。

これも音質に関係してくるから 大事なんやね!

それから 練習が進んでへんのに 早いスピードで弾く。
これは 指に力が入りやすく成るねん。
充分に 弾き込んだ曲は 力まずに弾けるんやけど…だから、ゆっくりと丁寧に音質を確認しながら 弾くべし!
音質が 柔らかいと言う事は どうも手指が力んでいないつう事に 深く関わっている様なんねん。

つう訳で 簡単では ございやすがぁ 第一章を終わりやす。

     - to be contenue -

スポンサーサイト



  1. 2009/12/07(月) 16:15:31|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<なんで腱鞘炎になるのやろ? 【2】 | ホーム | 連弾、2台のピアノ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bamaman.blog12.fc2.com/tb.php/669-275652be