FC2ブログ

そのひくらし

わかった事2

・自分のピアノの取り組み方の問題点を理解する事。
 実に これが難しいっす。感覚的に あかんちゅうのでなく、客観性を持つのやねん。

これは 
1音質上の問題点
漠然とでなく どこが 汚い。何が 不足している。音が固い?
そないな事を正確に知る事。
2技術上の問題点
指が転ぶ。スケール?アルペジオ?トリル?
どの程度のスピードならOKなの?
3ポリフォニーが判らない。出来ない。
4拍子感がない。
5音楽が走ってしまう。
6自分の音が 聴けない。
7暗譜が出来ない。
8譜面を読むのが苦手だ。
9アンサンブルが苦手だ。
10何が問題なのかが わからない。
11自分のレベルがわからない。上手いと思っている。ひたすら下手だと思っている、とかぁ。
12その他

つう具合に 問題を一つ一つ具体的にして それの為の改善の方法を知ればええのっす。

どの技術も どの時代の音楽に共通するかどうかはわかりまへん。
すくなくともベートーベンとラベルは 全く違う技術やろと思いやす。
それの追求は これまたオタッキーかもしれへんし…切りがないっす。
自分が なんで音楽をやってるのか、そこの鏡と照らし合わせて 音楽を楽しめれば 幸せやろと思いやす。

それから たくさんの音やフレーズに触れて 或は通過して 或は 覚えて…すると それだけで 理屈抜きで音楽が分かって来る部分はおっきぃやろなぁと思いやす。
Jazzでもなんでも 特徴的な音階や和音や癖がありやす。
たくさんの それらに触れているうちに なんとなく理解出来る部分があると思いやす。
それが ある程度 溜まって来た時に 多分のどの渇きを覚える様に 統括する理屈に興味を 覚えて、いままで 持っていたモノが 一層整理されて 使いやすく成って行くんやろと思いやす。

小生は 経験主義者かもしれへん。
たくさんの 音楽断片が 溜まって来る。
コップに水を差し続け、それが ある時 コップから水が溢れやす。
この溢れ出した時に 音楽になるんやないでしょかぁ?!
溢れ出した時に ”ああ、こういう事やったんやなぁ!”と悟りを開く様な境地になるんやないでしょかぁ。

概略、音楽へのプロセスは 大体こないな感じやないやろかと 思ったりしておりやす♪
スポンサーサイト



  1. 2009/11/02(月) 21:46:09|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<わかった事3 | ホーム | わかった事>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bamaman.blog12.fc2.com/tb.php/603-0214255b