そのひくらし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

脱力かぁ…

あっしは どうも この言葉がピンときまへんのや!
例えばマニュアル車の半クラッチ…。
どこが 半クラッチなんやねん。
車によって 直ぐ駆動力が伝わっちゃう奴とか、けっこういってから 伝わる奴とか…。
操作表現としては あたってへんのやねん。

メカニカルやフィジカルな原理的明快さより、伝わりやすい動作的イメージが 大事やとおもいやすなぁ?!
小生は やはり、”鍵盤の上で 腕が躍動してる”つうのが 一番イメージできるねんなぁ。
ただし、言葉だけでは 他人に伝わらへんよねぇ!?!

とにかくぅ 鍵盤の上で 腕が 跳ね回っていやす。
手や指は 腕に釣られているんだす。手首がショックアブソーバーになっていやす。
だから、鍵盤の底まで 行きにくいし、鞭効果で 大きな打撃力も得られるし…

ま、言葉は 魔物ですさかいに…注意!注意!!


つう訳でやす。



あっ、ちなみに 小生は 力が抜けた状態が いつも得られているわけやありまへんねん。
そう、譜読みとか つっかえる時は 必死で弾くから 力入っている様でやす。
そう、その癖が 残っちゃったりしやす。
だから、ゆっくり弾き始めろてぇ 寸法なんでやすなぁ。
それが 一番奇麗な弾き方に繋がりやすのは 承知しておっても…うん、精神的には きついっす。つまり、体力を 充分養って 気力、精神力を多いに付けないと ピアノは上手く成らへんてぇ事であるのは ほぼわっておりやすねん。
わかっちゃいるけどぉ…ま、凡人は そないな処にうろうろしちょるのやねん!
スポンサーサイト
  1. 2009/10/21(水) 22:33:09|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<確かに楽譜上の発見はある。 | ホーム | ファンド>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bamaman.blog12.fc2.com/tb.php/578-6d431299
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。