そのひくらし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

無音の世界

 一体どういう音なのか?無音という世界…

今は蛍光灯の音やろかぁ?キィーンという高周波が 電気を消しても闇夜の耳を 刺激して行くやす。あの、蚊の羽音の様にね!(笑)
そう、何故静けさを シィーンと表現するんやろうかぁ?!

真空の中では 無音になる…当然やねんなぁ、音ちゅうかぁ振動が伝わって行く媒体がないちゅうかぁ、物質の振動が音の正体なんやからねぇ。
それが なければ 音は発生せえへんのやねん。
小理屈、屁理屈はともかくも まぁ、無音ちゅうのは どないな音なんやろか?

地球上では 無音てぇ 自然にはないねん。
そう、風や水の音、昆虫や鳥達の声…

静けさや 岩に沁み入る 虫の音    うん、これが 日本的な静けさ!

放送や録音スタジオなんかの無音室は 確かにシーンとかキーンとか 音が聴こえる。
あれは 無音なのか、何かの機器から発生するノイズなんやろか?

一体、無音とは なんなんやろか?
そないなおとなのやろか?

うん、音楽の休止符は 確かに 一番の緊張感のある音がしているっす…

うん、でも…無音の世界てぇ なんなんやろかぁ???????


宇宙の音は 多分ないと思う。
イメージとしての、それは あるかもしれへん。
スポンサーサイト
  1. 2009/10/16(金) 22:13:47|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:9
<<感情と感性 | ホーム | 伴奏者>>

コメント

何故蜘蛛助てぇいうんでやしょうかぁ?

ひょっとして 雲助なのかぁ?

ま、網を張って お客を待つから?
どこからともなく雲の様に湧いて 消えるから?

謎は深まるばかりでやす…


そういえば 生物は 全て極座標で 位置を捉えやす。
人間も 例えば相手との位置を 首振って何度。何歩の距離に居るてぇ やってやすね!
XY軸で捉えるちゅうのは 実に自然界では 不思議な事でやす。

航空機や船も自分を中心に”0時何分の方向、何キロに敵機発見”てぇやっている様に思いやす。
ギリシャの都市国家に於ける神殿の配置も極座標でやす。
実に 面白い事やと 思いやす。
  1. 2009/10/19(月) 01:40:40 |
  2. URL |
  3. bamaman #b25GG1JM
  4. [ 編集]

うおおお、
久しぶりに爆裂しましたね♪コメントレス(^▽^)

確かに不思議な事だらけです。
蜘蛛の巣、う~~ん。そう言われるとそんなきがします。
蜘蛛の巣でさえ、縦糸と横糸のみ……。
それで全てを把握出来るんですよね。

人間をはじめとする多くの動物も二つの目でもって物体までの距離を
正確に計ります。
カメレオンも、普段は両目別々に動かして効率よく周りを把握してますが、
獲物を定めると左右の目でピタリと照準を合わせてきます。

フクロウは、左右の耳の位置が対象じゃないんですよね。
その位置の違う耳に届く音の時間差で距離を測るのだとか…。


そう考えると鼓膜一枚で……とはいえ、それだけの事を成し遂げる力が、もとい、
その道具が集めてくる情報を処理する能力があっても不思議じゃない。
いえ、不思議なんですが…凄い事です。



ウチも蜘蛛はVIP扱いなので、ベランダにデカイ巣を張っても黙認です。
去年の夏は良く観察しました。
誤ってちょっとでも振動を与えると、びっくりする程のスピードで逃げるんですよね。
しかも、巣が壊れると新しいのを作りに行く前に古いのをちゃんと回収して
片づけて行くんですよね。スバラシイ。
あれは、もしかして古巣が新居の狩場の邪魔にならない様にというためなんですかね。

ああ、話題がムシにそれて行ってます。
蜘蛛の巣とか蟻の巣とか、語り出すと止まらないです。観察も止まりませんが……(爆)
いえ、ムシは嫌いなんですけどね(^^;)

あ、蜘蛛にコーヒーを飲ませると、酔っぱらって同心円の巣作りができなくなるらしいです♪
  1. 2009/10/18(日) 23:59:34 |
  2. URL |
  3. かめいち #mQop/nM.
  4. [ 編集]

複雑なものを聴き分ける!

うん、生物なんやから 必要にせまられて 異常なものを嗅ぎ分けるんでやしょうかぁ?!
そういう能力を だから持っているんやろと思いやす。

おそらく 鼓膜は一枚でも いろんなセンサーが付いていて 記憶(データみたいなもの)と相まって それを解析して もの凄い感度で分類してるんやないかと思いやす。

一番わかりやすい把握の例。
音やないけど 空間把握の仕方で 面白いのは蜘蛛と蜘蛛の巣でやす。
大概はぁ蜘蛛の巣は 同心円で極座標に成っていやすよね!
でぇ 彼奴は センターからほんのちょいと外れた所に鎮座ましましてやすねん。
でぇ、脚で たまに縦糸をはじいて 獲物の有無を確認してやす。

何かがかかると 放射状の方向の糸をはじいて 獲物の居る方向を確認しやす。
そこから何本か離れた糸をするすると移動しやす。
自分の移動によって生じる振動を横糸で感知しながら 放射状の糸を外に向かい、横糸の振動で 獲物の位置や大きさ種類を特定しやす。
確認すると おもむろに襲いかかり、飲食しちゃうのでやす。
これは 縦糸と横糸という二つのセンサーで ものを認識している訳でやす。

鼓膜は一枚でも きっと縦糸と横糸みたいなものがあるかもしれへんし、この世の中 何があっても不思議はないっすねぇ♪
  1. 2009/10/18(日) 11:35:24 |
  2. URL |
  3. bamaman #b25GG1JM
  4. [ 編集]

音の感じ方

うん、基本的には 人それぞれ感じ方が違うんやろなぁと思うので有りやすねぇ。
絶対音感の事は ないので判らへんけど、例えばモーツァルトのK533の第一楽章の始まりの響きは、ちょっととぼけた お茶目な感じに小生は 捉えやす。
春のねぼけみたいな。(笑)
その気分を引きずりながら、そこの風景に 例えばシャッターをきってみたら その辺りから音楽が白黒の 妙に距離のある風景に変ってみたり、でぇ また おとぼけな春の暖かいお陽様に蝶々ののどけさ…

次の音との関係の中から 独特の色合いが 摺りだされる様な事なのでありましょうか。
瞬間では 和音の色彩。時系列では 調声、音階の女神による支配…そのなかで 音の並びによっての女神との対話、その感覚…

ドミソという和音のニュアンスは 百通りもあるんだと思うのでやす。
ワインの瓶を 絵に描くとしやしょうかぁ。
同じ瓶なのに 描く時間や見る側や…全く百通りの違ったニュアンスが 引出せやすよね!
それに 似たものやと 思うのでやす。
誰かの弾いた音、誰かの描いた瓶…そこから、その人のイメージを頂いて 参考にする。
うん、学習でやすね!
それが 一杯溜まると 描けるのではないでしょうかいねぇ?!

音と宇宙…あれは その場に居た人には 殆ど明快に伝わっていると思いやす。
実際の 音を聴いてやすからねぇ♪

言葉も音楽も絵画も彫刻も科学の実験でないという事だけは わかりやすなぁ~、あはは!!

そう、だから とある曲を絵や動画にイメージしてみたり 言葉にしてみたり するのは 結構有効な手段やなぁと思ったりしやすねん♪
  1. 2009/10/18(日) 11:08:29 |
  2. URL |
  3. bamaman #b25GG1JM
  4. [ 編集]

日本語

うん、確かに 無駄なく 韻律と意味が整うと 美しいと思いやすねぇ♪
日本語について思うのは 将に言霊の言葉やなぁと思うので有りやす。
その原因は モンスーン気候の、森羅万象に八百万の神が宿っているかの如くの自然の多様な生命力なんやろと思いやす。複雑な生態系に 囲まれて どれ一つとって視ても 方程式の様な単純な解が見えないっす。そういう自然とともに生き、育まれて来た言葉だからなんやないかなぁと思うのやす。
凄く曖昧で感覚的な言葉でやして そこに一緒に生活して その自然を共有しなければ その言葉のイメージが 伝わりにくいつぅ事でやす。
たとえば 【あかい!】という言葉があったとしやす。
ある山間の村では 秋の夕陽が もの凄く奇麗で 柿もたわわに実り、収穫とやがてやって来るたそがれな気分を その言葉の重要な意味に含んでいるとしやす。
うん、そないな感じが 日本語のことばのなかに 見て取れる様な気ぃしやす。

それから 農村での【あかい陽!】は おとうちゃんが野良仕事からおうちに帰って来る色やとしやす。つまり 夕陽であると。
漁村では【あかい陽!】は おとうちゃんが 漁場から帰って来る色やとしやす。
しかし、これは 朝陽である訳で、同じ【あかい陽!】に含まれる意味とイメージが 全く違うかもしれへんのでやす。つまり、そこの自然とともに暮らしている事が ことばを創り、その里山の風景そのものが 言葉の意味の前提になっちゃったりする訳でやす。

そないな イメージを日本語には感じてやすんですぅ~♪
  1. 2009/10/18(日) 10:49:00 |
  2. URL |
  3. bamaman #b25GG1JM
  4. [ 編集]

絶対音感

ちなみに 小生にはありまへん!
普通は 無用なものやろと思いやす。

絶対音感はないでやすが 例えばC durは 一番神々しい響きやという気がしやす。
F durは 何故かファニーな響きを感じる様な気がしやす。
G durは 硬質な響きに思いやす。
  1. 2009/10/18(日) 10:35:52 |
  2. URL |
  3. bamaman #b25GG1JM
  4. [ 編集]

その不思議な和音の響きを「宇宙の音」と表現するK指揮者さんの
感性もスバラシイですが、
それにしっかり共感出来るbamamanさんもすごいです~。

日本語も音と同じですね。
他の言語より繊細で表現方法も多いとはいえ、限られた言葉しかない。
その組み合わせや用途によって、
只の単純な単語が雅になったり詩的になったり、高みに登ったり‥‥。


ところで常々思ってたのですが、

>組み合わせによって 得も言われぬ響きを醸し出しやす。
そう、それが 音楽的響きなんでやす。
柔らかいとか固いとかファニーとかの ニュアンスてぇ奴でやす


コレ、絶対音感がある人と無い人では感じ方が違うのかな?と。
絶対音感ある人は、どんなに素敵な響きでも、それを分解出来ちゃう訳ですよね。
内訳を知ってしまうがために興ざめするって事はあるんでしょうか。
その時の流れでさまざまな音に聴こえる方が楽しくないか…。

例えばドミソドソミド、なんて音楽超初心者やミーハーにとっては
これ以上無い程単純、ありきたり、イージーな和音だと思うのですが、
モーが使うと、なんでこんなに感動するのか…。
あの曲のあの部分!一体どんな美しい音型を使っているんだろう‥!
でも絶対音感があると聴いてすぐに
「ああ、あそこは只のドミソだよ」ってならないのだろうか。


ずっとそんな事を思ってました。

でも多分言葉と一緒ですよね。
「宇宙」も「音」も知ってる単語で、
普通に使う言葉で、聴いた途端にその言葉だと理解出来る。
でも、使われたタイミングや世界感でたちどころに意味深い言葉に変わると感じたり
感動したり……。

言葉を知っていようがいまいが、
絶対音感で音をひろえようがひろえまいが、

結局感じるかどうかはそこではないところにあるんですよね。
たぶん‥‥‥。


あれ、何の話でしたっけ(爆)
  1. 2009/10/18(日) 09:09:21 |
  2. URL |
  3. かめいち #mQop/nM.
  4. [ 編集]

かめさま!

ことの発端はベーやんの第九の第四楽章でやす。
どの合唱団も音が狂う…それは ある部分でオケが ドミソシ♭レ♭の部分なんやそうな。
ドミソシ♭はぁ7thの音なんでやす。
処が第五音レ♭は 不協和音…
丁度シーンというかキーンという響きなんでやす。
これを 宇宙の音とK指揮者が説明している…
ベーが 難聴になんたから 間違って書いた音ではない…

うん、わかる…


実は地球上では 無音ちゅうのは あり得ないんす。
我々が 意識するかしないかに関わらず、心臓は鼓動を刻み、呼吸はし、皮膚は生きている。


無数の音を聴き分ける…うん、生きて行く為には 異常音を感知せねば 直ちに死が訪れるだけの事でやす。
そういう生物センサーは 人智を簡単に超えやす。

複雑な音…聞き慣れれば 分解して聴こえやす。
ちゅうかぁ 組み合わせによって 得も言われぬ響きを醸し出しやす。
そう、それが 音楽的響きなんでやす。
柔らかいとか固いとかファニーとかの ニュアンスてぇ奴でやす!

この合わさった和音の響きは ほんまに夢幻でありやす。
そういう中で 観念としての無音とは…

うん、よくわからしまへんがね、【宇宙の音!】…うん、ええ言葉でやすなぁ♪

音がないという音楽をジョン・ケージがやってやす。
4分何秒かの オケが なにもしないで たたずむ…

そう、半世紀近く前に 西洋音楽は そこまで いっちゃいやした…
うん、現代という時代の表象でやす。


無音…一体なんなんやろか??????

ゆらぎすらもない…宇宙の始まり…
さてさて、ピアノを弾き狂う自分と無音の狂気は 果たして同義語なんやろかぁ????

謎は深まるばかりでやす…
  1. 2009/10/17(土) 23:54:40 |
  2. URL |
  3. bamaman #b25GG1JM
  4. [ 編集]

確かに!
なぜシィ~~ンっていうのでしょう。この表現を最初にした人ってどれくらいの静けさの中で
こう感じたのでしょうか。
少なくとも無音ではないはず、とすると、シィ~~ンは実は
風の音とか、空気の存在感の表現なのかもしれないですね。


完全な無音とは‥‥もしかしたら耳に結構圧迫感があるのでは?と思います。
ホラ、完全な暗闇、目には何も映らない状態のときって、(体験したと言えば例えばプラネタリウムが
始まる直前の暗闇くらいですが)
ちょっと目に圧迫感があると言うか、眩しいのと同じくらいストレスを感じると言うか……。
だから無音もそうかな、落ち着かないだろうな、とか思います。

それ程の無音……すでに「音」という概念ではないのかもしれない……。



ところで、音って結局振動なんですよね?
耳の鼓膜もスピーカーもただの振動だけで、あんなに複雑な音になっている…
私にはこれすら理解できません。

振動でびりびり震えるとそれが音‥‥?
そこまではいいとして、それがメロディーになってて高音や低音が混じってるのも
「そういう一つの音」ではなく「いくつも重なり合っている」と判断できる‥。
スピーカーはともかく鼓膜は一枚っきりなんですよね?その一枚っポッキリの膜の
振動の仕方でこれだけ無数の音をしっかり聞き分けるってどういうことなんだろう????????
不思議すぎて真っ白になっちゃいます(^^;)

今現在もパソコンのモーターの音だけで私の鼓膜は振動でビリビリしてるんですよねえ。ふ~~~ン。
  1. 2009/10/17(土) 12:16:37 |
  2. URL |
  3. かめいち #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bamaman.blog12.fc2.com/tb.php/568-0e5e726e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。