そのひくらし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

被爆「旧広島陸軍被服支廠」、県が解体方針だそうだ!

観光立国だとか言っておきながら、維持費云々…
こういうものは 2度と作れないのやねん。

物の価値が 維持費でしか量れないというのは なんとも文化の果つる民族になりさがった事よ!
金もなければ 知恵も無い…あきれかえるだけだす。

一気に混乱混迷すべきであるなぁ。
社会も経済も ぶっこわれないと 戦後すら終了出来無いんやねぇ…

やっぱ、ピアノ弾いてよぉっと♪あほらしかぁ~…
スポンサーサイト
  1. 2009/07/11(土) 07:52:37|
  2. 世にも不思議|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:10
<<練習は実験であっていい | ホーム | Le tombeau de Couperin-1Prelude>>

コメント

おお、ウィグルの弾圧!

なんやろかぁ、中華思想ちゅうのは ほんまにあったんやろかねぇ?
あれは 民族の合衆制みたいな風に思ってたんやけどなぁ?!

おお、やはり ラーマナヤ物語やとか ほんまやったんやねぇ!
そうなんか、日本もピカドンで 地殻変動でやすかぁ…じゃ、今のうちに 地殻の重金属のヘビメタ神と渡りつけとこかいなぁ!あはは…

ううむ、海の神々とも渡りつけとこかいなぁ…

よし、これで準備OK←なにがOKなんやろかぁ??????
  1. 2009/07/14(火) 12:49:12 |
  2. URL |
  3. bamaman #b25GG1JM
  4. [ 編集]

使ってたんじゃないですか

1000年後くらいに新彊ウィグル自治区の土を未来人たちが調べる。すると核爆弾を爆発させていた痕跡を発見する。
「ここで戦争があって人類は死滅したのかもしれない」

実は核実験があっただけなんですけどね。40回とか50回とか?

でもその時、人類は死滅していた。
じゃ、未来人はどこから来たの?
そして現代人が死滅したのは何によって?

核が日本列島でサクレツ。日本沈没。
それにともなう地殻の変動
再びムー大陸浮上・・・とか?

未来人がひとつの石を拾い上げる。
それは実はbamamanさんのパソコンのハードディスク。
「なんだこれ?」
その未来人は海に向かってそれを投げた。
ポチャ。
こうして、過去の文明はほうむりさられたのであった。
  1. 2009/07/14(火) 12:18:54 |
  2. URL |
  3. catmouse #iJs6fXKs
  4. [ 編集]

マダム!

ううむぅ、意味不明やなぁ?
ギルガメシュは 巨人伝説かいなぁ?!
古代インドとメソポタミアは 砂塵の中に埋もれているのやねん。

奴ら原子爆弾ほんまに使こぉてたんやろか??????

我々の知っている知識、知性などというものは ほんまに高の知れたもんやねぇ!
  1. 2009/07/14(火) 10:54:26 |
  2. URL |
  3. bamaman #b25GG1JM
  4. [ 編集]

スマックダウン?!

ギルガメッシュ!
  1. 2009/07/14(火) 10:13:27 |
  2. URL |
  3. catmouse #iJs6fXKs
  4. [ 編集]

ゲゲゲ…

荘子の似顔絵の男かいなぁ…

そういえば 額が広くて ひげが薄いのが 中国の美男の条件やと!
ま、そう言えば 確かに中国の歴史上の美男に小生は該当するかもしれへんけど…う~ん、一言で言えば 汚いおっちゃんやねぇ。(爆)

マダムとは 金網デスマッチせなあきまへんかいのぉ!
  1. 2009/07/13(月) 15:00:36 |
  2. URL |
  3. bamaman #b25GG1JM
  4. [ 編集]

似てます、似てます

荘子、画像、で引いてみると、これbamamanさんじゃない?とかいう画像いっぱいでてきますよ。
考え方とか似ていると顔も似てくるんですね。

そうそう、中国人ってAB型の比率が多いんですってね。一閑人情報ではあそこには10パーセントいるそうです。AB型。

掃除とよむだなんて、ここもbamamanさんと瓜二つですね。

  1. 2009/07/13(月) 11:10:22 |
  2. URL |
  3. catmouse #iJs6fXKs
  4. [ 編集]

子牛様

あはは、音楽論ちゅうには ちょいと概括過ぎやすが 言ってる意味は 共感致しやす。
孔子様が 音楽家であったとは つゆも しりまへんでやした。

しかしぃ、孔子様は 哲学と言うよりも 人生訓、道徳訓の匂いが強くて そういう意味では ビックリしやしたねぇ。

小生は 哲学的には老荘に走りやす。
更に言えば 荘子(このひとだけは 何故かソウジと読むんやそうでやす!)

小生の発想点は 荘子に良く似ていると言われやす。
ま、確かに 現実を鑑みて 矛盾を解くやり方は 似ていると言えば 似ている。

ま、ともかくも 音楽の有り様は 自由であるし、ベキ、ネバナラナイは ほんまに息が詰まりやす。確かに 作法論的に収斂していまう部分はありやすが、それは 形式や思考のレベルでなく 身に染み付いてしまっている何かであるのが 宜しいかと思いやす。
芸術は 全て 自分のプロポーション感覚とでもいうのでしょうか、自分の気持ちいい、美しいと思われる尺度が全てでやすから…でも、それは 修練の結果であるから ある意味では作法論的帰結をふまえている訳で…うん、結局は その人の修練による深度の問題なんでやしょうかねぇ♪

本日は 家族サービスでやす。選挙にも行って来やしたけど…????
  1. 2009/07/12(日) 09:05:05 |
  2. URL |
  3. bamaman #b25GG1JM
  4. [ 編集]

老子と孔子

なんか二人は出会って話したことがあるんですって?
いや、もし出会ってたらの話だったかな?

老子のところに孔子がやってきた。
孔子はその時、新進気鋭の思想家。

その孔子に老子が言ったそうだ。
「お若いの。あんたはギラギラしすぎる。もっと体の力を抜いて自然に生きなさい」とかなんとか。

孔子はなんといったか。
(あー文言は忘れた)
「人はこうありたい、と思うところに強い意思をもってたちむかうものだ」
とかなんとか。「それでこそ人間としての意義がある」そんなニュアンスのことをいったそうだ。

ところで孔子は琴の名手だった。
この人は、こりだすと寝食をわすれて没頭する。
そんなやりかたで琴を弾いていたことがある(誰かさんに似てるかも)
その孔子の意外な音楽論。だれかがブログに取り上げている。

http://barbare.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/post-83ce.html



  1. 2009/07/12(日) 08:38:37 |
  2. URL |
  3. catmouse #iJs6fXKs
  4. [ 編集]

今の混迷を打開するには

壊れた方がええのでやす。
小生は シラケきっていやす。
何をやっても かえって悪い結果を招く。
精神の種まきだけでええのす。
あとは はやく壊れる方向へ傾けて行くだけなのでやす。
現代において正論なんてのはないし、むしろ そういうきれいごとの裏には どす黒い嘘の塊が見え隠れしやす。

ただ、文化性という 損得の足しにも成らないものは おおいに大事に吹聴していきやす。
さもないと 何の為の崩壊なのか 判らん様になりやすから。

小生の言っている深意は わかりやすでしょうか?
これが 滅茶だいじなんすよぉ♪

      ー”頭の狂ったピアニストの台本”よりー
  1. 2009/07/11(土) 13:35:03 |
  2. URL |
  3. bamaman #b25GG1JM
  4. [ 編集]

被服省といえば

catmouseのゼミの先生は元陸軍被服省の役人だったっけ。
先生、懐かしいな。
枯れた仙人のような人で、ゼミに集まったのはcatmouseをはじめとする100人中15人のファンでした。

被服省跡、とかいうとなんだったっけ?関東大震災だったっけ、東京大空襲だったっけ。どうやらどっちにも関係しているようだけど・・・

被服省か・・・日本人は言い訳をしない。日本人はあきらめる。

今朝も一閑人と話していた。タイタニックで「婦女子を押しのけて助かった日本人」と西洋人から嘘の証言をされて、世論から袋叩きにされながらも、死ぬまで黙っていた日本人。

外国にたくさん金を取られているから、国内の記念物を維持する金がないんです。
それもね、悪口言われながら、多額の補助金だしてね、出しているということをあまり声高にいわない。
奥ゆかしすぎるというかなんというか。


「色即是空。すべてのものはうつろい行くもの」と悟りすぎて、
きみも黙ってピアノを弾くのかね。
  1. 2009/07/11(土) 10:09:21 |
  2. URL |
  3. catmouse #iJs6fXKs
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bamaman.blog12.fc2.com/tb.php/390-1b5200ef

送り火 - 14

その14 その肩に、やさしい手がふれた。ばあさんだった。 「いくわよ」ばあさんはそれだけ言うと、大勢の付き添いに囲まれて戸口へと向かった。 「さ、僕らも行きましょう」 ばあさんの息子に促され、なりゆきでタカユキも戸口へと向かった。 外に出ると、空は夏の夕?...
  1. 2009/07/12(日) 10:10:39 |
  2. 3次元紀行

送り火 - 13

その13 「ですから」 とばあさんの息子は言った。 「嘘はつけません。あなたを騙そうと思っても騙せません。ですから安心してください。 話している以外のことはなにもありませんから」 そこでばあさんの息子はすこし含み笑いをして付け加えた。 「方便というのはありま?...
  1. 2009/07/11(土) 11:45:17 |
  2. 3次元紀行
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。