そのひくらし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

何故音楽をやるのだろうか?

単純に言っちゃえば 好きだからという事でやしょうね。
なら独りでやってればええのやけど、どうもちゃう。
誰かに聴いてもらいたい。
純粋に聴いてもらいたいと思う事もあるのやねん。

でも、殆どは   どや♪  つう気持ちの様に思うのや。

だから、上手く弾きたい!上手くなりたい!!

ところがやねん、そうは問屋がおろさへんねん。
どうも 違うねんなぁ。


そうなんや、自分の場合も 殆どそうなんやけど 
そやかて きっと 違うねんなぁ。


聴いてる人を楽しませたいんやねん、きっと。

どうも、一緒に楽しまな、そうやないと 伝わって行きへんねんなぁ。音楽てぇ…

だから、そないな気持ちが 必要みたいなんや。

人間は 純粋に心とか気持ちが伝わって行くねんなぁ、何故か。
うん、どや!つう時は 一緒に 嫌な気が 聴く人に伝わって行くねん。

自分は 良い音を出してるつもりでも 出した音は 出したとたんに 自分の手を離れ、純粋に 音として聴衆に取り込まれて行くねん。
その音を気持ちいいとかうるさいとか 感じ取るんは 聴く人の感じ方なんやねん。
いくら 自分がどや!と思っていても 思っている通り 良い音と、そう伝わっているとは限らへんねん。



どや、上手いやろ なんて雑念を含ませる余裕がある位なら 一生懸命音を出してた方がええねん。
純粋に 音を楽しんで出した方が 聴く方も楽しいねんなぁ♪



エリーゼの為にを弾きたいおじさんがいたねん!



とあるコンクールにエントリーして 楽屋に行ったんやねん。

すると 音楽と全く無縁そうな おじさんが 座ってるねん。

どっかのお子さんの父兄でも紛れ込んでいるんかいなぁ?
と不思議に思い、なにげに お話ししてたんやねん。すると エントリーした張本人やったんで 驚いたんや。
”ああ、ぼく ピアノ弾いた事ないんです。このコンクール知って エリーゼの為にを弾いてみたいなぁ、とね 会社の同僚と飲み屋で冗談で話してたら、でる事になっちゃいました。3ヶ月間、一生懸命練習してきましたんです。”

目が点になりやした。ほぉ~そういう奇特なかたがおられるんやねんなぁ、とね。

さて、彼氏が舞台に上がりやした。
楽屋のモニターで応援してやした。
とつとつとした エリーゼの為 にでやす。
途中も一生懸命 音を探しながら…

でも、涙がでる程素晴らしかった…
お世辞にも 上手いとは 言えへんねん…
でも、楽屋から精一杯拍手をしたねん。

素晴らしい演奏やったねんなぁ♪

友人が客席で 聴いていたんやねん。彼も 素晴らしかったと感じていたんや。
ああ、ブービー賞でもええから 最終選考まで 残るとええなぁと思っていやした。

果たして 審査員は無粋で残酷でありやした。
一次予選で落選…

でも、きっと 小生の演奏より数段素晴らしかったと思いやす。
そういう事なんでやすよ、音楽ってぇ♪

そう、これ 僕の中にもあるんやろねぇ。こないな純な気持ちが…




これが 音楽を続けて行く事と
       関係してるんやないやろか?
…………




         彼に大事なものを気づかせていただいた訳やねんなぁ…



             ー  続く ー      多分…????
スポンサーサイト
  1. 2009/07/08(水) 04:53:35|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8
<<Le tombeau de Couperin-1Prelude | ホーム | あっ、しもたぁ~>>

コメント

blueの気分

うん、そういうのは おぼっちゃまと真逆の世界でありやして…
無い物ねだり…うん、小生の場合は 共感なんかないし、そやねぇ そういう思想的、あるいは社会的問題が 音楽を生み出す事はあっても そのものは 理解出来るはずもないので 興味を封殺いたしやす。

でも、それでも ガーシュインの響きは好きなんでやすなぁ♪
Ravelなんぞも ガーシュインの影響は受けていそうで…でぇ、ジミー ヘンドリックスとラベルを 同列に評価は出来へんし…つうかぁ、ドッカンと衝撃が やって来たら 大統領でもテロリストでも大富豪でもブルーシートのおっさんでも 自分にとっては 同じ事なんやろなぇ。ははは…
  1. 2009/07/08(水) 23:57:19 |
  2. URL |
  3. bamaman #b25GG1JM
  4. [ 編集]

速度表示はgentlyとかAgitated,in a stormy moodとかそれって速度表示?みたいのが書いてありますが♩=about112とかの表示もあるので大丈夫です(笑)
でもa tempoがin timeだったり rit.がholding backだったり、rubatoがfreelyだったりでぇ・・・。
英語のほうがなじみがあるはずなんですが楽譜に書いてあるとなんか違うって言うか(苦笑)


ガーシュインもいいですよね。
アメリカ音楽の祖ですよ。
”ラプソディー”古きよきアメリカそのものって感じでしみじみします・・・。
叙情的っていうかなんて言うか、ちょっと気だるい感じ?とか、あれは吹奏楽器の音色がポイントなんでしょうね。
  1. 2009/07/08(水) 21:15:56 |
  2. URL |
  3. tukushi #VsoBfN2E
  4. [ 編集]

tukushiさま

英語表記つうとぉ、Alleguroと書いてないんすかぁ?
うん、確かに…慣れる迄 困るかも!

そう言われてみて ガーシュインなんか どないに書かれてたやろか???
ああ、話変わるけど ガーシュイン結構好きなんすよ♪
結構彼のソングブックなんかは アメリカのスタンダードナンバーに なってるんやねぇ。

えっ、これもガ先生の作品でやしたですかぁ、とね♪
彼のプレリュードなんかもええっす♪
もちろんラプソディー イン ブルゥーはね♪
  1. 2009/07/08(水) 17:12:50 |
  2. URL |
  3. bamaman #b25GG1JM
  4. [ 編集]

ギロック、結構好き嫌い分かれるみたいですが私はいいなと思いました。
ちなみに楽譜、英語表記なので慣れるまで変な感じでした。
そして、弾きにくいです・・・。
  1. 2009/07/08(水) 15:55:58 |
  2. URL |
  3. tukushi #VsoBfN2E
  4. [ 編集]

ニッカ様

きっとでやすね、エリーゼおじさんは 3ヶ月分の真剣な練習の想いが 演奏に詰まっていたんやと思いやす。
実に 弾けた、弾けないという事は 意味がないんやないやろかぁ、音楽にとってはぁ?!
うん、自分の想いが、憧れが 素直に その気持ちになれたかどうかなんやないやろかぁ?!

そないな事を思いやすねん。

そやねぇ、表彰の舞台に上がって (ああ、小生は本選進出しただけで 入賞しとりやせん、こんときはね。)なんだか もの凄く不愉快な気分でやした。
入賞者よりも ずっとエリーゼおじさんの演奏が 素敵だったからでやす。
音大目指してたり…そういう学生さんもおるから、基準は基準でええねんなぁ。
しかしぃ、そのレベルとは 別に 音楽ちゅうのは 存在するんやから…それを 子供達にみせて欲しかったよなぁ!
すごく 審査員にブーイングをしたい気分でやした。
だから、日本は 駄目なんやとね!
  1. 2009/07/08(水) 12:41:52 |
  2. URL |
  3. bamaman #b25GG1JM
  4. [ 編集]

tukushi さま

そうなんでやすよぉ。自分の乗りが 出て来なきゃぁ、お客さんが のりこむはずはありませんちゃ。
そやから やはりぃ 自分がその曲やとか、響きやとかに 憧れないとあきまへんやろなぁ?!

ギロックてぇ知らんのでやすが そないに楽しい響きがあるんすかぁ。
こんど楽譜みてみやすよ♪
  1. 2009/07/08(水) 12:35:16 |
  2. URL |
  3. bamaman #b25GG1JM
  4. [ 編集]

エリーゼおじさん(!?)のお話、とってもステキですね(*´∀`)

ニッカにとっても良い教訓です。

ニッカはエリーゼのために・・・挫折しちゃったんですよね。
ゆっくりでも弾けるおじさん凄いなぁと思います。
すっごいたくさん練習がんばったんだろうな。

ニッカもがんばろー(`・ω・´)9
  1. 2009/07/08(水) 12:10:07 |
  2. URL |
  3. ニッカ #VZUwebqk
  4. [ 編集]

あ~、確かに聴いてくれている人が楽しんでくれてるって感じると凄く楽しいです。
それで音もよくなる気がする。
きっと素敵な音楽はみんなで音を楽しむところから始まるんでしょうね。

↓ラベル・・・ポリフォニーどころか和声も進行もテンポもてんでわかりません(笑)
おフランスのエスプリもだめです・・・。
でも、単純に音の響きは好きです。
鏡とかは音がころころして愉快な気分になります。
ギロックを聴いた時も思ったんですけど自然の情景とか抽象的な光とか風や水の流れとか心のひだとかを感じることがありますね。
  1. 2009/07/08(水) 08:11:03 |
  2. URL |
  3. tukushi #VsoBfN2E
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bamaman.blog12.fc2.com/tb.php/388-2d75e7b0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。