そのひくらし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

親父が建築家やったんやなぁ…

うん、昭和三十年代 建築はまだモダニズムの全盛で ベルエポックの明るいエネルギーを持っていた。
小生は 幼稚園児で 江ノ島辺りの生保の寮なんかに連れて行ってもらっていたねん。
コンクリート(杉の型枠)にスティールサッシュ…プロポーションの美しさ。
今見ても悪くないと思うねん。

新築の塗料の匂い…あらゆるものが 小生に 新しい明るい世界を 見せてたなぁ♪
東京オリンピックの突貫工事。
ディーゼルハンマーの杭打ち。ドカンドカンと町中がお祭り騒ぎ♪
SRCのエレクション。仮設ブレース…そういう街のビルの絵を描いていて 先生達には理解されなかった。
洗練はされていなかってやろけど、キュービズムやったと思うねんなぁ♪

その後、昭和40年代初冬に閑静な山の手に引越。

それとともに ピアノがやって来て 小生の少年時代は終わってしまったんだねぇ。
ピアノは 嫌だったなぁ。
街のドッカンドッカンが えかった♪

建築も 40年代に入って なにやらベルエポックのエネルギーと明るさを失ってしまった様な気がする。
コンクリートの中性化…弾性吹き付けタイルの全盛期…
十勝沖地震によるピロティーの圧階…

次第に 経済的価値、性能、エンジニアリングへの傾倒となっていった様な気しするなぁ。
そう、時代とか精神とかエネルギーとか…そういうお祭り騒ぎの様な楽しさが なくなって来て ものを発想するとか創る楽しさがなくなって来たんやろねぇ。

そういう事だったんだろなぁ…


       ー To be contenue ー
スポンサーサイト
  1. 2009/06/29(月) 12:09:52|
  2. ひとりごと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8
<<織部このみ | ホーム | PIANOを弾きたいと思う時>>

コメント

景観重視

良い言葉でやすなぁ♪
最近の日本人は あまりに文化性が低過ぎやす。
自分の土地ならばなにをしても 良いと思っている様子!

うん、そういうお洒落な神戸てぇ 羨ましいっすよぉ♪
  1. 2009/07/02(木) 16:27:57 |
  2. URL |
  3. bamaman #b25GG1JM
  4. [ 編集]

建築と言えば・・・
神戸ってやっぱりお洒落だなーと思います。
レンガ造りとか石造り(?)なのとか。

神戸の元町の旧居留地というところは、景観重視なので許可なく看板とか立てたりできないんですよ。
すごくロマンチックで大好きな場所です(*´∇`*)
  1. 2009/07/02(木) 08:18:12 |
  2. URL |
  3. ニッカ #VZUwebqk
  4. [ 編集]

いやいや

住宅だけが 建築とは限りやせんのや。
それから、建築論ではなく、哲学的世界観、美学的世界観の話なんでやすねんなぁ。

ある時代の気分をもったものちゅう位の意味と思し召せ♪

小生は バナキュラー(方言)なものが 好きなんでやすがね、美学的な世界観はまた別種の分類なんでやすよ。

そいから 建築論みたいなんはぁ 実は興味がないんすね。
全く情けないお話でやすが…どうも興味が湧かない。
方法論みたいなんで 自分を規定するのが 余り好きくないんすねえ。
理屈の積み上げでは 創れない。
むしろ感性が 新たな扉を開け、クリティックというのはあるけど、それも ものを創る論理というよりも そのものを理解する為の手助けであり、そのものを 言葉に置換、翻訳したものであって 創る行為とは 直接的に関係なかったりしてさぁ!

あああ、どうもいかん。こういうのは 自分では わかっていても 言葉にすると迷路感が出て来るんやねぇ。

つう訳で…それから モダンに棲めるかというと やはり冗談ではないっす。(笑)

つまり、その一時代に出来たモノのエネルギー感なんでやすよ♪

ううむ、ことばにすると 簡単な事が もの凄く難しくなるんやねぇ。

時代に気分…その懐かしさ、そして 覇気…
今の時代は 収束期で 哲学や宗教の時代…そういう時代のモノは やはり覇気が あまりないのやねん。
だから、創る気が おこらへんよね。

ま、なんの話だか わからんように成って来やしたがね♪はは…
  1. 2009/06/30(火) 19:29:06 |
  2. URL |
  3. bamaman #b25GG1JM
  4. [ 編集]

古き良き時代?ですか。

日本のモダン建築にも個性があるんですね、すみません勉強不足です。
建築については家を建てるときに少し勉強したのですが、そのときに戦後復興時発達してきた住居形態はちょっと嫌だなと思ったものですから(笑)
ちょっとしたモダンばやりだったんですよね(苦笑)

bamamanさんの言うモダン建築は普及型の住宅ではないんですよね。
音楽と一緒で"only one"な建物なんだと・・・。
  1. 2009/06/30(火) 19:08:49 |
  2. URL |
  3. tukushi #VsoBfN2E
  4. [ 編集]

いやぁ…

東京都庁は モダニズムでもなければ 過去の否定とかそういう事でなく、例えば カンディンスキーやミロやモンドリアンやミースやグロピウスやコルビューゼや…

ismとは 無関係にベルエポックなんでやすよ。
形態の模倣ねぇ…そういうのもあるやろけどさ、模倣のレベルもあるし…つうかぁ、模倣されても ついてまわっていく 力強さのあるものもあるし…

むしろ ポストモダンは矮小化していたし…そいうい建築論つうよりも やはり 一時代の時代精神みたいなものに 郷愁もひっくるめて 憧れる訳で。
事実、幼少の少年の小生は それを目撃してきた訳で…
これらは 個人主義とも何も関係なく、存在していたのでやす。ベルエポックという匂いがね!

しかも 日本に於いては ヨーロッパより四半世紀以上遅れてやってきた時代の雰囲気…


個性は 実はあるのでやす。注意してみればね。
ま、それを個性と定義するかしないかはあるんでやすがねぇ。
プロポーションの感覚は 個々全く別に存在し、例えば コルビュゼのモデユロールを使って建築を設計しても 全くコルビュゼに似て否なるものが出来上がっちゃったり。(笑)
モダニスムを工業化とか量産化と捉えるならば それは大いなる間違いでやす。
あるは 美術的概念であり、その世界のさっそうとした感覚は 美術以外の何者でもないんすよ。個性とかでない、美術の純粋な世界観なんでやすよ。

日本では 一部の専門家しかご存じないでやしょうが エンリク ミラージェス(20世紀最後)などは やはり 颯爽たるエネルギー、モダニズムのもっていたような新しさ…小生曰くのベルエポックみたいな力強さ、明るさがありやした。

うん、わかりにくいやろねぇ…言いたい事がね…
無理やろなぁ、伝えるのがね。
すんまへんなぁ!
  1. 2009/06/30(火) 10:29:50 |
  2. URL |
  3. bamaman #b25GG1JM
  4. [ 編集]

モダニズム建築はわかるような判らないような・・・ (゚∀゚ ;)タラー
過去の建築一切を否定することから始まった現代建築はなんとなく受け入れ難いのですが、無駄を一切排して機能性を追及し自然と融合しようとした北欧のモダン建築は方向性としては好きです。
アアルトの家とか面白いなぁと・・・。
家具もだけど・・・。
コルビジェのスケール感のある考えも好きだし。
ただ、日本のモダニズムは過去の一切を否定した無個性なものが多い気がしてなんだか好きになれません。
少し前に流行った”箱の家”は結構好きですが(笑)
都庁も、なにやらスペインの某建築物を思い出させる形状が。

いずれにしてもその意図する思想を排除して形だけ模倣したものにはあまり魅力はないのではないかと思いますね。





石やれんがの家がすきなのはたぶん個人主義的な今の世の中ではもう造られることはないのだろうなと思うからかも知れません。
独裁的な強制力による人間の集団としての力の大きさを感じるというか・・・。
  1. 2009/06/30(火) 07:51:42 |
  2. URL |
  3. tukushi #VsoBfN2E
  4. [ 編集]

あ…ベルエポック!

うん、小生にとっては バウハウスでやす。

小生は ヨーロッパは イタリア位しかしらんのでね…そう、あれはぁ あれでええんすが…

うん、その時代時代での 何かはあるんでやすがね…小生は モダニズムは 好きなんでやすね,きっと?!
何も疑わない…戦争の破壊からの再生なのか、多分違うな…そないな安っぽいもんやないのやねぇ。
うん、世界観、つまり哲学的コンセプト…今言うとこの安っぽい【コンセプト】やないで!

小生は ハーバード ビジネススクールは 大笑いなんや、実はぁ。(爆)


ま、ええやいなぁ…
わかってもらえれば 嬉しいのやけどねぇ…モダニズム!
ま、おいらぁ 古い頭のある意味では ガチガチ男やからねぇ…ヘヘヘ♪
  1. 2009/06/29(月) 21:50:04 |
  2. URL |
  3. bamaman #b25GG1JM
  4. [ 編集]

私は日本の戦後の建物は嫌いです・・・・。
何が好きかって言えばヨーロッパのレンガや石でできた家で石畳の路地なんかあったら最高です。
ちょっと木製のサッシが傾いていたりするところが”味”ですね。
教会なんかは特に好きです。
ステンドグラスにちょっと変わった取っ手の付いた重いドア・・・。
なんともいえません・・・・。

諸事情により生活するための仕事として今の仕事を選びましたが本当は物を造る仕事がしたかったですがねぇ?
仕事、つまんないっすねぇ~~~。

bamamanさん今週はまじめに仕事するんですね?
がんばれ~~~♪
  1. 2009/06/29(月) 19:40:56 |
  2. URL |
  3. tukushi #VsoBfN2E
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bamaman.blog12.fc2.com/tb.php/368-034cbdc2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。