FC2ブログ

そのひくらし

A Happy Day

うん、たった1日でも…
幸せの記憶があるように思うのやねん!
日常の中では 忘れてしまう…
きっと そんな当たり前の1日をhappy dayと呼ぶのやね、
きっと。…たった1日でもね。

そのたった1日が あるはずやねん。
それがあるんで 生きてられるみたいな…
その素晴らしい日への 感謝みたいなんが きっと自分の中にもあるんやろなぁ?!

意味?
幸せに 意味はいらないねんな。
幸せは 感じるもんやねんな。
実に平凡な時かもしれへんし…ま、多分劇的なもんやのぉてね。
レンゲや菜の花や春の花々が 咲き乱れている野原の ヒバリのさえずり♪

うん、原型は …
きっと愛された記憶!相手に与えた幸せ!!

きっと、親が 自分の出生を 天の恵みと 喜んでくれた事なんやろと…       思いやす。

だから、そういう原型、A Happy Day が…無いという事…そういう人をどうして 救う事が出来るんやろか?
自分が生きている事が 祝福されていないなどという事が あったら…どうしたらええねん。
それが あるから 人を愛せるし、生き物…生きているという事が 素晴らしい事やとわかるんやろと思うのやけど。

なんか 宗教的やねぇ,柄にも無く(爆) でへ…




スポンサーサイト



  1. 2009/06/27(土) 22:38:17|
  2. ひとりごと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<世も末であるなぁ! | ホーム | 音楽の上達法>>

コメント

いやぁ、人間多分そうでやすねん。

記憶なんてものは 具体性をなかなか帯まへんなぁ。
死ぬ時、走馬灯の如くに 記憶が現れて来るとか…

人間は突発的な出来事には 対処できまへんが、その事実を受け入れる事が出来れば 辛いという事はないのやろうなぁと 思いますねんな。

そういう事の総体のイメージが きっとA Happy Dayなんでございやしょうかねぇ?!


そやねぇ、いよいよとなれば 助けて上げたい人は いっぱいいますねん。
家族や子供への感謝はありやす。日常性の中では なにもありやせんがねぇ。(笑)
でも、そやつらから 充分過ぎる程 生かさしてもらってやすねん。

ま、そいうった事なんやろと思いやす。
だから、小生には happy dayはあったんやとおもいまんねん♪

  1. 2009/06/28(日) 23:05:19 |
  2. URL |
  3. bamaman #b25GG1JM
  4. [ 編集]

愛された記憶ねぇ?
私もそんなのものはとんと見当たりませんがね?
それでも一応生きておりますよ。
あ、暗いですね・・・。

bamamanさんの近くに助けてあげたい人がいるのでしょうか?
そういうのはきっと見ている方が辛いんでしょうね。
  1. 2009/06/28(日) 20:46:47 |
  2. URL |
  3. tukushi #VsoBfN2E
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bamaman.blog12.fc2.com/tb.php/365-7e071e07