そのひくらし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

パイプオルガン

あれは 何千本という単位の管で出来ているんだすな!
驚くべき数字でやす。
驚くべき音響でやす。

その組み合わせを考える作曲家、奏者…しかも 操作パネルでなく、楽器に留まっているという事の驚き…

オルガンによっては 鍵盤が7段もあるのがあるんやとか?
もう上の方は 鍵盤が斜めについていて 一番上の鍵盤は 殆ど垂直に付いているんやとか!!
オーケストラより音色を持ち、音の厚みを持ち、大音響を持ち…

この仕組みの凄さを知れば 成る程、教会堂は オルガンの為の共鳴胴だといった人の気持ちがよくわかるし、それは ほんまの事実かもしれへんなぁ?!

だけど、そこ迄して 宗教の中心部に 何故音楽があるのやろうか?

想像出来る事は 整然とした理論、調性という宇宙にも似た美しさ、数学、物理を具現する宇宙的真理…そんな事なのやろかいなぁ?!

ヨーロッパに行くと建物がヤジロベィみたいなアクロバティックなバランス原理で出来ている。
日本と違って 地震がない。姉歯がいない。(笑) 国交省がいない。(爆)
小川審議官がいない。(軽蔑)

もの凄くシンプルな数学(構造力学)を 描く事が出来るんす。
美しい…

植生も単純であり、整数の美に 溢れかえっている。そういう世界なのやねんなぁ。

従って ヨーロッパの風土が産んだ天才がBachなのかもしれへん!
キリスト教は だから 音楽とか数学とかを通して 神と交信していたのやねん。

しかし、我々は ミルク色の大気の中に ぼんやりとした輪郭で 幻想に浸る事を許されている穏やかな民族なんやねんなぁ♪
スポンサーサイト
  1. 2009/05/23(土) 06:51:34|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:10
<<ああ、今日は… | ホーム | Father`s Suport>>

コメント

ワッツゥ グーニーズ?

わし、世間のそういうのんは 詳しいないねん?
わし、パイプオルガン聴いたん、産まれて一度だけなんす。

そういう感動したつう体験は うらやましいっす。
小生は そういうy実体験が 無く、酒ばっかっ、呑んで 人生を浪費してやす。
困ったもんす。
どないしたら ええんでしょかぁ?
  1. 2009/05/24(日) 22:06:58 |
  2. URL |
  3. bamaman #b25GG1JM
  4. [ 編集]

ツクシ様

あはは…共感…
うん、共感者が いるつうのは 嬉しい、心強い限りでやすよぉ♪

皆、取りあえず、孤独やシ…でも、それでは 詰まらんしぃ…


ま、これに懲りずに 宜しゅうたのんまっさぁ♪
  1. 2009/05/24(日) 22:01:13 |
  2. URL |
  3. bamaman #b25GG1JM
  4. [ 編集]

そうなんかぁ?!

マダムは キリスト教への 憧れがあった訳や!
うんうん…♪

神様は 実はおなじなんやねんなぁ!

ええねん、ええねん…自分の好みを 超えた所に 実は 何かがあるねん。

さてさて 真実は どうでもええし、主観を超えた所では 一つやねんなぁ!がははははははははっははははっはははは…


   なんでもええねん、実は…
  1. 2009/05/24(日) 21:57:39 |
  2. URL |
  3. bamaman #b25GG1JM
  4. [ 編集]

パイプオルガンと言えば

「グーニーズ」!?

あの、骸骨がついたヤツはパイプオルガンというのかわかりませんが、子供のころ妙に感動した覚えがあります。

神秘的な音はそんなにたくさんの管がなせる技なんですね。
  1. 2009/05/24(日) 21:45:23 |
  2. URL |
  3. ニッカ #VZUwebqk
  4. [ 編集]

こんにちは。
bamamanさんの他でのコメントを読んでいていちいち共感します。
どんな方なのだろうとちょっと興味が湧いてきてこちらへお邪魔させてもらいました。
過去の記事を読んでいるといろいろ考えてしまっていたずらに時間を浪費しそうなのでゆっくり読ませていだだきますね。

えっと、今、バッハもう勉強中でしょうか?(笑)
バッハいいですよね。私も聴くだけなら大好きです。
そう、弾けないだけでぇ~。

ヨーロッパの教会のオルガンの音はちょっと異質ですよね。
あの土壌と音楽があったからこそキリスト教は反映したのだとつくづく思います。
無神論者私ですら洗脳されかけましたもの(笑)
若いころドイツに2年ほどいたのですけど毎週ミサにでかけ、ステンドグラスと高い天井に描かれた絵を仰ぎながら賛美歌を聴きオルガンの音に身をゆだねていると思わず”主よ!汚れたこの身をお許しください”という気になってきて・・・・。
ヤバかったです。

弾いてみたこともありますが音が重なりすぎて何を弾いているのか途中でわからなくなります。
確かにアレを弾いた後ならピアノは簡単に感じるかもしれません。
  1. 2009/05/24(日) 13:45:32 |
  2. URL |
  3. tukushi #VsoBfN2E
  4. [ 編集]

そうなんだ!

この前、祐天寺のパウロ教会でハレルヤコーラスを歌ってきたんだ。
そのパウロ教会にはパイプオルガンがあるのさ。
ミサをパイプオルガンでうたうとマジ雰囲気が出るね。
本場で歌うという感じがすごくるすのよ。
でも合唱団で歌うのとスピードが違って、めちゃゆっくりなの。
そういう事情があったのか。
苦しかったー。
ソプラノはキングオブキングス、ロードアンドローズ、って伸ばすのよ。高音で。

しかし、ミサがおわったあと、聖餐式があるんだけど、外で遊んでいた子供たちが祝福を受けに来たとき、catmouseは泣きそうになりました。
善き人たちかな。
catmouseはもうすこしで「わたしもクリスチャンになりたい!」と言いそうになりました。
教会の音楽は頭の中を洗い流すようです。
つまり洗脳ですね。
悪い意味で言ってるんじゃないですよ。
教会という建物の構造、
パイプオルガン。
音は波動。
波動は魂を揺り動かすんです。

ハードロックなど聞きに行くとトランス状態になりますよね。
あれも洗脳ですね。あの波動はあまりよくないとcatmouseなどは思ってます。
悪魔的です。

ま、善き波動もあまりトランス状態になると魔が入り込むこともあります。
ゲームで、パイプオルガンの音は最終局面大ボスの登場であります。

キリスト教でもっとも怖い悪魔は堕天使。ルシファーですね。


ところで、最近他流試合してますのや。
イースターで教会でミサ歌ってきたでしょう。
こんどは中野区の区民合唱団にまざって、ヴェルディ歌うことにしましたじゃ。
昨日、交ざって歌ってきました。
指揮指導者が違うとまた違った味ですね。
昨日の粂原先生は「もう一度、もう一度」ってたっぷり歌わせてくれました。
「歌った~」って感じがしてたのしかったにゃ~。
音楽は練習が楽しいよね。
発表会は、「それがなきゃ、しめがない、だれる」といういちずけ。
アマチュアは楽しいよね。
あらりちゃんは毎日苦しそうだにゃ~。
  1. 2009/05/24(日) 12:02:24 |
  2. URL |
  3. catmouse #iJs6fXKs
  4. [ 編集]

お師匠も言うてやした。

音が遅れてでる…
しかも 教会堂は現代のコンサートホールと違い、残響音がやたらと長い!
つまりぃ、鍵盤は 音の発射キーであり何秒後かの音の重なりを予測し、発音する時空楽器なんやろなぁと思うのでやす。
カテドラルの空間を天上からの音で満たす空間芸術なのやもしれへんなぁ?!
  1. 2009/05/24(日) 07:07:34 |
  2. URL |
  3. bamaman #b25GG1JM
  4. [ 編集]

まゆっぺ様

小生も触った事ありません。
おそらく ピアノよりももの凄いメカニズムを触った瞬間に感じるのではないやろか?!
きっと 魅了されて ピアノを捨てちゃうのやないやろかなぁ?
それぐらい、凄い奴やろなぁ?
  1. 2009/05/24(日) 07:01:47 |
  2. URL |
  3. bamaman #b25GG1JM
  4. [ 編集]

ウチの先生が、少し習った事があるそうです。
なんでも、弾いてる本人に音が届くのがワンテンポずれるんですって?
だから、自分で弾いた音を聴きながら弾くと、どんどん遅れて行くんだとか。

「自分の音を聴かない様にして!」って言われて戸惑った後、
家に帰ってピアノ弾いたとき
「音を聴きながら弾いていいってなんて楽なんだ!!」と思ったそうです。
こちとら、聴くのが大変ですのに(爆)
あ!じゃあ、逆にパイプオルガンは出来るかな(違)
  1. 2009/05/24(日) 00:21:02 |
  2. URL |
  3. かめいち #mQop/nM.
  4. [ 編集]

触りたい…

私もパイプオルガン触ってみたい…
一度でいいから弾いてみたいです♪

あの音色、とってもステキですよね。
私の結婚式を挙げた教会でも、生のパイプオルガンがありました。
今打ち合わせに行ってれば、触りたい♪って言ってただろうに
その頃は弾く勇気もなかったし、言うのも気づかなかった(;一_一)

触ってみたいなぁ♪
  1. 2009/05/23(土) 21:50:58 |
  2. URL |
  3. まゆっぺ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bamaman.blog12.fc2.com/tb.php/299-d99c8907

しいちゃんとドングリ山

みなさん。毎晩見る夢。 どこに行ってると思います? 実は、生まれる前の故郷に帰っているのです。 え?夢を見ない? そんなはずはありません。 朝起きたとき、忘れるだけなのです。 しいちゃんとドングリ山は しいちゃんの夢里帰りのお話です。 え?しいちゃんはどんな?...
  1. 2009/05/24(日) 11:43:59 |
  2. 3次元紀行
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。