そのひくらし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

腱鞘炎の検証

力が入る、腱が緊張する…この行為を長時間続けると 腱鞘炎が起こりやすい様なんすねぇ?!
でね、【開き指】【寄せ指】という運動が ピアノのなかに あって どうも開き指が 長い時間やと良くないつう事…実は 脱力てぇのが ここに関係ありそうなんでやすねぇ。

この話、文字じゃ 説明しづらいしぃ…知る人ぞ!知る!なんでやすが 当たり前でもあるんでやすがぁ、脱力の微妙なフィーリングを実感する、その実感を追体験する為に 練習するつう事なんでやす。 
【開き指】【寄せ指】それと関係してる【脱力の微妙なフィーリング】を実感する、つうのがポイントなんすね。
説明の仕方はいろいろなんすが…

結局、言葉で 説明しようとしても 理屈は伝えられるけど…肝心なフィーリングは 言葉では無理なんやねぇ。
説明する理屈は 3つや4つは あるんでやすけど…

脱力に関するキーワード
1、 鍵盤のもどり(アクションのスプリング)を利用する感覚
2、 鍵盤の底迄弾かない。
3、 体全体を使って弾く ー 手首、肘、肩、腰
4、 蝶の様に舞い、蜂の様に刺す
5、 指は 無重力状態で 鍵盤の上を舞う
6、 打鍵による音量は 瞬間の打撃力だけで 決定する。力積は無意味。
7、 開き指、寄せ指
8、 手首の回転運動
9、 和音の弾き方
10、腱鞘炎
11、その他

ま、ヒエラルキーもそろてへんしぃ、極めて 思いつきにちかく羅列したわけでやすが…
これらの 項目を 写真入り、ピアノのちゃんとした先生の校正付きで 文書化すると ”だれにでもわかるピアノの弾き方読本”が出来上がる訳でやす♪
動画、音声入りにするとDVDとなりやす。

視点を音楽的な内容に変えて 姉妹本として”ピアニストのピアノの弾き方読本”が 出来上がりやす。

スポンサーサイト
  1. 2009/05/09(土) 10:25:51|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<目頭が熱く成る… | ホーム | ああ、今日は朝から 晴れていやす♪>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bamaman.blog12.fc2.com/tb.php/276-163e6988
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。