そのひくらし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

皆様、お悔やみ有り難う存じます。

昨日、友人の骨を拾って参りやした。
戻ってみると何人も友人が 蕎麦屋で待っていました。
皆寂しいのでありましょうなぁ?!
皆身近く 生々しく死を感じちゃったんでやすなぁ。
皆笑って想い出をしゃべってるんだけど 独りじゃ寂しくていられないんですなぁ。

死が怖いという事じゃぁなくて…

冬は日が短くて 黄昏れちゃいますよ。お陽様の高いうちに早く帰ればいいのに…みんな黄昏れちゃってますよ。

建築家という戦友でもあったし…若い頃から美の世界に帰依し、理想を語り、人の何十倍もむくわれぬ努力し、夜も寝るのをおしみ 時間一杯グリグリと図面を描き続け…しかし、国家は無意味な権力を振り廻し続け…そんな無惨な国家、官僚達に押しつぶされてしまった…一生懸命文化という事を考えて来た、やって来た…

仕事始めの挨拶回りに 誰独り行こうともしない。
赤い冬の陽の中で 武蔵野の欅の冬枯れの枝が 空に向って いっぱいの細い線となっている。

うん、明日から再び生活に 皆踏み出すのです。
今日だけは 冬の陽だまりを探して 酒をチビリチビリと…
思い出した様に だれかが語る。笑い声…また、咽に酒を流す…止まってしまった一瞬の時
さてと、誰とも成しに腰を上げる。”じゃぁな…”

ああ、なんか湿っぽくていけねぇやぃ…

野辺送り…さ、これで ぼく達の葬儀の全てが終わった。


皆様の暖かい思いには 本当に深く深く頭を垂れます。
ちょいと湿っぽくなっちゃいやしたがね、S君は新型ロケットに縛り付けて天国に送り込んでやりやしたよ♪

本当に ありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2009/01/06(火) 04:11:22|
  2. 明日に死す!|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5
<<しかしビオラという楽器は… | ホーム | 三が日過ぎたからいいでしょうかねぇ。>>

コメント

4日5日と

小生の記事にいろいろお気持ちを戴きました。
こういう瞬間に 人との繋がりを 暖かく有り難く思うのですねぇ。
いろいろとご意見お気持ちを戴いて もの凄く気持ちの中が透明になって来ました。
有り難うございます。

不慮の事さえなければ 10年は生きて行けると思ってます。でも もうすこし 人並みまで生きなければと思う様に思います。
出来なくてもいいのです。
でも、自分を必要としている人間が居る限りは 摂生をして生きていかなければならない様な気がして来てます。
もぉ、自分は透明でいいと思います。
透明でいて 音楽とどう対峙出来るのかは よくわかんないんだけどねぇ。(笑)

うん、でも そういう音楽もあるんじゃぁないのかなぁ?!
死ぬ事も生きている事も…うん、生きている事は とても感動的でやす。見えにくく 気が付きにくいだけなんでやす。うんうん♪

皆様の 人生に幸があらんことをひたすら お祈りもうします。
涙は もうとうに昇華して 美しい虹と成って 天に登りました。

皆様、有り難うございます。そして みんな 幸せであらん事を 願います。 A・M・E・N~
  1. 2009/01/07(水) 00:47:02 |
  2. URL |
  3. bamaman #b25GG1JM
  4. [ 編集]

まゆっぺ様ありがとうございやす。

知り合いが亡くなる度に ブログで追悼をするようにしてやす。自分の気持ちを文字に定着させているのでございやす。書いてみるといろんな事、自分の気持ちがわかってきやす。
故人を送る、追悼する事は 自分の気持ちを整理する事なのかもしれやせん。
整理して 現実を受け入れて行く事かもしれやせん。

大きなものを失えば 空いた穴は 暫くは埋まりませんやな。でも 日常生活を続ける以上 表にはだせませんやねぇ。そうやって 皆忘れて行くのでりやしょうかねぇ。
こらが配偶者や子供、恋人だと…生活に直接の影響を与える人達の喪失は やはり大変ですよね。
ご遺族は これから一つ一つ遺品を拾って行くのでしょうなぁ。
子供は 親の死をもて 成長する。
その抜け落ちた大きな穴に 自分なりに納まって行くんでやしょうなぁ。

みんな頑張れ、それでも 地球は回って行くのやねんから♪
  1. 2009/01/06(火) 10:16:55 |
  2. URL |
  3. bamaman #bf7lhe6w
  4. [ 編集]

女王様

ありがとうございます。
人間の記憶の中には 鮮やかな色の印象があるんでしょうなぁ?!話しているうちに色が輝き出しやす。良い奴程、早く死ぬ…ちゅうかぁ、死ねばみんな良い奴になってしまうのかもしれやせん。(笑)

果たして自分が死んだ時何人の人が本当に泣いてくれるのだろかと、心細くなりやす。(笑)
死んだ時にその人の人生が見えて来る様な気ぃします。
  1. 2009/01/06(火) 10:05:11 |
  2. URL |
  3. bamaman #b25GG1JM
  4. [ 編集]

…。

友人の死…あまり経験はありませんが、辛いですよね。
人は生まれ、いつかは死ぬ時がやってくる…
わかってはいるんです。

きっとこのご家族もそうでしょう。
長く床に伏せられるもの大変でしょうか、突然亡くなってしまうのもどうかな?
私も父を突然亡くしましたが。今でも父の死を受け入れられずにいます。
話したかったこと、やり残したこと…沢山残ってるんです。
たぶん、今は忙しさの中で気づいてはいないと思いませんが
ある程度片付き、落ち着いてくるとガクッときちゃうんですよね。

私の知り合い(マンションの方です)が、友人を亡くされ
しばらく落ち込んでおりました。
bamamanさんも、気を落とさないでくださいね♪

お悔やみ申し上げます。
  1. 2009/01/06(火) 08:58:49 |
  2. URL |
  3. まゆっぺ #-
  4. [ 編集]

そうでしたか。。。

一昨年、幼馴染が亡くなった日の事を思い出しました。。
今度、呑んだ時に思い出話でも聞かせて下さい。

謹んで・・・お悔やみ申し上げます。。
  1. 2009/01/06(火) 06:29:09 |
  2. URL |
  3. オニギリ ジョー #239ZmNdU
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bamaman.blog12.fc2.com/tb.php/185-a8e6e051
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。