そのひくらし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ワルトシュタインの第三楽章

かっこ良過ぎるねん。
うん、左スケール。右トリルに高音部で主題。
そいでもって アーティキュレーションのアルペッジオの連続。
そして あの、
恐らく難聴で無音に近い世界の
だからこそ聴こえる宇宙の無音。
キィ~ンというに似た響きの和音のsF

ああ、ここで高音のA♭、ビイィンバシッ…???????
弦切りやしたぁ。12月の末にその隣のA切って半年目。
スタンちゃんの弦てぇ切れにくいんやなかったかいなぁ????
明日、張替でやす。

何故か直前に切れる予感が走りやした。
そうそう、低い方も何だか切れる予感したんすけど、そちらは無事の様???

最近はffとか、場合によってはビンてぇ音にしてみたりしてやす。よくないのかなぁ。
でも割れる様な感覚というか強拍感を一杯出したくて 
他の拍と区別付けたいねんなぁ、チュウ時はどうされてはるのんかぁ???
スポンサーサイト
  1. 2011/07/02(土) 19:29:38|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<どうして弦が切れ出すと、次々切れるのやろか? | ホーム | 故郷を奪われた、母なる大地>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bamaman.blog12.fc2.com/tb.php/1539-57227651
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。