そのひくらし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

亡き王女のためのパヴァーヌ

うん、大好きな曲のひとつでありやす。
管弦楽曲なんすが、ピアノ曲に編曲された奴の方が 好きでやすなぁ♪

うん、これは 亡き王女の葬送の曲でなくて
彼女の愛らしさ、
彼女への想い、

そういう死別への
愛の哀しみを感じてしまうのでやす。


今の愛へは グリーグの ”あなたのそばに” を捧げたいっす。
去って行ってしまった愛へは ラベルの ”亡き王女のためのパヴァーヌ” を捧げたいっす。

しかし、人生てぇのは
一体、どれ位のもんでやしょうか。

あしには 【亡き王女!】は 居るのでやしょうか??
それ程の、焦がれる事…
うん、焦がれたいもんでやす。

つうかぁ、全ての 女性が そうかもしれまへんなぁ。
ああ、ここに おいでの女性の皆様へ

                I love her.


ま、なんちゅうかぁ 空しいことばでやしたなぁ。(爆)
     つう訳でやす。

スポンサーサイト
  1. 2010/10/07(木) 01:01:25|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<故郷 | ホーム | 今日は手抜き…ははは♪>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bamaman.blog12.fc2.com/tb.php/1316-69574d24
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。