そのひくらし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

愛の夢

やはり、表面的な印象だけで ピアノを作ってはいけないんす。

そう、愛の夢は
おだやかで まろやかな 愛撫
そういうものが 気分としてベースに流れていなければ成らないんやねぇ。
激しさ…狂おしさ
それは 暴力的でなく、
悲しみと愛しみ(イトシミ)と喜びが 合わさって
昇華した高揚感なんやろかなぁ?!

引っ叩く様な強い音ではないのや。
響かせるレガートな音…

実に荒っぽい音を平気で出している小生のピアノには 愛想が付きやす。
”愛想つかしの夢”と改題したほうが 今ん処は フィットしやす。(爆)

まぁ、笑ってばかり いられへんから…
丁寧にレガート奏法のアルペッジオをおっかけやす。
テーマの音の連なりも 優しい愛のささやきなんすよね。
はぁ~ ため息は もっと難しいけど
ため息が 出る。(笑)
後、1ヶ月で どこまで
愛をささやけるか?
スポンサーサイト
  1. 2010/07/29(木) 09:46:20|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ドリーの庭(フォーレ) | ホーム | 小生のとってピアノの演奏とはぁ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bamaman.blog12.fc2.com/tb.php/1210-da72022e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。