そのひくらし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

生活の音

誰かが 家の中に居たんだよなぁ。
でぇ、物音がしてた…
火鉢に 南部鉄瓶がかかっていて 婆ちゃんの部屋は お湯がチンチン湧いていたよなぁ。
お台所では まな板が トントン鳴っていた。
早朝、牛乳配達の牛乳瓶が ガチャガチャなって そういう音が 寝ぼけ眼の耳に届いていたよなぁ~

きゅうりを切っていて 自分が主役になってるんだなぁ…
これもまた フと 思い出してしまった。


そういう音のなかで 安心して 
家の中のどこにいても
いろんな音達に 囲まれて
安心してたんやなぁ~

今は 洗濯機、食洗機、エアコンのモーター音。
蛍光灯の高周波…

あの音達は 暖かかったよ。
そうなんや、一つ一つが 妖精やたのかもしれへん。


親爺が ”お~い”と 呼べば 家中が響く。
そういう生活の音の中から 何かが生まれて来てたんかもしれへん…

うん、小生は 家族の真ん中に居る。
だから 居るだけで 安心な、一家に一台のモンでもええ。(笑)
絆…気配(音)なんやなぁ~



スポンサーサイト
  1. 2010/07/13(火) 16:45:29|
  2. ほんの一服|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<頭ええのか?悪いのか? | ホーム | 夕飯時の詩(ゆうはんどきのうた)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bamaman.blog12.fc2.com/tb.php/1171-272e059e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。