そのひくらし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

亡き王女の為のパバーヌ

なにか…こころの底に 寂しさが 走りやす。
孤独…つう事ではない様な…

いつも 思い出す懐かしい風…
あれは 春だったんか、夏だったんか…

お陽様の匂い…
草の匂い…

何か過去の
穏やかな日々
お陽様のぬくもりに 包まれていた様な…

そうなんやねぇ。
そういう、暖かく 懐かしく 優しい想い出

失った物への 哀愁なんやろかぁ?






パバーヌてのは 16世紀位の 恐らくフランス辺りの舞踏曲だったらしい。2拍子系のね。

うん、王女が パバーヌのゆっくりとした気品のあるリズムで
踊っていたんでやしょうかねぇ?!
この王女の恋人の想い出なんでやしょうか?

哀愁と優しさに溢れた…
なんという愛おしい気持ちに 浸れるやないすか。

なんか4声位に なっていそうやなぁ?!
スポンサーサイト
  1. 2010/07/10(土) 20:08:08|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<えっ…体重70kg切る…??? | ホーム | 新製品【くずれ巻き寿司】>>

コメント

くずれ巻き寿司のパバーヌ

これ、元は 管弦楽曲なんすよねぇ,確か??
こういうのは 意外と難しいっすねぇ。
でも、悲しげな優しさに溢れてやすねぇ。
こちとら 思い出は残念ながら ないんすがね。(笑)

なるほどぉ~、ラップでご飯、具だけまいちゃえば ええのかぁ♪

しかし、すし飯のサラダ丼はいけまっせ!
トッピングを 自分各々で選ぶちゅうのは 実に楽しいっす♪

牛丼やのぉて サラダ丼ちゅうののチェーン店(ああ、問題はぁ単価や…潰れるなぁ)

つうわけで 今程 考えるのを止めやした。
  1. 2010/07/11(日) 11:16:48 |
  2. URL |
  3. bamaman #b25GG1JM
  4. [ 編集]

この曲、とっても良い曲ですよね♪
思い出深い曲です。
和音が多過ぎて譜読み1分で断念しましたが、この曲の持つ世界観がとっても好きです。
長調と短調の入れ替わり方がフワーとしていて優しい風に頬をなでなでされているようで、なんとも表現できないけど、ヒーリング音楽的な感覚に陥ります。
弾けるようになってみたいけれど・・・。

巻き寿司の記事、スピード感タップリで楽しかったです♪
最近サランラップで巻いてみたら意外と上手くいきましたよ。
具の汁気を完全になくすのもポイントかも。
なんちゃって風で良いのでしたら、寿司飯だけをラップで巻いて棒状態にしておいて、後から寿司を貼り付けるっていう手もありますので試してみて下さいませ!
  1. 2010/07/11(日) 10:58:08 |
  2. URL |
  3. オリーブ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bamaman.blog12.fc2.com/tb.php/1165-bb12339e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。