そのひくらし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

一体どういう事なのか?

【ザ・コーブ】
そうとう酷い撮影の状況であったらしい。
騙し、盗撮、やらせのオンパレード!

”鯨や海豚を食べる事”
確かに いろいろな考え方があるんすよね。
どれも 正しいし、どれも 間違ってるっす。
うん、見方の問題なんす。
時代や地域で考え方が違うのは 当然よね。

そう、良くある議論で 
”西洋人は 牛を喰うのに 鯨や海豚を食べる事の是非を何故 一方的に語れるのか?”とね!
例えば アメリカ(アラスカ)やカナダのエスキモー達は アザラシ漁やオットセイを狩っている訳で
その行為は 保護されている訳やねん。
うん、土地から主権から 全てを奪ってしまった訳やからね。

”映画の公開を 阻止するのはおかしい”みたいなマスメディアや映画関係者のシンポジューム。
そういう動きは 起こっても不思議ではないのやけど…

でも、何故か…
コーブの製作過程をうわさで聴けば、言論の自由を逸脱した、
むしろ 【暴力的言論の自由論】に みててくるんやけどなぁ…
うん、軍政国家の言論統制…将軍様プロパガンダみたいな。(笑)…そう、洗脳!
言論の自由…実に難しい言葉やねん。
一般論的に言うならば 自由は規律というものを逸脱しては 成立しないんやけどなぁ…??

だから 考えが及ぶのは 一体、この映画の製作背景やとかぁ、
誰が 仕組んでいるのやろか?
実に 不透明で …

小生などには うん◯に みえやすねん。(笑)
芸術???
うん、安易やなぁ…その言葉は もっと熟考してから 使った方がええし…
一方的な 正義感とか
絶対的な 正義とかぁ
これらは 全て感情の所以のもので…
その感情テェ奴が そのものを離れて 昇華した様なものだったら 素敵かもしれへん。
この監督はんはぁ ピュァーではないねぇ。
実に 嫌らしい売名行為かもしれへん…

悲しい事でやす…
スポンサーサイト
  1. 2010/07/01(木) 12:39:28|
  2. 世にも不思議|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<モンタージュ理論 | ホーム | PIANOの上手いんです♪てぇ意識>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bamaman.blog12.fc2.com/tb.php/1138-9530e464
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。