そのひくらし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

自分の音

これは 一杯の音の組合せを 一杯一杯聴く事で 始まるのやないやろか?!
和音…不協和音も含めて なんという複雑なニュアンスを持っているのだろうか。

楽譜を見ながら ゆっくりと音符達をなぞっていく。
そう、作曲家達の 音の構成、構築への 飽くなき好奇心に出会うんや♪
ああ、こないな響きを含んでいる…成る程!こういう音が欲しかったんやなぁ!と共感していく。
その思考法が少しわかると 次々に 音達の仕業が わかって来る♪

じゃ、僕は どないな音の連なりやとか そこでの響きやとかぁ…
どないに 創って行くんやろか。

やはり 風景の様な気ぃしますなぁ。
雨の音と気分…
非常に 軽快でお洒落な気分で まるめる…
でも、底には 自分の心臓の鼓動が 流れている。

出来れば 【美への憧れ】みたいなもんが、心臓の鼓動を起こす衝動であると ええのやがね。



絶えず、【夢】と【希望】と同居して【焦燥】と【絶望】と【諦め】みたいなものが 美しい織物を織りなすんや。
その葛藤みたいなもんを 愚痴や苛立ちみたいな低次元な、表現にならへん処で 放出したくないんやなぁ。
それを 美しい織物に仕立てるんやねん♪
あらゆる感情!優しさ、哀しみ、怒り…それらの生々な素材を 美味しく、香り良く料理しちゃうみたいな…
つうかぁ、大袈裟に言うならば あらゆる感情を形而上の世界まで 昇華させてしまう…

っそういう客観性の高い、繰り返し繰り返しの積み上げで 出来るモノ。



あはは、当然 言っているだけで その裾野迄も 行ってへんねんなぁ。
先は 遠い。
遥かに 遠いけど…
うん、だから 霞んで見えなく成らない様には しておきたいのやねぇ、へへへ♪


スポンサーサイト
  1. 2010/06/14(月) 11:25:40|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<家庭料理進化論 | ホーム | 何故、クラシックをやっているんやろかぁ?>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bamaman.blog12.fc2.com/tb.php/1108-aefead4a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。