そのひくらし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

師匠について 4年でやす。

最初は弟子入りしてへんのに いきなり発表会。
その後、2ヶ月後に門下生。
小生のピアノに対する意識が変わるのに4年間も 辛抱していただきやした。

小生の音楽的内容、知識は 全てと言っていい程、師匠からの受け売りでやす。
教わってないようでも 一杯一杯 戴いてやすねん。
やっとやっと 【ピアノを弾く】という事は 技術的にどういう事か…
そこの壁を見せて頂きやした。

怠け者やし…でも、飽きずに 教えて頂いてやす♪

もの凄く、ドライでやす。
まずは ドライでなければ 冷静に 音も聴けへんしぃ…将に おやりになっている通りだす。
さてさて、後2年で 師匠の発表会は50周年を迎えやす。
その後は もぉ発表会なるものは おやりにならへん様な気ぃしやすねん。
だんだんと そういう場への興味は 薄れている様な気ぃしやす。

でも、それは仕方の無い事!
ええねん…
死ぬ迄(どっちが先だかねぇ、あはっは…) お教えくださりませ。
先人が 居ないと…この新たな闇の中を 独りで戦っていくのは 実に 辛く、孤独な戦いでやす。

だからわし、音楽人生の組み直しを 考えねばならんのっす。
師匠からは 離れまへん。
がぁ、おそらくは 師匠より余命がありやす。
その中で 師匠抜きの音楽人生を 歩まねば成らん訳で…

うん、長生きして おくれやす…
スポンサーサイト
  1. 2010/06/12(土) 00:20:43|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<肩の力が抜ける | ホーム | 音の粒揃え>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bamaman.blog12.fc2.com/tb.php/1097-ceb8a176
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。