そのひくらし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

部族社会から個人へ?

うん、男女平等、同権みたいな事考えて行くと これは 社会の型の問題から 発生してうんやろなぁ?!
経済の効率化、大衆社会、大量消費、スタンダード…等々
全て 小さな渦、バナキュラー(方言)から 大きな渦スタンダード(共通語、標準語)へと向かっちゃっている様で…
ある意味では 1/100とか1/1,000とかであった存在が、現代の大衆化、大衆化ならまだしもグローバリ化で 1/1,000,000,000みたいな桁違いの数字の中の1に成って行ってしまってる訳で…
これは 個人が 大多数の中で 埋没して来ているちゅう事になるんやないのかなぁ、とね思う訳でやす。
つまり、自己存在なるものは 意味を失してしまっている、つう訳でやす。


極めて 人口爆発の中で 効率を求め無ければ 生きて行けない。
うん、効率を 求めて行くと 最終的には 【蟻や蜂の社会に近づく!】のではないでやしょうかぁ?!
全く持って 没個性!没差別化!全標準化!なんでやす。
これは 良識で考えると耐えられへんのやねぇ。
そう思うのは わいだけやろかぁ????????

つまり、ピアノも音楽も個性も必要なく成る。うんうん…
そう、加工されたCDでの理想的な音楽だけを享受するだけの 文化…

上手くなんて 弾けなくてもええのやねん。
何を 表現するか…そう、日常での 自分の叫び!
それで ええのっす。

うん、最初に参加したコンクールに 一緒にエントリーされてた、生まれて始めてピアノを弾いた【あのエリーゼの為にのおっさん♪】
かれの トツトツとした演奏…しかし、会場は 皆何かを感じ取った訳やねん。
素晴らしい演奏だった訳やねん。
そういう事なんだなぁ。
じつに そういう事が 大事なんだなぁ!!

下手糞だったよ!
でも、全然耳障りやないし…やはり、素晴らしい表現だったんだと思いますねん…うんうん♪


そう、一夜明ければ また陽は登るさ♪
人間はんは まだまだ 捨てたもんやないねんなぁ…





スポンサーサイト
  1. 2010/06/01(火) 23:04:12|
  2. どうしちゃったんだ?|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
<<お米きれる | ホーム | 男女同権とかの話>>

コメント

ツクシ殿

おお、なる♪
うん、生存理由かぁ!!
そうやねぇ、生存理由ちゅうかぁ生きる意味…
小生の場合は 多様化してへんから はしっこのペンギンでも ええかも。(笑)
  1. 2010/06/02(水) 10:27:06 |
  2. URL |
  3. bamaman #b25GG1JM
  4. [ 編集]

ああ、、犠牲的精神は人間の世界にも普通にあるじゃないですか。
王様を守るために臣下が犠牲になったりとか、子供を守るために親が盾になっりとか。

蟻とかペンギンとかに限らず、人間以外の動物って、全ての固体にとって”種の保存”が最大の目的ですから、そのためなら個人の利益は捨ててやむなしなんですよ。

逆に、人間の生きる目的は多様化してしまっているので、種の保存なんてどうでもよくなっているから・・・・・・。
そう言うことなんじゃないかと・・・。
  1. 2010/06/02(水) 08:51:47 |
  2. URL |
  3. tukushi #VsoBfN2E
  4. [ 編集]

個人なんて概念はぁ…

キリスト教が 神の前の平等かなんか言っちゃったから あるんでやしょうねぇ。
仏教は 多分、役割分担っす。
全ての存在に意味がある…つう論法でやしょうかねぇ♪

家ちゅうのは 役割分担を前提にしているものやろと思いやす。
自己存在よりも一族とかぁ集団を上位に置いて その事(一族などを上位に置く事)で 自分が滅んでも 永続性、永遠性を信じる…ちゅう様な事なんでやしょうかねぇ?!

そう、個人も実は 義務と権利の双方をバランスさせなければ 契約が成り立たへん。
利己主義立脚して 甘ったれるんやない!つうのは思いやすねん。

つまりは どちらにしても 社会がなければ 人間個体は 実に脆いもんや!ちゅう事やと思いやす。
後は どちらの世界観に身を置いているかだけのことでやしょうかねぇ?!

ただ、おそらくはぁ 母数が 巨大になれば 自己は喪失しちゃうねん。
西洋も 崩壊の危機に直面してはるやろなぁ、とは 想像に柔らかい。(笑)

ただ、彼奴等のほうが 責任ちゅうのを知ってそうやねん、我々社会よりもね。



人を突き落とすかどうか…それは 責められないなぁ…と思いやすねん。
仕方の無い状況は いくらでも想像で来やす。
そこで 敢えて落とされる側を選ぶのは ブッダでやしょうかぁ?!
ただ、どちらも 一緒の事やと思いやすねん。
それもそうやし、現実相の中では その立場は 恐らく選べないやろなぁ?とおもうのでありんす。

わしらの命は 有限であるという事だけ 知っていればええのかもしれまへんなぁ?!
  1. 2010/06/02(水) 00:23:56 |
  2. URL |
  3. bamaman #b25GG1JM
  4. [ 編集]

蟻の社会と言えば……
あの地球上最恐の軍隊蟻の大群をテレビで見た事あるのですが。
団体で森林を横断して行くのはいいのですが、途中に段差とか倒木とかがあったら
そこを自分達の身体をつないで橋にして、みんな仲間の上を通過して行くんですよね。

あれを見る度に、橋の役になるのってヤだな~~とか思うんです。
あの役回りはどうやって決まってるのか、自分がやらなきゃっていう自覚があるのか…。
打ち合わせも計画も移動中になされてるとは思えないし……。

ペンギンも。
ペンギンもみんなで寄り集まって氷の上に立って…。
で、一番端っこにいるコをみんなで突き落とすんですって?
で、上がってこなかったらシャチやアザラシが居るってことだから狩りには
出かけないんだとか。
人間だったら絶対自分が端っこになりたくなくて暴動になりますよね。
でもペンギンは普通によりあつまって、で端っこのコが犠牲になる……。
う~~~~~~~~ん…………。
一体どういうしくみなんでしょう……。
私がペンギンに生まれ変わったら…ヒトの事突き落としたい訳じゃないけど…
でも……突き落とされるのは悲しいなあ…。

いえ、記事とは関係ないかもしれないですけどね。
不思議なんですよ。
「個人」という概念がないのかなあ。なければ「自分」は気にならないものなのかしら。
  1. 2010/06/02(水) 00:01:23 |
  2. URL |
  3. かめいち #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bamaman.blog12.fc2.com/tb.php/1061-aba531f3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。