そのひくらし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

男女同権、平等

ええとぉ、どう思われやすかぁ?
良いとか、悪いとか。
どないな意味なんやとか。
どんな現象を招来させたか、とかぁ。

好き勝手に お返事いただければ幸いっす。
スポンサーサイト
  1. 2010/05/30(日) 09:56:12|
  2. ほんの一服|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8
<<男女同権とかの話 | ホーム | 有名な曲かぁ!>>

コメント

tukushi はん

あはは…
さいざんすよねぇ、皆はん 勝手な権利主張に 平等とかの標語を使い出しちゃってる。(爆)

まぁ、でも…男性なんてぇのは 生物的には劣勢遺伝子やし、おそらくは 男性てぇのは 代わりはいくらでもいて 極端な評価をしちゃうと 女性1人と男性10人くらいで 価値が釣り合っちゃうんやないでしょかねぇ?!
つう風に考えてみると まだまだ 本質的の価値評価がなされてへん。違ごぉてはる。
(ああ、お金に置き換えちゃうと 話ややこしくなるから 控えやすがね。)
だから、標語としては まだまだ 活力を持ちうるのかもしれへんなぁと ふと思ったりなんかする訳でやす。
小生もオリーブ様の感想に近い(男女とも充足感があればええ、みたいなぁ)が 原点でやす。その為に 標語がどう活躍するのか?が問題でやしょうかねぇ?!

母系性社会が しっくり来るんやけど…でも、それって 原始的な社会やないと成立せえへんかったんやないのかなぁ?とね。
現代のなかで それってぇあり得るんやろか?

まぁ、そこからが 哲学の森への迷い込みでやしょうかねぇ。(爆)
  1. 2010/06/01(火) 19:54:50 |
  2. URL |
  3. bamaman #b25GG1JM
  4. [ 編集]

ツクシ様

そうなんでやすねぇ。平等も同権も 本質的には有り得ないんすよねぇ。
だから、意味の無い議論かもしれまへん…

しょうせいなんざぁ、個性とかオンリーワンを言ってる訳でやすからねぇ…
全く持って【…ん?何言ってるのぉ??】つう感じなんでやすよ。

じゃぁ、何故それを聞き返してるんか、というと…
世の中でおっしゃってる同権、平等てぇのを突き進めて行くとどないなイメージの社会になってまうのかぁ?
それを 皆はんのお知恵を借りながら 頭に描いてみたかったんすよ。
他民族のことは しりまへんが、日本では やはり 結婚つう概念の変化と(世の中で一般的ににんしきされているであろう)平等、同権みたいなものの推移が 面白いっすよね。
一言で言えば 【家】という制度の崩壊、核家族化、現代化みたいなものでやしょうかねぇ。
家という経済単位が 核家族、更に進化(退化?)して個人という単位に分解されて来た。
その時の 一つの標語が 【男女同権、平等!】やったんやないやろかなぁとね。
そないに 感じている訳でやす。

ここで大きな問題は 個人というのが 日本では確立してへんで 利己にたってしまう。
そこんところで 社会が全層雪崩を起こして 壊滅しちゃうんやないか?とね…そないな事を思っちゃうんでやすねん。

まぁ、話すと実に長く成るなぁ…
ま、しかし ツクシ様のおっしゃるのは その通りでやすなぁ!
  1. 2010/06/01(火) 19:47:06 |
  2. URL |
  3. bamaman #b25GG1JM
  4. [ 編集]

かめはん♪

昔と今は確かに違いやすよねぇ。うん、同権とかぁ 過去の遺物なんやろか?
そんな気もしなくはないっすねぇ。確かに歪んだ感じはありやすよね。
いろいろありやすねぇ、疑問に思う例がね!
ユイア(UIA.)という建築家の世界的団体がありやす。
それに対して 女性建築家の世界的団体がありやしてユイファ(UIFA)、Fはフェミニンでやす。でね、世界の隅では まだ 女性の権利を勝ち取る必要がある国とか民族が ありやして、意味合いとしては そういう事なんやろと思いやす。
まぁ、よそ様の処に ちょっかい出すのは 大きなお世話かもしれへんし、そういう声があるのかどうかは 小生は 不真面目にも 全く認識しとらん訳でやすがね。(笑)

でね、隅々まで 女性のその問題が 解決しちゃったらば ユイファ(UIFA)という団体はなにを 目指すんやろか。
女性の優れた面を もっと世に訴えかける…そうなって来ると これは エゴの匂いがしない訳やないっすよねぇ。
だから どうして同権だなんだが 言われているのか?
その背景が きっちりとわかってへんと 同権とかが 一人歩きしちゃうんやないでしょかねぇ。
それと ほんまに同権、平等が実現しちゃったら それは どないなイメージなんでやしょうかねぇ?
だから、やはり 同権だのが言われ出した時の そのプロパガンダの目的とか 背景は きっちりと押さえる必要があるんでやしょうねぇ、わかんないけど…多分…


  1. 2010/06/01(火) 19:35:14 |
  2. URL |
  3. bamaman #b25GG1JM
  4. [ 編集]

オリーブさま

全く同感でやすなぁ。
本来は 男性も女性も充足感があればええので…
じゃぁ、どうして 敢えて平等だの同権だの 言う必要があるのか?
そこで はたと考えちゃいやすね。

あはは、選曲がツーとかやなくて 師匠が 渋いのばっか やらせるんす。
まぁ もっともこちらから これやらして下さいちゅうのは 余り言わないんでやすけどね。
師匠の選ぶ曲は 今の自分に必要な要素を持ってるつう事やろなぁと思うからなんす。
でもぉ、ちょいと そないな有名処、奇麗どころに 触れてみたいやないすかぁ。(笑)

さいざんすかぁ、ピーマン、それは 残念でやしたね。
先日は 豚肉でやりやしたが、鶏肉でやってみよぉかなぁ、今度!
  1. 2010/06/01(火) 19:25:18 |
  2. URL |
  3. bamaman #b25GG1JM
  4. [ 編集]

かめいちさんが、男性擁護的立場なのはちょっと面白い・・・(笑)

確かに社内規定はいろいろおかしなのがあるけど、生理休暇をくれって言っている人が平等を叫んだわけではないし、性的な分離は無用なトラブルを避けるために必要なこともあるから・・・・。
私の職場は男女入り混じって設備を使っているけど、トイレとか処置準備用の更衣室が一緒なのはそれなりに気を使うよ?

育児休暇も、夫婦一緒に休んでいるとは限らないですしね。
妻が休めない職場だと変わりに旦那に休んで欲しかったりもしますから。
期間的なことから2人で半々でとる人もいますしね。
それぞれに事情があるので・・・・。
うちは二人して育児休暇を取れなかったのでなんともいえませんけど(爆)

あ~でも、ボーナスだなんだと言うのは育休だけの問題ではないと思いますよ。

仕事の成果を上げたのに報酬を下げられるご時勢に、そんなくだらないことで騒ぐような人は仕事ができる人だとは思えないので。(大爆)
  1. 2010/05/30(日) 13:58:26 |
  2. URL |
  3. tukushi #VsoBfN2E
  4. [ 編集]

bamamanさんはまた哲学の森?

自由に?
語ってもいいと?
そんなこと言うと、止まりませんよ?私(笑)

結論から言っちゃうと同権も平等もありえないと思うんですよ。
そもそも、違うものを同じに扱うのって無意味なんじゃないかと。
違うものを同じに扱うのって平等ではないですよね?
だって、男女という枠で考えなくとも体力や筋力の違う者に同等の肉体労働を強いれば負担は同じじゃないから・・・。
では、違うものは違うものとしてそれぞれの能力をそれぞれに生かす場を与えることが平等?
でも、それが与えられる側として望んでいないことであったら?
体力差や能力差があっても同じに扱って欲しい人もいるので・・・。
では、誰もが望むことを望むように、道を疎外されないことは平等か?
それが他者と全く交わらない次元の話なら可能かもしれませんけど、他者との比較することがないならそもそも”平等”を語る必要はないわけで・・・。

仮にそれぞれに同じだけの負荷を与えることが可能だったとしても、それだと、自己の満足と利益を追求する生き物としての本能がある限り、誰も満足できない世界になっちゃうんじゃないですかね?
普通に考えて、誰だって横並びになりたいなんて思っていないでしょ?
自身の差別化を図るためにいろんなことをするんだし、自分の優れた部分を無償で提供することに抵抗のない人なんているでしょうか?
何の犠牲も努力も払わずに手に入れたものであっても、無条件で差し出せないのが人というものだから、相当に犠牲を払ったものならなおのこと・・・。
同等の努力していると思える人にならともかく、そうでないと感じる人にまで差し出したくないですよねぇ?

協力しないと生きていけないような狩猟時代ならともかく、与えられた仕事をして利益を均等に分けるシステムにしてしまうと皆が働かなくなっちゃって、いずれはシステムごと崩壊するのは自明の理ですよね。
全体を高めようなんて誰も考えなくなっちゃう。
なんでって、他者と比べないと自分の幸運や不幸を感じられないからですよ。
かと言って、働きに応じて報酬を分配することにすると、その基準に問題が生まれる。
誰もが納得する基準なんてありはしませんから。
格差ができれば、自分の能力のなさや努力の有無を棚上げして嫉みを持つ者の足の引っ張り合いも生まれますしね?(笑)

そもそも、同権は全く同じ権利のことですから、全く同じものについて語るならともかく違うものについて主張するのは無理があるんですよ。
だから、通常は絶対的なものを基準に語られる・・・。
哲学的、仏教的にに言うならば”真理”と言う概念の下、宗教的に言うなら神も下、法治国家的には法の下。
そのような条件下であれば可能かも知れないということですね。
現代思想を持ち出しても、あくまでも絶対的なものを基準にした時のもので、相対的変化をするお互い同士の比較ではありえないんですよ。

人間の生きる現実の世界に、絶対的なものはない、普遍的なものはない、同一的なものはない。
とするならば、平等などと言うものはありえない。

でも絶対的なものと比較してさえ、”平等である”との認識ってできるものなんでしょうかね?
だって、誰にも否定することのできない法則や事実、普遍的で絶対的なもの、矛盾が生じることなく完全に整合性を保てるものなんて、想像できます?
神ですら人間の想像の範囲では矛盾だらけですよね?(苦笑)



つまるところ、平等かどうかって、どうでもいい事なのではないかなぁと思うわけですよ。
お互いがほんの少し自分を犠牲にして、お互いがほんの少しそれに感謝して、そんな些細なことが互いの幸せのためには大切なことなんじゃないかと。
  1. 2010/05/30(日) 13:40:58 |
  2. URL |
  3. tukushi #VsoBfN2E
  4. [ 編集]

昔の様に女性には選挙権がないだの昇進は無いだの、30歳で定年だのというのは
さすがにどうかと思いますが…

でも歪んでしまった部分もあるような…

同等の権利を求めたくせに生理休暇の権利も主張するのか!とか、
男社会に踏み込んどきながら女性専用施設を要求するのか!とか‥‥。

求人広告に「男性のみ募集」と書いたらいけないけど「女性のみ募集」はいいのか!とか。

結局本当に平等なのではなく「女性を優遇してちょうだいね」な訳じゃん、と
思う事もしばしばあります。
映画館の水曜女性1000円に対して「女性はお金がないと愚弄している!!」って怒る
女性見た事無いですし(爆)


映画館やレストランの女性を対象としたサービスに男性が不平等だと文句を言わないのには
男性の懐の大きさを感じたりもします。
これが逆なら‥‥たぶん女性は騒ぎ倒して社会問題に発展させてますよ。


しかし、平等だからといって男性も育児休暇をとるのはどうかと思います。
特別な理由(妻が入院してしまったとか、死んでしまったとか)ならしかたないけど、
妻と一緒になって子供あやしてどうする!って思います。
男は生まれた子供の為にしっかり働けーーみたいな(爆)

前テレビでやってたんですよ。当然の権利と、男性が育児休暇を会社に要請し、
数ヶ月も休んだあげくに「ボーナスが減らされた!権利を侵害された!」って
騒いでるニュース。



  1. 2010/05/30(日) 12:09:10 |
  2. URL |
  3. かめいち #mQop/nM.
  4. [ 編集]

案外と難しい質問ですねー!
しばし考えました^^

多分、男と女が共存する上で、どちらも充実していれば良いのかなーと思いました。

有名な曲はあまり弾かないタイプですか?
bamamanさんはきっと選曲がツーなのだと思います♪
私が練習してきた曲ってほとんどが有名な曲ばかりなんですよね。
そういえば^^

昨日ピーマンを買いにいったら、しょぼくれたのが5つ入って98円。
かなりしょぼくれていたので肉を詰めるのも無理やりな感じでした。
でも食べたいと思ったら後に戻れないタイプなので大満足しました。
  1. 2010/05/30(日) 11:57:55 |
  2. URL |
  3. オリーブ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bamaman.blog12.fc2.com/tb.php/1059-52b1818c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。