FC2ブログ

そのひくらし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

派手目の人生!

2004年3月末のNASUのご別邸の事です。
敷地内の雑草は いつも苦労の種。

20050617145845.jpg


エンジン付きの草払い機は昨年買ったのですが、慣れぬ小生では いっぺんに大量の雑草を刈る事は 不可能に近く、小マメに刈るか燃え易い状態で燃やすか。
いづれにせよ 計画的にこちらに来れる訳でもなく、暇の出来た時に焼くか 刈るか なのであります。
隣地は、当然 不在地主で 直径5mm程の丈2mくらいの笹状の植物が群生しています。
これが、越境してどんどん浸食してくるのでありまして、この成長力は脅威なのであります。 それと野火が点くと恐ろしい薪と化すのであります。
てぇな訳で小生は越境して彼らの群落を縮小させる努力を心がけているのです。

アメリカでは最近は 山火事を ある程度は野放しにするんだそうです。
適当な周期で山火事が起こらないと下草が繁茂し過ぎて その燃えた時の火力で
森の主体である樹木が完全に燃えてしまうからだそうです。
力ずくでの消火は無駄な事だと言う訳です。

そんな訳で枯れ草に火を付けたのであります。
よく燃えるのです。
種火なしですぐに燃えてしまうのです。
そよ風程度でした。
ほんのコンマ5秒か1秒の判断の遅れです。
あっと言う間もなく、先ほどのにくき群落の薪の束に 火が入りました。
バチバチ ゴーと言う音とともに火は次々と延焼していきます。
バケツの水で消す5倍の勢いで火勢を強め、温度を上げ、その火達に向かって
風が起こるのです。
【やっ山火事だぁ!】
バケツをもって小生、火の中に入るのですが、皮膚があっと言う間にピンク色。(軽い火傷ですね。)
眼球も熱であおられたらしく、2日程痛かった!
隣家の友人H氏が家族総出でバケツリレー!
初期消火の失敗であります。
地獄の様に猛り狂う炎達。
女房が消防署に通報したらしく、次々と消防車や地元消防団が飛び込んできます。
ポンプ車2台にて放水をはじめると1~2分の間に消えました。
後は地元の消防団員が待機して再燃を注意しています。
その間、小生は消防と警察とに事情聴取。
下の息子が窓越しにバカ親爺の心配をしていました。

取り敢えず、事無きを得て 良かったです。
小生発表、延焼面積225m2/消防発表、延焼面積400m2

後で昼食を一緒に取ろうとしていたSから『お前はなかなか派手な人生送ってるね。』と。

ビール券もって、地元の団長さんちに行くのですが…
そばのお店でガム買ってそこのおばちゃんに確認。
『あんた、悪い事した訳じゃないんだから…元気だしな、余り気にしない事だよ。』
『とにかく、大事にならなくて良かったね!』と
優しい言葉が 嬉しかったのですが、
それでも、30年程前のこの時期 火がなめ尽くした事があったそうだ。
当然、人家やらもたくさん消失してしまったそうだ。
山林の失火は、失火先の問題ではなくて、 自分の財産の保護が 重要な問題であり、 広大な薪を積んだ様な現在の森林では、 集団自衛が求められているのだと気付きました。
そして、小生もこの集団自衛に保護されていたんだと。
その日は 異常乾燥してまして ちょいと2~3km離れた所で婆さんがゴミを燃やしていて 山林火災を起こしたそうです。 翌日も午前中に1件 山林火災が発生したそうです。
この時期は 日常茶飯事なのです。しかし、滅多に経験する人はいないですよね!(爆)
小生も別荘族みたいなもんで 火災起こして 後始末は 地元の方々。
いんや、無責任な話ですが ある部分は 仕方の無い事。(小生が言うべき言葉ではありませんが…)
消火活動をなさっている皆さんへ せめても 温かい目線は 送りたいものです。
【ものではなく、何かをお返ししたいものであります!】

そして 大事な事に 気がつきました。
【金では 火は消せない。】機械でも火は消せない。
【火を消すのは人である!】と言う事を!

地域 そして そこに暮らす人々…
都会と言う仕組みに 慣れ、【何かの麻痺を起こしている小生】に
大きなガツンと一発で 頭を殴られた様な気がしました。

スポンサーサイト
  1. 2005/06/17(金) 13:33:26|
  2. 明日に死す!|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<えっええええ…一体何ですねん?ミュージックバトン??? | ホーム | 鮭皮の服…えっえっ>>

コメント

gen様

いんやぁ、一時はぁ杉の木よりも高く炎が上がりましたよ。あれは、本当に怖かったなぁ…

友人の家がやっぱ広い庭があるんですが、ほんの一部、管理出来るだけを残してボウボウにしてます。
これもありですね。
何でも除草剤だ云々はぁその彼氏の考え方をみて安易だなぁと考えさせられました。
しかしやっぱり不在地主はぁ駄目だなぁと思いますね。
それから、地方の土地なんかお持ちの方!絶対に値上がりなんかしないっすよ!(笑)
おっと、関係なかったなぁ?!
  1. 2005/06/20(月) 12:01:33 |
  2. URL |
  3. だぁ様 #b25GG1JM
  4. [ 編集]

自然の力・人の力

自然の生命力と人間の力、仲良く手をとりあって生きていきたいものですねえ…
いやはや、命に別状なくてせめてもの、ですよ。

週末は那須で過ごされているとか。近くだったら無料で労働力提供しますのにねえ…
  1. 2005/06/18(土) 10:43:10 |
  2. URL |
  3. gen #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bamaman.blog12.fc2.com/tb.php/10-b2d87137
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。