そのひくらし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ゴミを作る経済

嗚呼、日本の事でやす。
使い捨ててぇ実に不経済でやす。
オートメーションが 必要以上にものを作る性格があり、
数が売れれば儲かるつう寸法の様でやす。
簡単に言っちゃえば 使い捨ては儲かる、つう訳でやす。
そこを考えずになにがエコだ!
江古田には 日大芸術学部と武蔵野音大がありやすが、関係ないけど。(爆)
成熟社会かぇ?実にほど遠い日本。
コンクリートから人間へ???冗談もそこまで言えれば立派なもんすね。
ああ、自民党は時代遅れという感じやったけど、民主党は単なる破壊者に過ぎないっす。
そう、まだしも 物の本質を外れてなかったすねぇ。麻生は馬鹿に過ぎないけどね。(笑)
ああいうのが出て来ちゃうてぇ処が もう自民党の終焉なんやけどねぇ。
しかし、どっちをみても頼りないっすよ。
官僚は優秀なんすけどねぇ。使う人間がオボッちゃまの頭でっかち、苦労知らず…
ま、中国にもアメリカにも馬鹿にされっぱなしでさ、この先どうするねん!!
スポンサーサイト
  1. 2010/10/30(土) 10:21:10|
  2. 世にも不思議|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:9

髪の毛…多分7年ぶりくらいで 伸ばしてやす。

あ、鏡みるとさぁ
貧乏神てぇ こないな顔してたかも?!

ま、しゃあねぇなぁ…(爆)
  1. 2010/10/30(土) 00:18:37|
  2. 世にも不思議|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

今日は禁酒しようと思ってたのにぃ…

ええとぉ、酒と薔薇の日々…
良いとは思ってへんねんけどなぁ…
缶ビール500mℓ2本。
これで酔っちゃいやす。   弱く成ったなぁ…

γGTP100台…真面目に物事考えてるんやろかぁ??????

禁酒なんてぇ無駄な考えせぇへんで
量減らさななぁ。
だって まだ死ねないし、
死に至るのに 廻りには迷惑かけとうないもんねぇ…
そうなんやぁ、きっと満たされてないんやねぇ。心のどこかがねぇ…
うん、適当に頑張ろう!!!!


つう訳っす。
  1. 2010/10/29(金) 00:18:25|
  2. 明日に死す!|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

また洗濯機が壊れたぁ~

AEGのドラム式洗濯乾燥機。
今年に入って 5回目かいなぁ…寿命????
参るなぁ…

ただでさえ 家事むいてないし、嫌いなんやけどねぇ…

ま、しかししょうがないなぁ、直さな 子供等の着替えが無くなるし、
奇麗で清潔で そういう事がきちんと出来る事。
身だしなみ、お洒落とはまで 行かなくてもさ、人には清潔感を与えた方がええからねぇ。
そういう事を覚えてもらわないと、だから 直す。
ううん、買い替えちゅうとぉ お金かかるなぁ…金ないしなぁ…
  1. 2010/10/28(木) 13:09:47|
  2. どうしちゃったんだ?|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

蜩の つれづれに泣く そのひぐらし

蜩の つれづれに泣く そのひぐらし
うん、哀しげなタイトルだけど、
考えてみると 蝉は 数年土の中にいて やっと3日程、お相手を求めて 泣き、飛び、大気を謳歌して
終わって行く。
カナカナカナ…でも やはり物悲しい声やねぇ。

でも、この短さを嘆くなかれ。
短いからこそ 美しくもある…
  1. 2010/10/27(水) 14:30:22|
  2. どうしちゃったんだ?|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:11

つれづれなるままに その ヒグラシ カナカナ…

そういえば 蜩(ヒグラシ)の鳴き声は 好きですねぇ。
夏の林間学校を思い出しますねぇ。
深淵深緑…都会生まれの僕には もの凄く新鮮な声でしやよ。カナカナ…はぁ!
  1. 2010/10/27(水) 14:25:10|
  2. どうしちゃったんだ?|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

そのひぐらし

うん、なんでぇブログの名前を”そのひぐらし”にしたのかいなぁと 振り返ってみた。
結構、みなはん徒然草が すきなんやねぇ。
つれづれなるままにでは 埋没しちゃうし、でも あの出家遁世的な厭世観、無常観がやっぱぁ 小生も好きなんやねぇ。でぇあやかりたいので ”そのひぐらし”を選んだんやねぇ。
でぇ、音楽やとかぁ そっただことを高等遊民しちゃう“その日暮らしの生活”という意味を重ねてるんでやす。

何か絶対にこうなんだ!てぇのは
嫌いなんすねぇ。
いつも ゆらゆらと陽炎の様に 価値観も変化し、
たよりなげでいて でも、きっちりとしたイメージを描き切る。
誰にも描けない自由な世界を描き切る。
その為の”そのひぐらし”でもある訳やぁ♪
  1. 2010/10/27(水) 14:19:39|
  2. ほんの一服|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

そやけどなぁ…

良い悪いは 別にして
演奏会(発表会)と 普通な人前で弾く状況とかぁ、試弾で弾くとかぁ…
全然仕上がりのレベルと 集中のレベルは ちゃうねんなぁ。
だからさぁ、プロすらも越えてしまう事もあるし、(全く以て 嘘にちかいけんどねぇ、あっはっは)

ただし、それだけは 確かや。
そう、音楽は ミスタッチや 細かな表現性やないんやねぇ。
ちゃんと出来たから ええ演奏ともならへんしねぇ…
そん時の 演奏が あほなんはぁ、あほやからやねん。
そや、自分の胸に聞け!だすなぁ、ははは…

そういうこっちゃ!
  1. 2010/10/27(水) 00:36:08|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

自分の演奏動画をはじめてみて

まずは 実に無駄な動き。
ドドが 海岸に打ち上げられて 身動き取れなく成って もがいてる感じでやす。(爆)

音。
うん、ミスタッチが多過ぎやす。
丁寧にゆっくり弾けと師匠に言われ続けている意味が ここにきて やっとわかりやした。

リズムの揺れ。
意味不明な リズムの揺れが多過ぎやす。
丁寧にゆっくり弾けと師匠に言われ続けている意味が ここにきて やっとわかりやした。

音の大きさ。
成り行きで コントロールされてへんねん。
丁寧にゆっくり弾けと師匠に言われ続けている意味が ここにきて やっとわかりやした。

スピード。
自分の感覚では 録音で聞こえているスピードの7割なんすがねぇ…
ゆっくり弾いているともりが そうでもないんすねぇ。
やはり、メトロノームてぇのは そういうスピードのコントロールの為に必須なんすねぇ。
丁寧にゆっくり弾けと師匠に言われ続けている意味が ここにきて やっとわかりやした。


総評
丁寧にゆっくり弾けと師匠に言われ続けている意味が ここにきて やっとわかりやした。


うん、所詮 わたしなんぞは 素人でやす…グススン。
頑張っても この程度でやすねん…ハァ~←プロと比較するのがおこがましいてぇもんやねん。(爆)
  1. 2010/10/26(火) 22:55:05|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

死んでないなら 起き上がれ!

起き上がらないと 何も起こらない。
気力がないなら 奮い立たせろ。
なんでも ええねん。動き回れ。

なんで 動物なのか。
そう、動き回るから 動物なんや。
動かなく成ったら しまいや。

だから、起き上がれ!

あさっぱらから そういうこっちゃ♪
  1. 2010/10/26(火) 10:17:10|
  2. ひとりごと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

発表会無事終了

ええとぉ、暗譜は止めて 楽譜持ち込みにしたので
気楽でやした。
気楽でやしたが それでも緊張はしてるみたいで
ミスタッチは 凄かったすねぇ。

やはり、初卸では そうそう上手くは弾けねぇもんすねぇ。
なんつうかぁ、何度は 人前でやって  しかも暗譜出来てる曲。
目を瞑ってても弾けるつう奴でやす。それを小生は持ちネタと呼ぶ訳でやすが、
50曲位 あるとええすねぇ。
  1. 2010/10/25(月) 10:06:13|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:12

じつに勇壮やなぁ…

我が庵は松原続き海近く富士の高嶺を軒端にぞ見る

うん、太田道灌はんの歌やねん。
小生の好きな歌やねん。



田舎者を馬鹿にするない、京の人。
喜撰法師やないけれど 鹿も棲むけど
この真白にぞ、
富士の高嶺に降る雪も
京都先斗町に降る雪も
同じ高嶺の雪なれど

田舎家やけど、
障子を開ければ ドカンと海を見下ろせ…江戸の前の海 江戸前やぁ♪
その先に 白嶺の富士が ドカンと見える…
どや、京の人
勇壮やろ。
東男の風景はぁ♪はっはっは…

と言う訳はどやろかぁ。
  1. 2010/10/23(土) 13:20:17|
  2. ほんの一服|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

おおお、最終音合わせ

2台のピアノの音合わせに午後行ってきやすねん。
しかし、ミスタッチが多い…
集中力を欠いているんやろなぁ?!
兎に角、集中力を上げる事やねん。

後あ、30時間後…本番が始まる。

焦りはないけど、集中力。
うん、座禅でも組みますかぁ。
  1. 2010/10/23(土) 08:50:46|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

気持ちがタイトになれば成る程、不幸と貧乏神が 隣に座る!

ああ、演奏会が近づくと 我が侭になりやす。
廻りに どなりちらしやす。

経済が逼迫すると 気持ちの張りも 失いやす。

そういう時こそ おおいに笑うべし♪

気持ちの持ちようでやす。
でも、♂は 割り切りが悪い。
頭が 切り替えられへん。

そらそやねん。
いつも 領土欲と名誉欲と支配欲に 苛まれてるさけなぁ…
実に つまらん事やねん。

イタリア人は はっぴーやねぇ。
見習うべし!!!!
  1. 2010/10/22(金) 00:54:16|
  2. 世にも不思議|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

いろはのいの路

色は匂へど 散りぬるを
我が世 誰そ常ならむ
有為の奥山 今日越へて
浅き夢見し 酔ひもせず

ええ歌でやすなぁ…
無常観つう奴でやすなぁ。

色恋沙汰も 生きると言う様々な欲望も 全ては 散ってしまう物や。
誰独りとして 人生の最幸福の頂点は続く物でもなく、人生は 限りのある物や。
人間はんの 煩悩の深い奥山を 迷いながら迷路を 今日越えてみたつもりやねん。
でも実は それすらも 越えられなかったんやねぇ。積もり積もってイースーチーソー!
旨い酒など 干してみるが ちっとも酔えへん。
人間ちゅうのは 死ぬ迄 しょもないもんや!

小生が訳すとこうなりやす。
ま、誤訳の嵐が吹いとりやすけどね。(笑)

ええとぉ、使っている言葉が 艶っぽいのが ええのっす♪

小生なんぞ、死ぬ迄悟れまへんてばぁ~♪
  1. 2010/10/21(木) 17:57:49|
  2. ほんの一服|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

子供の頃は

雨降りが 楽しかったすねぇ♪
長靴履いて あっちの水たまり、
こっちの水たまり…
ピチャピチャ♪ラブラブ♪ランランラン~♪
でやしたねぇ。

昔の家は 縁側があって みょうに歪んだ、たくさんの障子みたいな大きさのガラス越に
大概 お庭がありやした。
雨が降ってても 庇が深くて ガラス戸が 開いていて
雨の音が 聞こえてやした。

いつの頃からか
雨降りが 湯鬱になったのは 何故なんだろうか?

虫や葉っぱや蛙が 雨に騒ぎ、
喜びに 溢れていたのに

きっと そういう楽しみや
余裕が無くなったからなんやろか?

雨に振り込められて
まったりと その閉ざされた空間の中に
佇めなくなんたんからやろか。

今の子供達は 雨降りを 楽しんでいるかなぁ♪
実は 恵みの雨やったんやね。
  1. 2010/10/21(木) 10:20:12|
  2. ほんの一服|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

爆撃

ああ、生まれて初めて 昨日の昼過ぎに
爆撃を受けやした。

[爆撃]の続きを読む
  1. 2010/10/20(水) 08:34:52|
  2. 世にも不思議|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

顔は 自分の意識

小生思うに 自意識が 自分の顔を創ってるんやと。
人から見られるという事が もの凄く表情筋を動かし、
その連続が 自分の顔を創り上げているんやねぇ。
喩えは 余り良く無いんやけど…
盲人の方々は お顔の特徴が 皆、よく似てらっしゃる。
これは 自分の顔の表情が 意識しにくいからやないんやないやろかと 想像する訳でやす。

姿形…
これも 絶対に 顔と一緒やと思うねん。


お洒落じゃぁ無い人。
この人も 自分のファッションセンスを持ってらっしゃる。
そう、お洒落じゃぁない服を選んでたり、
ズボラを選んでたりでね。まるで 小生やね。(爆)

常に 人間はんはぁ 人との関係の中で 生きてるんやね。
そう、他人がいなければ 生命活動も止まってしまうかもしれへんねん。
常に 他人との関係で 自分が成立してるちゅう訳やねん。

うん、自分の顔が 若返って来たんやねぇ。
減量という事もあったんやけど、
自意識の変化が その中にあるんやねぇ。
人生の守りに 落ち込んでいた自分を 追い出せた訳やねん。


うん、自分の顔には責任を持たなきゃならんつう訳でやす。
良い表情で 行きやしょね♪
  1. 2010/10/19(火) 08:55:36|
  2. 世にも不思議|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

Design

どうやろか…
デザインてぇ、フィギュアーだけなんやろか。
マネーやかて デザイン出来るんやないのかなぁ。

うん、しょうせいは 敢えて言っちゃう!

【あるべき姿を与える!】

それが デザインかもしれへん…
  1. 2010/10/19(火) 00:54:30|
  2. 深いいい訳|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

愛の夢第三番

「おお、愛しうる限り愛せ O lieb, so lang du lieben kannst!」から始まる詩は、恋愛のことではなく、人間愛をうたったもの。「あなたがお墓の前で嘆き悲しむその時は来る。だから、愛しうる限り愛しなさい。自分に心を開く者がいれば、その者の為に尽くし、どんな時も悲しませてはならない。そして口のきき方に気をつけなさい、悪い言葉はすぐに口から出てしまう。『神よ、それは誤解なのです!』と言っても、その者は嘆いて立ち去ってしまうだろう」という内容である。

というソプラノの歌曲として作曲されたんやそうな。
イメージちゃうやん。
どうも どっかの貴族の奥方との恋愛の曲やねん。
わし、おかしいのかいなぁ…?!
  1. 2010/10/18(月) 17:55:09|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

暗譜が出来ない。…

もう、時間がないんやけど…
うん、音が 頭に入って無いんやねぇ。
兎に角、焦らず…

熱と静
別離と再会
狂おしい想いと気怠さ
揺れ動く不安な想い…

転調
音質の変化
空気の流れと変化
音の響き…


ごたごた言うてないで 弾け弾け弾け!!!

君には もう弾くだけの時間しかない。
弾き切るだけなんやねん…がんば!!

  1. 2010/10/18(月) 12:55:59|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

後15年なんやなぁ

そう、おおよそ70歳になるんや。
そこまで どうビビットに生きるかや、問題はぁ!

まずは15年で どれくらいピアノが 完成するか。
何曲作曲出来るか。

その次に 世の第一線に 復活する。
建築やのぉてね。

あっと言う間やなぁ…
借金が その数年後に返し終わる。


いろいろあるけんど、
後ろ向きや 守りに入るのは くだらんと思うねんなぁ。


しかし、夢の様だ。
一瞬の昼寝に 近いんやねぇ。
ぼやぼやは してられへんねん。
  1. 2010/10/18(月) 02:49:48|
  2. ひとりごと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

最近ゆっくりと時の流れにいれないんすねぇ。

ぼんやりと 空を眺めるとか…
一か処に留まって ゆっくりとした時間を楽しむとか…
そういう事が また出来なく成ってもぉた。

さんま祭りから 生活のリズムが壊れちゃったみたいなんやねぇ。
子供にも 真剣に振り向いていないし…

ま、どうしても 自分と対話する時間が 必要やもんねぇ。

ルーチンを確立しないと
多分、壊れていくなぁ…

しかしぃ、生活を楽しむちゅうような事が 実に苦手やねぇ。
建築やってる時も 飯も食わずに考え続け、スケッチ起こしてたもんねぇ。
四六時中、創作、創造、仕事、仕事…
病気かなぁ、
実に不器用な生き方やねん。

日常性という事が 完璧に吹っ飛んでいる人間やなぁ。
会話も苦手やし…
やはり、物に囲まれ過ぎてるんやね。
シンプルがええねん。

うん、組み立て直しやねぇ…
  1. 2010/10/18(月) 01:02:38|
  2. どうしちゃったんだ?|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ショパン

スケルツォとバラードを聴きまくっているんす。
やっぱぁスケルツォの1番と4番がええっす。

なんか、ショパン弾きたくなってきやしたねぇ♪
  1. 2010/10/17(日) 21:28:40|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

柔らかい心の中と…

現実のルーティン。
うん、乖離しながらも
バランスしながらも
生きている。

うん、そういうこっちゃ♪

この柔らかい心の中のもの、
これは 誰も侵す事 能わずなんやねぇ。

誰にも語らず、
棺桶に 持ち込むだけのもの。

だから 孤独は ええのさ♪
  1. 2010/10/17(日) 21:06:29|
  2. ひとりごと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

寂しさ

人間は 独りであるんやねぇ。
その孤独が ええのや。
自分の身が 実に柔らかい細胞膜に包まれているだけの
実に危うい存在なんやねん。

そういう脆さの中に居るいる、緊張感みたいなんが、
自分というものを みさせる。
嫌でも 見ざるを得ない。

だから、ええのさ。

そういう中に 自由があり、
誰にも所有されへん 自分が際立つのっす。
だから、人生は 味に成る。へへへ♪

ひとりごとの 楽しみ♪
  1. 2010/10/17(日) 21:01:41|
  2. ひとりごと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

覚醒

醒める事を覚える訳や。
透明に 透明に 物事の裏迄
透明に…
そう、自覚する事や。

それが 何故 覚醒+剤になると 酔うのか…うん、不思議な単語やねん。



麻薬は 酔っぱらいでやす。
あそこには 人生の真実はないやろと思いやすねん。
意識レベルが 最低線まで下がった状態やろと想像しますねん。

夢を見やすよね、寝ている時に…眠りの浅い時に!
その夢を 神の如く讃えるのは おかしな事。

覚醒とは
どないな残酷な事実があったとしても
冷静に 真摯に
それを受け入れる事やと思いますねん。

この世の 真髄はぁ
やはり…

真・善・美   なのかもしれへん。
何を言っても その前では 空しいだけなんやないやろかなぁ?!



  1. 2010/10/17(日) 00:45:48|
  2. 与太郎|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ああ、もっと…

みんな、好き勝手な事 言ったらええんやないかなぁ?!
誰に 遠慮のいるものか。(笑)

誰にも左右されずに…
うん、生きているという事。
そう、一度だけの生やからねぇ。

つまらん事は 考えないのが 一番や♪
  1. 2010/10/17(日) 00:08:30|
  2. ひとりごと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

ナショナリズム

うん、どうもあきまへん、中国共産党。(コントロール不能になっちゃった中国共産党。ネットに揺さぶられ続けてるんすねぇ、これが!あの中共が!!)
日中関係は よくなりまへんなぁ…
でぇ、そこでの中国の崩壊。

でも、義和団事件と同じ資質のナショナリズムでやす。
つまり、烏合の衆による混乱を 発生させる。

ユダヤ資本と中国及び華僑資本のつばぜり合いが、
ここにきて 表面化するんやろか。
少なくとも アメリカの軍事力、経済力の笠のしたに居る日本。
代理戦争に巻き込まれなければええんやけど。

そやねぇ、鎖国的戦略が成り立つんやろか。


総じて 現代世界の危機が 表面化してきた訳でやすねん。
今年の暮れの未曾有の冷え込み…
えらい事が やって来やす。
戦略無き政府。
戦後のツケ。
一気に清算を迫られうんでやしょうかねぇ?

モラトリアムの方法は あるんやろか。


難問、奇問の山積…少なくとも スーパーヒーローは 見当たりまへんなぁ。
お互い、無事に歳を越せる事を祈りやす…
  1. 2010/10/16(土) 23:37:08|
  2. どうしちゃったんだ?|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

あっ、なんか…秋や!

酷暑の夏やったせいか、寂しい秋や…
うん、秋風が 吹き抜けて行く。
夕方の侘びしさは またひとしおやねぇ。

この時期の薄暗さテェ奴は
昔の出力の小さな8ミリフィルムの映像の暗さを思い出すねん。
なにか懐かしい、遠い昔の闇






  1. 2010/10/16(土) 17:00:12|
  2. ひとりごと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。