そのひくらし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

山菜

野ウドと野わらびを買って来たのやけど…
重曹を入れた湯を沸かし、こ奴等に熱湯をかけ、そのまま一晩漬けたのや♪
いや、掛けただけでは 灰汁が抜けへんので もいちど ちょいと重曹水から 一煮立ちさせて そのまま一晩寝かせたのや!

女房に ”あんたあほか”と怒鳴られた。プンプン…
ウドは 生で食べる。しかも 皮をむく。先端の美味しそうな穂をとる。
わらびは グジュグジュに溶けていた…

知らないという事は しゃぁないやないけ…

しかしぃ、小生は これで 独りで生きて行ける♪
すくなくとも 野わらびと野ブキを 食べる方法を知ったからやねん!
      フンフン=333 ←自慢気の鼻息のあらさを示している!

スポンサーサイト
  1. 2009/05/30(土) 07:00:11|
  2. ほんの一服|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:14

お酒を割る…ヒヒヒ!

なんや退屈なもんで 焼酎にシークアーサー入れてドライアイス入れてみやした♪
口に入らない様に 注意を払うべし。

うん、危険やねぇ!!←凍傷のみならず、酸欠のおそれもあるやもしれへん。
どっちも かなりやばいっす。しかも 酔っぱらった状態でやる事はね!!

でぇ、煙がでて これは ジキル博士とハイド氏の気分でやすねン♪
これ、派手な硫酸銅色のカクテルかなんかで つくって 交番の前かなんかで 持ち歩いていたら いきなり逮捕かもぉ♪(爆)

炭酸は酸なので 酸っぱくなるんでやしょうが、シークアーサーのジュースが入っとりやして…酸っぱさの変化は確認できへんやったけど…

うん、炭酸の微妙な苦みちゅうか、そういう味は出やすねぇ♪

炭酸で割るんやなくでぇ、ドライアイスで割る…うぅ~ん、ナウイやないけ!!!(爆)
  1. 2009/05/29(金) 21:24:02|
  2. 与太郎|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:8

モシェコフスキー

 ユダヤ系ポーランド生まれ(全音出版の解説ではポーランド系ドイツ人)で凄いピアニストだったんだとか?
19世紀半ばにうまれ、1925年まで生きとらした偉い先生なんやって!
古典派はチェルニーで 充分やけど、ショパンやドビュッシーとらラベルとか…ロマン派以降は 技術、和声が 違って来てるんやと!
でね、モシェコフスキーの15の練習曲(楽譜棚で埃かぶってやす、ははは…)やとか やるとええんやと言われとるんやけど?!

結局、ショパンが 好きやから 平行してやるんやろか?
大体、モシェコフスキーは 凄く早いパッセージが多く、コロコロ言ってる感じなんやねんなぁ?!

15の練習曲作品72-6なんか、結構弾かれてやす。あと、ホロビッツが得意にしていた作品36-6(花火、英語名はSparks)なんか ええっす♪
ホロビッツ演奏の作品36-6は これ!
     ↓
http://www.youtube.com/watch?v=75ZAOwgzoAE

師匠にそうだんしてみよっと♪


よぉわからんのやけど、旋律、音色が 古典とちゃうんやろかぁ?
なんか、コロコロと均質な音が転がって行く…そういう事なのかなぁ?
  1. 2009/05/29(金) 13:08:02|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ピアノタッチ

黒鍵の木目の感触を楽しみなさい!
と師匠に言われた事がありやす。将に タッチなんでやすねぇ。
ほんとに 神経を指先に集中する…あのアクションの ふんわりとした戻り感。

鍵盤がスポンジ状態になった様な感触…その時の状態が理想やろと思いやす。
もの凄く軽いタッチでやすねん。
やはり、手の平が 腕で吊られている、浮いている感じでやすねん。

そう言われて そうなんやけど…

どうイメージを伝えるか。

もの凄く難しい。

何故かというと その意識が全くない人には 違う形から入っていかないと行けないからやろなぁ?!少し判って来ている人なら…その程度に合わせての イメージトレーニング!

適切なイメージトレーニングが与えられる事が出来れば ちょいと背中を押してあげれば 出来ちゃうかもしれへん。
あとは その感じを指やら手首やら肘やら肩やらに 覚え込ませてあげればええねん。

ああ、そうかぁ!タッチは 指の動きだけじゃぁないから 難しいのやねぇ♪

まさに 椅子の座る姿勢まで 関係してくるさかいにね。

そう、

スポーツでフォームを覚える様なもんなんやねぇ!
  1. 2009/05/29(金) 04:17:29|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

Touch

そう、ピアノのタッチ!
これは 教わる事の難しい感覚 やとおもいまんのやねん。
ヒントは もらわなければ 気が付かないし…でも、教えられて 出来るものではない様な気ぃしやす。
弦楽器のボーイングも タッチと似てるんやと思いやす。極めて繊細な感覚で…

うん、音楽と切り離して 独自に存在するもんやないと思いまんのや!
タッチによって 出る響き…それを 知る事。良い音てぇのを 覚える事なんやと思いやす。

そう、それは 自分で つかみ取る感覚 なんやと思いやす。

良い音を知らなければ タッチは わからないのだろうと思いやす。

音なんでやす。響きなんでやす。

音と指先の関係を知る事 なんやろと思いやすねん。

従って これが正しいという事てぇのは なかなかない。確かに 原則はあるけど、個性的であって ええのやと思いますのや。
二人として 同じ音色は 無いんやと思いやす。  それが 素敵やねぇ ♪

楽器も 実は そうなんやろと思いやすなぁ!みな 癖がある ♪


だから、和音の響きを聴く…同じ和音でも 曲の流れの中で 意味合いが違って来る。
そういうもんで…絶世の響き…その時の指の感覚は そこだけに、その響きを出す為だけに存在してるのやもしれへんなぁ?!

タッチは 音の響き、音色を醸し出す 
 指先の感覚なんやと思いやす。

もっとも 腱鞘炎にならない事とも関係あるんやけどぉ!(爆)
  1. 2009/05/28(木) 12:55:17|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

本日は 確かレッスンやったと思うねん。

ぼちぼち、ゆるゆると再開しようかいなぁ?!

コンクールは 今年はあきらめやす。サントリーホールで弾きたかったけどねぇ…
ま、ええねん。
小生は 取りあえずどこでもええから 最優秀賞とりたいねん。
今の実力じゃぁ ちょいと遠いもんね!
もうちょい、頑張らねば あきまへんす…手痛めない様にね♪

相変わらずBachのインベンションやっとりやすが、 近頃5分で いいとこ長くても10分でレッスンはおしまい。
とりあえずツェルニーを再開しようかいなぁ?!

手は まだ違和感あるけど 大分状態はええねん。
無理さえ しなければ 回復に向かっているのが 感じられる。

どうも、気が抜ける。
音楽に対する集中力が ない。
やはり 基本はピアノなんだなぁ!

だから…そろそろ、始めようかいなぁ?!
  1. 2009/05/28(木) 06:39:57|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

Bachは時計仕掛けのbananaか?

Bachは 数学であるとか あのチェンバロの暗い生真面目な音の様な印象から 機会仕掛けの、教会仕掛けの キチキチキチキチという正確な音を刻む様な 生真面目な音楽と思ってやした。
原典版には なんの指示も無い,逆にもの凄くストイックな音楽なんやと想像していやした。
キリスト教的宇宙観という、修道院みたいな 極めて生真面目なイネージが 頭の中を支配していやした。

でも、どうやら違う!

リズムがあれば 踊る訳で…
音は お洒落で…

そういったものを 出して行かないと 枯れてしまって 無味乾燥なもんで 暗くて 生真面目で 奈良漬け程の 酒精も無く、エロスもなく…そこには ミューズもたむろせず…

ああつまり、Bachは 音楽でなければ いけない!

小生は ひたすら 勝手に勘違いしていたのや!
小生は 勝手に Bachを 嫌っていただけなのや。

だから、嫌いで苦手やったんた!!


音楽の扉は 勝手に開いている事もあるのやけど どうやら …

ノックをして そこに入って行く必要があるようやね ♪


そないな 当たり前の事に 近頃気が付いたてぇ訳やねん。
あいかわらず おそまつな頭やねんなぁ。(苦笑)
  1. 2009/05/28(木) 06:33:36|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

黒猫室内楽団メンバー募集

我々は 生音を街に 溢れさせるのだ!
そういう趣旨の元に 集まった素人玄人の音楽家の集まりでありやす♪



楽団員は まだまだ途上の人で構成されています。
初心者大歓迎!
再開組大賛成!

bamaman君大歓声!

4年後に慰問、ストリートパフォーマンスを実施致しやす。
結婚式の出前も行う予定でございやす。

現在のパート別構成メンバー( )内は休憩チ中のメンバー

チェロ 2(1)
ビオラ 1
バイオリン 4(1)
ピアノ 3(1)

ソプラノ 4(1)
アルト 1
テノール 1
バス又はバリトン 1

フルート 1

バイオリン制作職人 1

曲目ジャンルは 問いません。
クラシックアンサンブル。
聖歌
歌謡曲、ポピュラーソングなど…
  1. 2009/05/27(水) 19:10:14|
  2. 黒猫室内楽団|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

楽譜の整理

楽譜整理していたら”スターウォーズ”のテーマの譜面が出て来やした。
和音多いので手に悪そうでやす。
和音の響きは 独特で おもろいっす♪
”島唄”の楽譜も出て来て 弾き語ってみやした。
小生は 音域が低いので ファルセット多様でやす。

どうしたら、合唱の練習が出来るのやろか??????
どうも集中力が無いっす。

あないな奴は一気に 覚えたろと思いやすねん。
つまりぃ 譜面の整理…とにかく整理が苦手な ぼくちゃんなのでありやす。
コピー譜てぇどうやって扱ったらええのやろかぁなぁ?????
  1. 2009/05/27(水) 14:16:15|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

二胡買いやした♪

室内楽団はクラシックで勝負出来る程、成熟しとりやせん。
どうやって 人を楽しませるか。
それと我々の楽団の個性を出すか?

うん、民族音楽…そういうのは 8度の平均率ちゅうよりは ペンタトニック(オクターブ内が5音で構成されている旋律)が 殆どやと思いやす。
これは 旋律の主調、性格が はっきりしていて 誰がやっても沖縄の旋律を使えば沖縄っぽい音楽に成り、Jazzの旋律を使えば Jazzっぽくなり、中国の旋律を使えば 中国っぽくなりやす♪
そういう意味で メロディーラインを、西洋の音楽(クラシックなど)と違って 極めて 自由に 扱えるんでやす。

うん、二胡だとか 篠笛だとか どんどんと取り入れたいでやす。

追記:二胡が来たのは良いけど 入門書を買っていないので 調弦から弾き方から一切わかりやせん。これは おじさんの 大失策でやした。(爆)
  1. 2009/05/26(火) 14:06:27|
  2. 黒猫室内楽団|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:5

安全性と言う事!

 何が安全性(セーフティー)に近づく一番の方法なんやろか?
危険な方法を駆使して 安全である基準を達成して 果たして結果が ついて来るのやろか?
はなはだ 疑問でやす????

 例えば 自分の子供達が 適切な教育が得られて しかも 幸せな結婚が出来、我々も 不安のない老後が得られる(←喩えにしても ナンセンスやねぇ!ガハハハ…)のは いくら必要か?と設問を設定しやす。

 考え方によりやす。
1,000,000,000円という人もいるでやしょうし、10,000,000ドルというひともいるでやしょうし、10,000,000,000ウォンというひともいるでやしょうし,
1,000,000円という人もいると思いやす。
じゃぁ、無理して1,000,000,000円を得たとしやす。無理せず1,000,000円得たとしやす。
ここでも 運とか価値観とか 様々なファクターが 影響しやすが、強盗をして 1,000,000,000円を得るのは 果たして安全性(セーフティー)があるかどうか???
はなはだ 疑問でありやす。
一方、無理なく1,000,000円得た人は 少なくとも安全でありますなぁ♪

 つまり、目的、目標がなにか…手段が その目的を遠避けてしまうと言う事は 充分に考える訳でやすねん。

 いつもバランスを推し量って行くのが ええように おもいまんのやねんなぁ?!

凄く難しい問題でやす。
結果が付いて廻れば OKかもしれやせん。
まずい方法でも 結果オーライなら ええのかもしれやせん。


ここから 話は急展開しやすねん。安全性なんで求めるんやろかねぇ?
小生は 思うのでやす。
これらの問題は 結果ではなく、満足とか 幸福感の問題でやして…
きっと、人生は トラブルの連続であるし、いつも 必死に 難を避け、
そいでもって ある程度 難をくぐり抜け…ううむ、論点はずらしておりやす!ふふふ…

ああ、それでも やって来れたんやなぁ…つう、つかのまの 晴れ間の様な…
そして 明日 また 立ち向かって行くぞ!という 【生きて行く勇気!】みたいなもんなんやないかなぁ?!それが この問題を解決する唯一の方法やないかいなぁ…とね、漠然と思う訳でやす。

いづれ、誰でも産まれたからには 死にやす。
死ぬ時期と方法は 残念ながら 選ぶ能わす…

そう、思う通りになんか 行きやしないっすよね♪

【実験室に於ける万人の再現性!】…
この部分では 空しさ…虚構、空虚と言い切ってもええかも…

城春にして 草木深し…

そういえば 草の匂いを嗅いでないなぁ…ずいぶんとね…

  1. 2009/05/25(月) 22:25:18|
  2. 世にも不思議|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

アナリシス

頭で音楽を考えるつう事…実は 皆 必要なんやと思いマッス♪



 音楽の構造分析チュウくらいの意味でやしょうか?アナリーゼ(多分ドイツ語)ともいうんやけど…そう、音楽に屁理屈なんざ いるんかい?

つう訳でやす。
が、例えばポリフォニーか、モノフォニーか、その事を知っているかどうかで 曲の弾き方が変わっちゃう。作曲者の意図、つまりぃ わいらが ピアノを弾く為のヒント、イメージを創る為の断片が散らばっている訳で…屁理屈チュウ前に 

実にお宝、宝石に 溢れ返っているんでやすよ。

残念ながら わいら 音楽正規教育を受けてへんもんで それらの

専門書読んでも 何一つわからへんねん。

つぅ経験ありやすよねぇ?!

小生は あほらしいから 専門書なんざ 鼻から見まへんねん。(笑)


実感のあるルールブックを探すだけでやす。


しかし 大概のヒントは なにげに 師匠からレクチャーを受けていやして ま、実は 受け売りに過ぎないもんでやすよ。かなり、ええヒントでやすがね!(笑)
でね、そういう事が おかげで よくわかるので きっと ヒントを受ける環境になければ 永遠に気が付かない事もあり、それでは せっかくの

ピアノへの努力、ピアノが大好き!そういう気持ちが もったいないっす。



音楽が 好きな人が 一杯増えるとええと思ってやすねん♪それが とても大事に思うのやね、小生はね!

ま、新興宗教てぇ訳でもないしね。余計なおせっかいは 最小にしときたいもんでやす。
節度ちゅう事は 失わない様に 注意する事。
人の世は そういうルールが 転がってやすよね♪うんうん…♪
  1. 2009/05/25(月) 19:35:55|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

こういう時になんですが!

医療現場でもマスクが手配しにくくなっていると思いやす。
ええと 買い占めされた皆様、本当にマスクが必要な処で 不足の兆しが見えて来たら 寄付して頂けやすかね?
あなた方にマスクは 不要やと思いやすよ。衛生学的にもね。
それよりも 医療従事者達にマスクが行き渡らないと あなたが罹患した時に 救ってくれる人が 現実問題としていなくなりやすよ。
それこそ、深刻な問題でやす。

これは 社会崩壊を意味しやす。
ま、実は 不足しているのはマスクというより知識と知恵なんすねぇ。
不足している知識と不足している知恵は いくらでもお貸しいたしやすから、足下をほんのちょいとだけ 見つめてみてくだされ!
決して悪い事ではありやせんぜ。

今回 罹患した方が 安全であるという事も考え方としては あるんすよ。
ほんとの恐怖…それは 群衆心理。流言飛語、そして 官僚機構!
  1. 2009/05/25(月) 11:20:34|
  2. どうしちゃったんだ?|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

あのさ

譜面て 毎日かなり読み慣れてないと 瞬時には 読めなくなるんでやすねぇ。
指も つられてついて行かなくなるんすねぇ…

当然、タッチは失われる…つうかぁ 余裕なくなり…

うん、つまりピアノを弾くとは 日常的にピアノに 慣れ慣れしているつう事なんかいなぁ?
でないと 彼女はそっぽを向いちゃう…

ぼくちゃん 困っちゃう…
  1. 2009/05/25(月) 08:08:15|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:4

ああ、今日は…

指が 全く動きまへんでやした。

こういう事なんでやすね。
休むという事は?!
もいちど 出直せばええんすね…
  1. 2009/05/24(日) 23:19:33|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

パイプオルガン

あれは 何千本という単位の管で出来ているんだすな!
驚くべき数字でやす。
驚くべき音響でやす。

その組み合わせを考える作曲家、奏者…しかも 操作パネルでなく、楽器に留まっているという事の驚き…

オルガンによっては 鍵盤が7段もあるのがあるんやとか?
もう上の方は 鍵盤が斜めについていて 一番上の鍵盤は 殆ど垂直に付いているんやとか!!
オーケストラより音色を持ち、音の厚みを持ち、大音響を持ち…

この仕組みの凄さを知れば 成る程、教会堂は オルガンの為の共鳴胴だといった人の気持ちがよくわかるし、それは ほんまの事実かもしれへんなぁ?!

だけど、そこ迄して 宗教の中心部に 何故音楽があるのやろうか?

想像出来る事は 整然とした理論、調性という宇宙にも似た美しさ、数学、物理を具現する宇宙的真理…そんな事なのやろかいなぁ?!

ヨーロッパに行くと建物がヤジロベィみたいなアクロバティックなバランス原理で出来ている。
日本と違って 地震がない。姉歯がいない。(笑) 国交省がいない。(爆)
小川審議官がいない。(軽蔑)

もの凄くシンプルな数学(構造力学)を 描く事が出来るんす。
美しい…

植生も単純であり、整数の美に 溢れかえっている。そういう世界なのやねんなぁ。

従って ヨーロッパの風土が産んだ天才がBachなのかもしれへん!
キリスト教は だから 音楽とか数学とかを通して 神と交信していたのやねん。

しかし、我々は ミルク色の大気の中に ぼんやりとした輪郭で 幻想に浸る事を許されている穏やかな民族なんやねんなぁ♪
  1. 2009/05/23(土) 06:51:34|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:10

Father`s Suport

明日 子供の運動会でやす。
えっ、この歳でぇ…ふふふ…

ま、そないな人生を歩まさせて頂いてやす。
命名は 嫌いなんやけど 総意で決まりやした。

           【親父の会!】

でもさ、なんだぁ…みんな 何かしたかったんやぁ~♪

うん、父親てぇ 一体なんなんやろかぁ…??????


皆、小生と同じ様に 道に迷い…そして なにか 貢献したいんやねぇ♪
僕たちに出来る事…人は独りで生きて行けないのやねぇ…ツクヅク

行政などは 蹴りをいれてしまえ!あはははは…つう訳で 取りあえず、馬車馬の如く 働いてみやす。
皆、その 手応え、実感があるとええなぁ♪
  1. 2009/05/22(金) 23:05:03|
  2. 明日に死す!|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

Bach

バッハを弾いているば 上手くなる。
バッハだけを練習していれば 充分である。

と、著名なピアニスト達も 異口同音に おっしゃる。

そうなんだろうなぁ、きっと…


小生へのバッハのプログラムは インベンション、シンフォニア、フランス組子曲、平均率である。
一体いつになったら終わるんやろか?
きっと 死ぬ迄やり続けるんやろけど…
ならば…覚悟を決めて…
どうしたら 好きになれるんやろか?


なぜ、難しいのやろか?
きっと、ある程度弾ける様になるのに 
時間がかかるから。
かかりすぎるから 嫌になっちゃうのだろうねぇ?!

時間がかかる。
だから,勉強になる。
丁寧に弾かないと弾けない。
だから,勉強になる。


嫌でもなんでも バッハを通過しなくてはなりまへんのやねん。
  1. 2009/05/22(金) 17:02:09|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

教会堂

うん、実は
カテドラルは パオプオルガンの為の共鳴胴
であったのだ…
という事をおっしゃるかたも いらっしゃるようで。

うん、納得がいくねぇ♪

中の、ドームの あたかも天上から 音楽が降りて来る様な感覚!
素晴らしいっす♪

そうカテドラルが 丘の上の古い都市の群体の 見事な重心となり 都市景観をまとめている。都市の為の教会堂なのか教会堂の為の都市なのか…

そういう
あらゆる事象の 次元の 中心に 
カテドラルのパイプオルガンの響きがあり、カテドラルの中心のドームから
 天上の音楽が 降りて来るのだ。
この 見事に考え尽くされた演出。構成。

否が応でも 宗教という凄さを見せつけられる。(ちなみに 白人種に宗教は?と聞かれて、無宗教ですと応えると 相手してくれなくなるんやそうです。それ、よくわかるなぁ?!)
マンハッタンの摩天楼を 十二分に凌駕するモノなんだなぁ!


そやそや、砂漠のモスクの尖塔から 歌うコーランの響きを聴いてみたいなぁ、いつか!
そういう意味から 平和になって欲しいし、アメリカ型のエゴイスティックな経済が ゆるやかにでいい!変化してくれる事を望むのやねぇ!
  1. 2009/05/22(金) 11:45:08|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

ひたすら…

音楽の事とか 音楽に対する想いとか…

書き続けたら、ピアノ弾かずに済むやろか?

一度弾きだすと 

止まらなくなるのやねんなぁ。

おいら、病気やろか?


ええとぉ、ベッド撤去することにしやした。
シルビーちゃんに負けやした。

本日、ペットシーツの合間を縫って シーツが 久方ぶりに やられやした。

床に布団敷いて 寝る…そいで 起きたら片付ける方式にしやす…アーメン!
  1. 2009/05/21(木) 01:17:35|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

あはは…なんなんやろかね…

インフルエンザ問題よりもCO2問題の方が 大変な話なんでやすがねぇ。

WHOに対する批判が 専門家の間で高まっている様でやす。

マスコミは あいかわらずでやすし…


はぃ、本当に恐ろしいインフルエンザ問題では 3年後位やろうと思いやすが…それは 凄い話が想定出来やす。多分…
自分だけの事考えれば考える程、混迷の度合いが増しやすねん。
あの、マスクしても 救われませんてぇ…

今回の問題で WHOの権威が落ちると 大変な事に成りやす、たぶん…

社会として こういう波を 小さくするには どないにしたらええんでやしょうかぁ?

ほんとうの肝心な、危険な時の対処が 大事でやすし、大概 【弱り目に祟り目!】で 来やす。
そっちの方が大事でやすし、駄目なら駄目で まだ、その事で人類が 滅びる訳ではないのやねん。
だた、私かあなたのどちらかは 滅びなあきまへんのやもしれへん…

ま、それは 考えても仕方の無いことやねんなぁ、一個体としてはね♪


  1. 2009/05/20(水) 22:54:37|
  2. どうしちゃったんだ?|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ワルトシュタイン

中学生時代から高校の初めの頃、それこそコソ練ちゅうかぁ レッスンの練習は相変わらず一切やらずに 楽譜買って来て遊んでおったんやねぇ、ベートーベンのソナタ。
レッスンでやらされていたのは1番だけで 8番、12番、14番、17番、21番、23番、26番と弾いておったんやねん。←あはは、結構スノブな選曲やなぁ!

思い出したんやけど、ピアノ止ると同時にベートーベンに嫌気がさして jazzとか出鱈目音楽に その頃、走りやした。
ロックは 完全に馬鹿にしてやして そいでもって 民族音楽に 傾いていきやした。
もうもう、ピアノなど まともに弾いてやせんでした。山下洋輔でやすよぉ。(笑)
げんこつで鍵盤叩いたり…ははは♪

 口三味線で 偶発音楽を 複数の人間でやったり…結構面白い事もしていた記憶がありやす。クラシックのルールに嫌気がさしていたんやろなぁ?!


でぇ、21番ワルトシュタイン…弾いてみやして 

子供の頃怪しかった部分も … それなりに …

きっちり弾けるんでやす。

ま、弾き込んでる訳やないので 表層を撫でる程度のレベルでやすがね。(笑)

ま、実際は 丁寧にさらい直さないと 子供の頃の雑な譜読みをあちらこちらに 発見しやす。
ま、そういう事も含んで…これらは 皆 弾けちゃいそうでやすが びっくりするのは 覚えているんでやす。


間違っている所迄 覚えているんだす
               …
でぇ、ワルトシュタインを全て弾くと 力 入ってへんのに 手が痛いのでやす

状態から言うと 弾くの止めて1週間目の状態に 戻ってやす。

もぉ、厳禁でやすねぇ…フゥ~…

しょうがないので 仕事でもしますかいなぁ…ふぅ~
  1. 2009/05/20(水) 17:28:21|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

実は…

一昨日からBachのインベンションの6番~15番を聴き続けて いるんす。
いやいやのBachでやす。10ヶ月でたったの7曲しかあげていませんのやねん。
どうしてか?
それだけ難しいという事もあるのでやしょうが、あの楽譜では 混乱する様な運指!
ちゅうか、音型!むしろ ハノンは 凄く素直でやすよ。(笑)
そうなんや、音を漠然と覚えてしまうという方法に 業を煮やして 突入した訳でやす。
あ、当然グールドは避けていやす。
あやつは 天才過ぎて 手に負えまへんさかいにね!

ピィーター ゼルキン(ルドルフ ゼルキンの息子)で 聴いてやす。
うん、常識的でやす。が、小生には これがいいのでやす。
教科書でやすよ♪

なんで 標準的なものをお手本にしるんやろかは わかりまへんがね?

うん、癖の少ない方が 自分で変えられるし、それでも よく聴けば 当然小生のレベルなんざ 十二分に凌駕してやす♪
手本は スタンダードにちかいものが ええように思いやす。

ゼルキン氏を馬鹿にしている訳ではありやせん。
でも、曲想を 盗んじゃう訳でやすから やはり、それには スタンダードが宜しいと思うのやねぇ。

おいらの師匠は 模範演奏致しやせん。
ピアノ教師としての 一つのあり方でやす。
特に 小生の様な癖の強い個性を 相手にする場合には 個性をぶつけると 個性同士が戦っちゃいやすからね。
かれの半世紀に渡る教師生活の結論的やりかたでありましょうか?!

だから、非常に客観的に 勉強させて戴いてます。
ある意味で きっと 芸大流なのか?!

ま、もっとも 彼氏は 芸大でも 桐朋系の先生についていた様で。(笑)
教え方は 個性をぶつけるつうのもあるのでやしょうが、そうじゃない方法にいきついた。そいうい処に ある種の陰もみない訳ではないんすがね。そう思うと なおさら 師匠が好きになるのでやすねぇ♪


でね、これから 実践でやすが、これで 効率よく進むのではないやろかと 期待はしてやす。譜読みが苦手なわけではないのでやすがね、
Bachには 譜読みなど無力である
    …事が わかってきたからなのかいなぁ?(爆)

うん、弁解しとくけどさ、あくまで 頭で考える音楽をやめちゃう訳でなく、指を覚えちゃうのに 通常の譜読みでは 苦労が多過ぎるちゅう事なんでやす。
感覚的にせまりながら 譜面に戻りやすねん。
それが、べんきょうでやすからね♪
  1. 2009/05/20(水) 00:25:53|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ちょいと弾いてみた

合計2時間 ……………………………………………………………………… 以上やなぁ………ポソリ
おっ、調子いいじゃん♪
痛みも無いしぃ…うん、少し違和感はあるんやけど…

調子こいた…

      痛い

腱鞘炎を確認する為に 弾いてみた訳やねん。はっきりいって アホや!

今週は行けへんけど、来週は 腱鞘炎のお医者さんに

       絶対に 行く…

自分の状態てぇ わかんないすぅ。
痛み薄らいで来ると こんなんで 診療所行くの 根性無しみたいやないけ!つうふうに 思っちゃうんやけど…でもやはり、そうじゃぁないんだ!
大袈裟だとか、外聞を気にしなくて良いんや。


      自分の手やないか!!



  1. 2009/05/19(火) 15:51:08|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:12

境地

 ある時、つまらない事で 開眼する事がある。
殆ど全ての事は 日常性の繰り返しのなかに 織り込まれちゃってる。
でぇ、同じ視点で 同じ価値観で 当たり前の様に 繰り返しているだけ…

退屈して 駅からの道をちょいと変えてみる。
もの凄く、街が違って見えたりする事がある。
台風が過ぎ去った夕焼け…今日の街は もの凄く新鮮に感じる。そう、あまりにも鮮やかな夕陽…

ちょっとした視点の変化で 自分が大きく変わる事がある。
それを 境地と呼んで良いのだろうなぁ?!
しかし、最初から 境地などという位置には着けない。
ある程度の日常の繰り返しを経て コップの水がオーバーフローするように 何かが 自分と言うコップの中から溢れ出して来るのだ。

腱鞘炎になって 力を入れない弾き方をする。
なんだ、簡単な事だったんだ!

左は 同じ早さでは 力が入る。
指が 同じ様には動いてくれないからなんだ。
でも遅くすると 力の入らない触り方のイメージがやって来る。

当然完璧ではない。
でも、以前よりも 安定的に力が抜けている。更に 出ている音とその時のタッチが 冷静に わかる。
どうという事も無い。今迄出来ていたのだが、雑であった。
弾くのに夢中になり過ぎていた。
でも、今は そうではない。よくわかるんだ、自分の弾き方がね!

突然 鉄棒が出来ちゃう様なもんだ。
頭でなく、体が 出来ちゃうんだよね。

だから、この世は 楽しいのだ!
  1. 2009/05/18(月) 18:12:59|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Bach

 相変わらず、ようわからへんのがBach!
でも、少しづつ 頭にはいってきているのやねん。

 ま、そういうこっちゃ!
何とも 楽しいのやねぇ、二声♪
しかしぃ、相変わらず 三声になると 複雑過ぎるのやねん。

 一体、鍵盤から 同じ音が出る限り、何声までが 識別して 意識出来るのやろかぁ?
少なくとも おいらの 頭では 三声が限界やねぇ。

 しかしぃ、左手パードで バスとバリトンは あるやないけ…
うん、でも もうゴチャゴチャやねんなぁ。

なんちゅうかぁ…それでも 理解し続け様としてると 何やらボンヤリとは こういうもんやねぇ、とそこはかとなく 感じる様にはなるのやねぇ?!

 小生の大好きなショパンが 弾き続けていたBach!
だから 許してあげようかいなぁ、Bach!(笑)
  1. 2009/05/17(日) 21:49:33|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

元赤坂診療所

東京都港区赤坂1-12-33 
ANAインターコンチネンタルホテル東京1F
TEL: 03-3560-6465 FAX: 03-3560-6467

うん、こちらにいってみやす。
大した事無い事わかればええし、完治させときたいす。

どこが違うか…報告しやす。
  1. 2009/05/17(日) 12:12:07|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

単なる心境の変化かいなぁ♪

良い歳ぶっこいて ピアノピアノを続けて来た訳でやして…
手を痛めて なんやら距離を置かざるを得なくなって 妙に清々してやすんですぅ♪

全く弾かない方が ええという見方もあるし…

大体 10分弾くという感覚的尺度は どうも小生の場合は 実際の25分位の感じでやして…
ついつい、見晴らしのええポイントに立っちゃったりしやしてね。

でもね、おかげさまでね、ガツガツする感じが なくなりやした。
情熱が醒めた訳でなく、ええ具合に醒めているのでやす。

ま、人間ですさかいに またバランス失調には いづれ 落っこって行くのは ひをみるよりあきらかなんでやすがね。

しかし、手がシビレやす。
一昨日、親友と話してやして 心配していろいろ調べてくれたみたいで どうも半年は 自重せんとあかん様な事 教えてくれはりやした。
それでも治らない…そないな事もあり得る訳で…ふふふ、自業自得でやすなぁ!

一生、付き合っていく事にしやす。
そういう、一種の挫折感は 滋養やと 思う事にしやすよ♪

しかし、それにしても 見晴らしが良い♪

そういえば ちょいと前に オンモに出て 夜空を眺めやした。
星はみえませんねん。
星空が なつかしかったんでやすが、南から どんどん風が押し寄せて来てやした。

うん、南の大将は だんだん元気よくなってきやした。
スタンちゃんの湿度管理の季節でやす。

相変わらず、シルビーちゃんの便所と化した寝床でやすが、そろそろ 電気を消して 明日の夢を見たいと思いやす。

うん♪眠れ…悪い子達よ♪
夜の、夜陰に紛れて 踊り狂う悪魔たちも そろそろ眠りに入るかなぁ。
えっ、まだ12時廻ったとこやないけ…夜は これからよ!

うん…


  1. 2009/05/15(金) 00:13:57|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:19

30番練習曲が 技法の練習曲

40番練習曲が 熟練の手引き

50番練習曲が 指使いの技法

そういうタイトルがついているんだそうな!


 小生は 40番の19番が 大好きでやす。1の指の上を起点にして 右に左に 2の指が

飛び回る…1と2の3度程度の指潜りに 過ぎないのやけど…それだけで12度位のアルペ

ジオの山が 曲を彩っていくんでやす。

シンプでかわいらしい曲なんでやす。

ところが かなりの方が この曲でツェルニーを挫折するんやそうな?!


 この曲を越えると どんどん難しくなって行くのやねんなぁ。

最後の5曲位は もうもう練習曲を越えて 立派な曲でありますなぁ…

この5曲が いろいろな扉を開いてくれるのでやす。


 その前山が 40番の19という訳なんやろねぇ。

そう そして 終盤へ到着。この5曲位かなぁ…


 …熟練の実り♪



      まだ 到着してはらへん方々へ!

     早く ここまでおいでよ。


  素晴らしい景色なんでやす♪


        おいでを お待ち申しやす!



そして始まる 指遣いの技法!…………

  1. 2009/05/13(水) 12:29:05|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:12

ついでに”エリーゼの為に”を考えちゃう

アウフタクトで始まるのは知っていた。
しかし、しかし…今始めての発見! またかよぉ~

な、なんと 8分の3拍子…

一体、何故 6/16でもええやないかぁ?16分音符を8分音符に表記すれば 3/4?
うん、ワルツでは ないのやねん。
どこが違うか、考えた…

                あっ…

(ラミラ)(ドミラ)/シ…  そう、音の塊が 二つになってる。16分音符表記のほうが譜面ヅラも緊張感があるし…そういうビジュアル表現性もあるんやろなぁ。
そうか”3とか6/8”というのは 3でも割るし2でも割るちゅうリズム表記なんや! 

分母8というリズムはぁ
2拍子系を3つに数えられる… そないな約束事を秘めたリズムなんやねぇ、きっと!!
         ↑
        こういう大事な事は どこにも書いてへんねん



そいでもってお洒落なリズムやったんやねぇ♪


譜面でもって かなりの事が表記できるんやなぁ…今頃気付いていやがる!




  1. 2009/05/13(水) 06:21:23|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。