そのひくらし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

さて、小生にとって 今年最後の…

10/30日 建築家の組織の会合の二次会(打ち上げパーティー)で 同士による音楽が補助的な、つまりぃバックグラウンドの演奏をして参りやした。
チェロの伴奏を終え、全くのバックグラウンドの演奏をピアノでして参りやした。
モーやんのピアノソナタKv330を全楽章と若干のショパンのワルツとか 軽めのものをやって参りやした。その後で仕舞に 60年代を中心としたフォークソング、グループサウンドの歌をチェロ、バイオリン、ピアノで伴奏してまいりやした。
これは、打合せをして 大まかな事だけ 決めて 殆ど流れにまかせて アドリブでやすねぇ。
これはぁほんまに面白かったでやす
バイオリニストは 音楽的に 一歩も二歩も 先にいる方で ま、そういう音楽監督みたいな方が いる事で可能なプログラムでやした。
この先のアンサンブルの可能性を 手応えとして やって来やしたねぇ。うんうん♪

クラシックよりも イージーに楽しめるし、わいらアマチュアの 目指すべき 一つの可能性でありやした。

ほんまに 今年は 小生としては 実りの多い年でありやした。
うん、それだけに 反省すべき事のみ 目に付く年でもありやした。

ほんまに、クラシックちゅうのは 難しい!
そ、どうしゃっちょこ達してもね、プロの連中には かなわないのでありやして…だから クラシックをやっては ならん、ちゅう事ではないのでやすが…
そ、楽しみ方は 人それぞれでありやすがね、慰問だなんだ…それは 自分達が 楽しい!ちゅう事よりも 聴いている、参加している 皆様も 含んだ、それなりの【楽しさ!】を目指して行かねばならんのでありやすなぁ。
技術も音楽性も 絶対に高めたい!
しかしぃ、その為の 発表が 【我々、黒猫室内楽団の目的ではない!】…ちゅう事を痛感する、暮れのまだ浅い、この時期に 暮れは色に 小生としては 彩られたわけでございやす。

ま、音楽をやりたい、ちゅう中では ちゃんと音楽と向き合わねば 我々も欲求不満に陥るわけで…
うん、だから 両輪でいきやしょう…と、個人的には 思うわけでございやす♪

みんな、これからも 宜しく♪
スポンサーサイト
  1. 2008/10/31(金) 23:32:07|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:12

ピアノ派か弦楽器派か?!

ビオラを始めようちゅう訳でやすがぁ、一体小生は何派なんざんしょ???
弦楽器、やはりあの暖かみのある木目とニスの色…そして柔らかい音色。
音色が歌う…
弦楽器は なんと言っても 木の温もり…ずっと金属音よりも柔らかな音色。飴色の髪の乙女…
やさしいねんなぁ♪で、情熱的でもある…

ピアノは、なんてったって 和声がある。
一人でオーケストラがでける。(限界あるんやけど)
ピアノ曲らしいピアノ曲のピアノの音色は これは なかなか勝るものがない。
特にピアノのは 200kgも400kgもあるあの黒い大きな箱と 格闘する様な孤独な戦い。もの凄く特徴的やねぇ。
木目とか猫足とこ 装飾性の高いピアノもあるんやけど、小生は 弦の部分の金属的きらびやかさと黒とフェルトの赤…華麗なる燕尾服。ちょいときどってやすねぇ。
カッコええねんなぁ♪

アンサンブルを目指してみたら 一体何の楽器が好きなのか?楽器の何が魅力なのか?そういう事に もの凄く興味がそそられやすねん。

そやねぇ、どちら派かというのの決めては 例えば次の様なポイントではないでやしょうか?!…どちらの音色が好きかちゅう事でございやしょうか?!
もう一つの大きな特徴は 弦楽器は持ち運べるけど、ピアノは 相当な演奏家の方でもないと運べない。これ、大きいよね。うん…つまり その楽器の大きさに 小ささに 温もりを感じられるかどうか、ちゅう事なんでやしょうか。

一体、皆様はどちら派なの?
でけたら おもしろい屁理屈が聴きたいのでやす♪
うん、好きなもんは好き!でもええしぃ…こんあ面白い話を 独り占めしたくな~ィ!ヒョッヒョヒョーォォッォ!
  1. 2008/10/28(火) 12:16:29|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

10/25世田谷区民会館大ホールにて 室内楽を

やって来やしたぁ!
この一連の建物は故前川國男先生の設計された建物で有りやす。
区役所の脇というか、広場を挟んで向き合ってホールがある…素晴らしい考え方でやす。
ま、音楽専用ホールかどうか?
ちゅうかぁ室内楽には 舞台が広過ぎて ちょいと他の楽器の方の音が聴こえなかったんだんす。

あっ、そうそう パッフェルベルのカノンをやらして戴きやした。
3本のバイオリンとチェロとピアノ。(ちなみに小生はピアノでやす)

アンサンブル…もの凄く奥が深いものでございやすなぁ…そういう事が 理解出来やした。
演奏は音が小さかったそうでやす、全体的に…兎に角、音が聴こえない。

今迄 せいぜい300人位のホールでピアノを弾いて来たので 音がどう聴こえているのか…客席でね、そう云う感覚を持つ事が 基本的にないと出来ないのが 理解されやした。
兎に角ホールによって 特性が随分違うし…

どのパートのメンバーも 仕切り直しでやすねん。
うん、皆頑張ろなぁ♪ 皆、お疲れさん!!!!
  1. 2008/10/27(月) 18:13:14|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:8

室内楽デビュー♪

どうなんざんしょか、明日は 小生の室内楽デビューでございやす。
曲目は パッフェルベルのカノンでございやす。
世田谷区民会館にて 午後3時45分頃に お辞儀をしとるわけでやす。
丁度いつも眠くなる時間帯なんで 心配しとりやす。

えっ、居眠りの心配??? そうでやす。おっと、モトイ 上手く演奏出来るかどうかでございやす。(爆)

ピアノは付足しみたいなもんでございやして、出しゃばらない様に 軽い音で4拍子を 刻むだけでございやす。
そうなんやねんなぁ、ソロと違って 全体の部品になる訳なんやねん。
アンサンブルの面白さは 他人と音楽の関わり合いを 強烈に持つ事なんでやすねぇ。

皆の出す音が 一つになる、この感動は中々のものでやすよ。

そそそ、やっぱぁ 弦楽器ちゅうのは 奇麗な音でやすねぇ~♪
たまさか ビオラ奏者がうちの室内楽団におらへんから 来月からビオラを始めるのやねんなぁ。
バイオリン2本とチェロとビオラで 4重奏が 出来るんやねん。フフフ…
ああ、ピアニスト(ふふふ、中々素敵な女性でやすよ♪)は 他にもおるねんなぁ。そやから、ビオラのソロなんかで酔っちゃえる訳なんやねんなぁ。
もっとも、直ぐに音がでる訳や無いからなぁ!!
ビオラは手配済みでやすんでやすんでやす~ゥ♪ ヒョッヒョッヒョ…
  1. 2008/10/24(金) 16:38:35|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:4

昨日、発表会終わりやした。

予想通りのかなり酷い演奏でありやして…
久方ぶりに ま、小生の実力は こんなもんかと…嫌と云う程 思い知った訳でございやす。

 ”あの選曲は誰なの?”と演奏家の先生に聞かれたので ”ヘィ、お師匠でやす!”とお答えいたしやしたら、“成る程ね、あのお師匠らしい こだわりのある選曲ねぇ♪”と おっしゃられておりやした。
なんか玄人好みの選曲なんだそうでやす。
それに救われたという事でございやしょうか。(笑)
何人ものピアノの先生にも呼び止められて ”良かったわよ!”と おそらく選曲を 褒めていかれやした。(爆)

演奏は…
めずらしく 緊張で 指がもつれ 音を外しまくり…強烈な音外しの後、戦線復帰が 不可能状態に陥る直前に 10小節程 吹っ飛ばし、素知らぬ顔。顔だけは 笑顔を絶やさず、どうせ皆さんしらん曲やし、という居直り…まずは 自信をもって 最低の演奏でありやした。(笑)
もうもう、笑うしか能がありやせん。ははははは…

友人が 袖で お師匠に 聞いておったとさ。
”ばままん君、大丈夫ですかねぇ!”とね。
”うん、勝手に 指動いてるから 最後迄 いくでしょ!”と…
相変わらず、冷静というか 冷たい…お返事であったとか。(笑)

ま、そんな訳で まことに汗顔のいたりでございやした。
黒猫室内楽団の方は 小生は客席でみていやしたが、練習よりも 数段良かった♪
ま、お独りプロのバイオリニストに お入り頂いたお陰でございやしょう。S.G.先生、有難うございやした。
でも、楽団員は 初めての体験で 極度の緊張を無事乗り越えやした。
小生は 演奏にこそ参加致しておりやせんが、もの凄い満足感を覚えていやす。
楽団員の皆様、ご苦労様です。
こうした機会を頂いて そして M先生をはじめ、先生方 有難うございやす。
  1. 2008/10/19(日) 10:03:39|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:22

明日本当にピアノ弾くのかなぁ?

うん、指が覚えてへんねん。かなりやばい…
普通は 弾き込んでるから どうチュウコともないんやけどねぇ、今回は酷い!

特に指が反応せえへん処、6カ所(うん24小節位やろかぁ?!)を 夜中、弱音器で 20回演奏チェック。(ゆっくり5回、ややゆっくり10回、想定速度5回…)約2時間。(退屈したらモツやんのKv330を弾く事。笑)

朝に成ってから 再チェック。
・(通し演奏、2回/合間チェック2回)×5ターム 約2時間(間に休憩30分を必ず入れる)
・最後に イメージ演奏 10回 約1時間

と目標を立てやした。うん、腕がもつかどうか??
消炎鎮痛剤の用意はぬかりなし…副作用に注意!!!(爆)

バイバイ! [明日本当にピアノ弾くのかなぁ?]の続きを読む
  1. 2008/10/17(金) 18:40:23|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

民族音楽

僕らの聴いている音楽は 世界のほんの一部なのやねん。
知っている音楽は 世界のほんの一部なのやねん。

音楽は 商業ではないのやねん、本来!

小泉文夫氏は 今どこをほっつき歩いているんやろか?
肉声に近い、雑音すらも許容している楽器達。

[民族音楽]の続きを読む
  1. 2008/10/16(木) 06:57:26|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

リーマン???

どうやろ…サラリーマンをリーマンてぇ呼んでいたんやねん。
リーマンが世界金融恐慌を 起こす程の存在であったとわぁ…リーマンをなめたらあかんぜよ。(爆)

小生思うに、世界金融恐慌は おこらへんねん。
起こったら 人類の半分が10年位の間で消耗せなあかんねん。
で、いづれ 起こるべくして 起こる事を 今回知った訳やねん。自重に絶えかねて 壁が内側に倒壊して行く様にね。

この20年の間に 世界はどうなるんやろか ???
やばいねんなぁ、かなり!
その前に 癌手術パニックが ここ5年以内に 起こる様な 気しするねんなぁ。そう、もの凄い数の人間が 癌年齢に突入して 手術台と外科医の圧倒的不足。順番待ちパニック症候群とかぁ…これ、笑ってられへん事なんやで。
その数年後、焼き場の問題が起こるねんなぁ。
災害が起こらなくても 焼き場が不足するちゅう…老人医療どころの騒ぎやないで!
火葬という社会システム崩壊。

そういう意味では 現代は もぉ立ち行かなくなてしまってるのうやねぇ。
どうするのやろ…

死の教育。宗教。
死を幸福に受け入れて行く事の大事さ。生るという意味合い…諸々の事。
おいらはぁ、人、そう 生きる死ぬの そこの処を ちゃんと伝える事のできるメディア、コミュニケーションツールが 必要やとおもうねんなぁ?!
宗教音楽もしかりなんやけど、あらゆる喜び、悲しみ、怒り…諸々の感情を誘導する、共有する、  素晴らしい空間…そうなんだよなぁ…

うん、おいらは それはぁ 【音楽!】やと思うねんなぁ!

どうやろかぁ???????
  1. 2008/10/14(火) 00:04:51|
  2. 与太郎|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

もう1週間を切った。

10/18(土)7時45分頃にはベー様のポロネーズを弾いているはずだ。
まだ指が 絡まる様に重い。
不安はない、大きな希望が胸にあるのや。
そ、気品高いどうどうとした英雄。その指揮下の下に フランス革命の 雄々しい響き。
それを ドイツの片田舎で 田舎臭い喜びの酒と歌と踊り♪そう、あの田舎臭いポロネーズの踊り♪
この二つを詩い上げる…楽しみ、だけど 完成していない。うん、完成させる楽しみ♪

心配事は手の痛み。

そう、一つ面白い事に気が付いたのやねん。
手首と手の平用のサポーター、丁度軍手の指の部分が無く、親指の根元近くで切れ、その他四本指の根元近くでやや大きめの穴で切れている…これを付けて弾けば 多少の保護になるんやけどね。そう、指が多少動き辛くなる。
うん、つまり 大リーグ養成ギブスなんやねん♪
でぇ、2枚重ねると ほんま筋力養成ギブスになるねんなぁ♪♪
と、ところが これやると 指に負荷が掛かり過ぎて 手を痛めるんやねん。もはやサポーターではありませんのや。(笑)
これは 阿呆やねんなぁ。(爆) [もう1週間を切った。]の続きを読む
  1. 2008/10/13(月) 01:39:46|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

黒猫室内楽団

ええまぁ、着々と 室内楽団らしく なって来ておりやす。
10月に パッフェルベルのカノンを2度公開いたしやす。
現在 ピアニスト2名、バイオリニスト4名、チェリスト1名、歌手2名、ビオリスト近々1名都合7名(何故か10名にならんのでやす♪)でございやす。
楽団員募集中でございやすだぁ。
幾つものユニットを散開集合的に組織致しやす。ソロも皆さんおやりになる訳で…
正式な対外活動を4年後と定め、Sotto Voce 黒猫音楽室をベースとし、日夜音楽に精進しておりやす。

対外活動としては 小中学校、養護学校、老人施設、医療機関等様々な施設の慰問をおこないやす。生の音楽を街に溢れされる。そんな事を構想しやす。
ストリートでの演奏も視座に入れておりやす。
初心者ベテラン全て入団OKでございやす。
ご興味の有る方は是非是非 お気軽にお声をお掛けくだされや♪
[黒猫室内楽団]の続きを読む
  1. 2008/10/08(水) 22:50:15|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

バッハてぇ一体どんな奴なんやろか?どう思う?良い奴??嫌な奴??天才か盆栽か??男か女かホモか??

どうもヘンデルと同じ年に産まれている事はわかるのやけど…
でぇ、鬘を冠っていたのは知ってるけど、禿げだったんやろか?
ヘンデルに近寄ろうとしたらしい。でも、ヘンデルが歯牙にもかけなかった様だ。
うん、そこから想像すると ヘンデルは喰えそうなイギリス王朝に近寄って行って バッハは そういう日の目は見てないのじゃないやろか???地味?????
ヘンデルちゅうのは ひょっとして そういう経済効果がもの凄い好きな男でさ、バッハてぇのは 真面目で純やったんやないやろか?
でさ、バッハの2声3声なんかやらされると あ奴は ひょっとして… [バッハてぇ一体どんな奴なんやろか?どう思う?良い奴??嫌な奴??天才か盆栽か??男か女かホモか??]の続きを読む
  1. 2008/10/03(金) 01:56:54|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。