そのひくらし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

マントが欲しい。そう、上にボタン一個だけ…

わい、ウエストバッグやねん。ボロやけど…
コート駄目やねんなぁ、だから。
コート着てても歩いてると汗掻いたりしてな、
ボタン開けとるねん。
つまりは、マントやねん。

そや、正義の味方は コートやのぉてマントや。
悪の使者も コートやのぉてマントやねん。
言うとくけど毛布かぶるのは あきまへんでぇ。(爆)

うん、”その男は さっそうとマントを翻し、彼女の前に現れた!”




                                 それ、わしやねん♪




スポンサーサイト
  1. 2011/01/30(日) 23:08:29|
  2. オシャレ♪|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

洗濯

まぁ、洗濯がオシャレかどうか?議論がいろいろありやすが…

うん、基本的には2着あれば この世に怖いもの無し!(笑)
夜寝る前に 当日の汚れ物を洗いやす、当然洗濯機(乾燥機能付き)でね。
うん、翌朝には 洗い終わっていて たたむだけっす。

そう、旅行の折に 3着目4着目を例えばおろし、古いのとは 旅行先でおさらば!

うん、これでいけるんやけどなぁ?
なんで 着もせぇへん服が 溢れかえるのやろかぁ??

  1. 2010/05/11(火) 22:50:59|
  2. オシャレ♪|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

対語、疑心暗鬼!

疑心暗鬼というのは よく陥る迷路であるんやなぁ。
じゃぁその反対はなんやろかぁ?
疑の対語は 信やろなぁ。
心はええやろ。疑心で一語やから。
暗は明やろなぁ。
鬼の対語は 仏か神か 福か?
つまり、合成すると信心明福とか 信心明神(仏)となるかいなぁ。
実に 心の問題でやすなぁ。

物事がうまくいかへんと この迷路に陥りやすなぁ。
それから 慾が 増大して自分を見失うと この地獄に陥りやすな。

信心とはいわへんけど(なんか 神仏に帰依しちゃってる様なんで、このことばは)…
そうやねぇ 信じる状態を信心と言うならば よくわかる。
明神(仏)はぁ穏やかな心の状態を指すのやろなぁ。

結局は 信じるというのは 実に難しい。
疑うのは 相手のせいにする訳やから 楽やねぇ、取り敢えずは。
信じるには 自分の強さがなければ ならへんからねぇ。

でぇ、ホンマに辛いのは 暗闇に寥々跋扈する邪鬼達に もてあそばれる事やねん。
実に大事にすべきは 信じるという自分との競争なんやねん。
と同時に 我欲を押さえ込む、諦めとか 我慢の部分やねん。
状態を 冷静に呑み込める姿勢やねん。

これらが 疑心暗鬼達を 退治するおまじないやねん。

あ、人生相談お受けしやす。
あ、お布施は…お気持ちという事で♪
  1. 2010/03/14(日) 09:01:15|
  2. オシャレ♪|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

ボウ・ブランメル氏

彼氏は イギリスのダンディーを創始した男でやす。
18世紀終わり頃に生まれ、19世紀初頭に主にイギリスの社交界で活躍したのでありやす。
ボウというのは 美とか洒落ものみたいな意味のフランス語であると思いやす。

彼はジョージ4世の友人であり、平民の出であるのに関わらず、イギリスの社交界に出入りしていた輩で、その貴族のパーティーが 成功するかどうかは ブランメル氏が そのパーティーに出席するかどうかに関わっている程の人気者で それもダンディーであるが故。
今のタキシードだとか、ああいう黒を基調としたスタイルの原型はブランメル氏の創作によるもので、それまでの鬘やかフリルのついたきらびやかなルイ王朝の晴れ着は 彼によって否定された訳で…

ある貴族があるパーティーでブランメル氏に”私の着こなしは如何ですか?”と聴いたそうな。
ブランメル氏”そのだらし無い寝間着に間の抜けたスリッパはなんとかならんのかね!”と答えたとか。
ジョージ4世の晩餐に招かれたブランメル氏。
長いテーブルの端(短辺)にジョージ4世が座り、もう一方の端(短辺)にブランメル氏が着座。
ジョージ4世に”ジョージ君、ワインが切れた。執事を呼びたまえ?”と注文したとか。
結果はジョージ4世の勘気に触れて フランスに亡命しちゃって みじめな末路を送ったとかや。
ある意味でダンディーとはストイックさをもち、ニヒリズムにすら通じるものであるのかもしれない。
ちょいと次元は低いが 武士は喰わねど 高楊枝!みたいな…

カッコを付ける…うん、低次元のものではなく…そう、人生を演じ切る様な感覚なのであろう。そう、その根底に 自分の美学みたいなものが流れている。
そう、かなり 究極まで 昇華した美学なのであろうか。

小生は このブランメル氏が もの凄く気に掛かるのだ。
小生は ある種のブランメル氏で あれたらいいなぁと、そこはかとなく 憧れを抱いている様な気がするのである。大雨にも関わらず…
  1. 2008/08/29(金) 12:17:18|
  2. オシャレ♪|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:14

こんなんいかがだす♪

お酒やらんもんね♪

あはは…どうしてかなぁ?JPGは画像がぼけたり にじんだりするんですぅ???
シールとしてつくったんでやすがねぇ。
JPGでなくキャドソフトそのものから打ち出すと奇麗なんざんすがねぇ?
常套手段として地色は青、赤、緑まぁ黄色もありですが、今んところ三色でやすねぇ。
ピンクもお洒落でやすがねぇ♪黒猫さんの処理を考えれば黒地もおっしゃれぇ♪
猫Tシャツもあるんやけんどねぇ、データを拡大すると線が荒かったり、ディテールが甘いんすねぇ。
やっぱぁ、その道のプロじゃぁござんせんからねぇ、商品には ちょいとねぇ?!
  1. 2007/11/28(水) 06:02:54|
  2. オシャレ♪|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:4

夜の花咲く

事もあれば
咲かない夜
月も無い夜
尽きに見放された夜 [夜の花咲く]の続きを読む
  1. 2005/07/22(金) 07:03:00|
  2. オシャレ♪|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7

鮭皮の服…えっえっ

鮭トバてぇご存知ですよね。
鮭を薄く切り身にして干したものです。
結構旨いんすよ♪20050613231830.jpg

[鮭皮の服…えっえっ]の続きを読む
  1. 2005/06/13(月) 23:19:51|
  2. オシャレ♪|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:14
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。