そのひくらし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

黒猫室内楽団メンバー募集

我々は 生音を街に 溢れさせるのだ!
そういう趣旨の元に 集まった素人玄人の音楽家の集まりでありやす♪



楽団員は まだまだ途上の人で構成されています。
初心者大歓迎!
再開組大賛成!

bamaman君大歓声!

4年後に慰問、ストリートパフォーマンスを実施致しやす。
結婚式の出前も行う予定でございやす。

現在のパート別構成メンバー( )内は休憩チ中のメンバー

チェロ 2(1)
ビオラ 1
バイオリン 4(1)
ピアノ 3(1)

ソプラノ 4(1)
アルト 1
テノール 1
バス又はバリトン 1

フルート 1

バイオリン制作職人 1

曲目ジャンルは 問いません。
クラシックアンサンブル。
聖歌
歌謡曲、ポピュラーソングなど…
スポンサーサイト
  1. 2009/05/27(水) 19:10:14|
  2. 黒猫室内楽団|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

二胡買いやした♪

室内楽団はクラシックで勝負出来る程、成熟しとりやせん。
どうやって 人を楽しませるか。
それと我々の楽団の個性を出すか?

うん、民族音楽…そういうのは 8度の平均率ちゅうよりは ペンタトニック(オクターブ内が5音で構成されている旋律)が 殆どやと思いやす。
これは 旋律の主調、性格が はっきりしていて 誰がやっても沖縄の旋律を使えば沖縄っぽい音楽に成り、Jazzの旋律を使えば Jazzっぽくなり、中国の旋律を使えば 中国っぽくなりやす♪
そういう意味で メロディーラインを、西洋の音楽(クラシックなど)と違って 極めて 自由に 扱えるんでやす。

うん、二胡だとか 篠笛だとか どんどんと取り入れたいでやす。

追記:二胡が来たのは良いけど 入門書を買っていないので 調弦から弾き方から一切わかりやせん。これは おじさんの 大失策でやした。(爆)
  1. 2009/05/26(火) 14:06:27|
  2. 黒猫室内楽団|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。