そのひくらし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

野田、管許すまじ!

ファショだ!
詐欺師…選ばれてないんだよ、君等!!


怒れ日本人!

東電は解体だね!
スポンサーサイト
  1. 2012/06/23(土) 14:15:11|
  2. ひとりごと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

何でも楽しむ事にしとこぉ♪

嫌だなぁ、嫌だなぁ、嫌だなぁ…
というのを
どうしたろうかぁ♪
に変えたらええんちゃうかぁ!!


そない思ってます。


でも、今日は辛い…
  1. 2011/08/20(土) 20:17:22|
  2. ひとりごと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

解釈の問題

事実は一つしか無い。
でもその事実の意味、そうその行動の意味…

良い意味に解釈する。
悪い意味に解釈する。
どちらでもないと解釈する。
当り前だが大別すると3種類に分けられる。


悪意を感じてる人の行為は 悪意に取られる。
善意を感じている人の行為は 善意に取られる。
どちらにとるべきか。
どちらが実りが多いか。
実に難しいと思う。


相当に酷い悪意を善意に解釈する事は かなり危険だ。
でも、人間の行う事、常に感情の嵐が吹いている。
問題を深めるのは疑義。
疑えば切りがなく、下手をすれば奈落の底に落ちて行く。

ま、結論を焦らない事だ。
月並みだが どちらもあり得るというクッションを持ちたいものだ。








  1. 2011/05/31(火) 06:54:43|
  2. ひとりごと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

ロボットナイズド

あのさ、今壮大な実験室が出来てるんだね。
どんどん、ロボットの試作品を含め豆乳すべきだね。
ただ、転んでは駄目だね。

例えば海水。
一体何ミクロンの膜で放射能を除去出来るのか。
鮫型ロボットを遊弋させればかなりエラで回収出来ると思うよ。

でぇフカヒレにして尖閣諸島付近を遊弋させると
領土、領海問題が一気に解決するんやないかなぁ~はっはっは!
  1. 2011/04/30(土) 18:37:45|
  2. ひとりごと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

良く考えてみると人間てぇ人との関係しかないねん。

人の中で生きてるねん。
それを社会言うてまんねんなぁ。
経済てぇ民のタツキの煙(炊事の煙)の事なんやそうな。
盛んに上がってるか、衰えているか見たいな総観やねぇ。
生きてく為には 喰わなどもならしまへん。
それと人間関係が複雑に絡んで社会になってるねんなぁ。
うん、親分が子分喰わしたりする、そこでの人間関係。
親分同士の敵対や連携などの人間関係。

最初の親分子分の関係は人間そのものやねん。
親分同士になると政治ちゅうかぁ、闘争やとか、ルールやとかの世界やねん。
経済が発達しても基本的には人間社会ちゅうのは
然程変わらしまへん。
でも、最初の親分子分の集団が巨大化してくと
少し様相が変わって来る。
ほんまやったら、小さな集団がきっちり人間社会として機能してはって
それが複数集まって大きく成るのがええんやろうけど
そういうアメーバーみたいな組織てぇ
何故か成り立ちにくいねんなぁ。何故なんやろか?

ここの辺りの探求が21世紀の新しい理論の何かなんやないかなぁ…
結局は分からしまへんが…
どうも今迄の考えだと 歯周病やないけど
足下から腐って来て
組織とか社会とか全崩壊しちゃうような気ぃするねんなぁ~

人類は一体どこに行くのやろか。
日本人は既成事実に右へ倣えやなくて
自律的な考え方を持てる様に
なるんやろか。
そやないと どもならしまへんでぇ~

いやぁ、年の瀬に来て 言うのもなんやけどなぁ…
  1. 2010/12/31(金) 22:57:59|
  2. ひとりごと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

死んでないなら 起き上がれ!

起き上がらないと 何も起こらない。
気力がないなら 奮い立たせろ。
なんでも ええねん。動き回れ。

なんで 動物なのか。
そう、動き回るから 動物なんや。
動かなく成ったら しまいや。

だから、起き上がれ!

あさっぱらから そういうこっちゃ♪
  1. 2010/10/26(火) 10:17:10|
  2. ひとりごと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

後15年なんやなぁ

そう、おおよそ70歳になるんや。
そこまで どうビビットに生きるかや、問題はぁ!

まずは15年で どれくらいピアノが 完成するか。
何曲作曲出来るか。

その次に 世の第一線に 復活する。
建築やのぉてね。

あっと言う間やなぁ…
借金が その数年後に返し終わる。


いろいろあるけんど、
後ろ向きや 守りに入るのは くだらんと思うねんなぁ。


しかし、夢の様だ。
一瞬の昼寝に 近いんやねぇ。
ぼやぼやは してられへんねん。
  1. 2010/10/18(月) 02:49:48|
  2. ひとりごと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。