そのひくらし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

人が多すぎて…復興構想会議、運営めぐり危機感

あっはっは、
やっぱねぇ…

船頭多くして 船山に登る♪


アホやん
どうして批判ばかり恐れて
色んな意見の良いとこ取りして
腰骨の無いお話を作るんやろかなぁ

今さ、千載一遇の時なんやで。

根回しと会議はちゃうねん。
議論の為の議論やってる場合やないしなぁ
大体 緊急にせなならん復興と
本筋の国家の将来の方向性と
どさくさに紛れて同時にやる事自体が 低俗なんよね。

余計な事やらへんと
だから将来と切り離して
今は走りながら考えるべきなんやねん。
その為の効率の良い組織、
つまり簡素化されて 責任が明快な組織
それつくればええだけなんやねん。

つまり長は訓令を垂れるだけで
命令したらあかんねん。
スポンサーサイト
  1. 2011/04/24(日) 17:00:03|
  2. 与太郎|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

はんこ屋さん

もぉ30年も前の事でやす。
小生宛に珍しく女性の名前のはがきが舞い込んでやした。
嬉しくて 次の日の昼休み、お電話さして頂きやした。

”内容ははんこ作りませんか。
ご用命の際はコレクトコールでこちら迄 お電話下さい。”
つう内容でやした。

でぇそちらの会社に
”え~とぉ、青木恵子さんおいでですかぁ?
なんだかぁはんこ作ってくれるとかぁ。
でぇコレクトコールでお願いしますぅ。”
青木さんは不在でやしたが、女性の声、シメシメ…
”あの、コレクトコールはですね、◯◯◯の××でお願いしますね。”
”あ~あ、わし田舎から出て来たばっかりで よくわからないんっす。”
”だからね、◯◯◯の××でお願いしますね。”
と何度も押し問答。
”えっとぉ、はんこ幾らかかるんすか?”
“有り難うございます。◯万円程度ですよ”
”ああ、わし田舎から出て来たばっかりで よくわからないんっす。”
”だからぁ◯◯◯の××なんです。”
これまた、押し問答。
で、”わし、お給料7万円で家賃5万円払って、だから変えないっす。よくわからないんだけど。”
彼女は親身になって
”馬鹿ねぇ、何で家賃安い所探さないのぉ?”
”わし田舎から出て来たばっかりで よくわからないんっす。”
の繰り返しで、その内余りの馬鹿らしさに気が付いて
向こうの会社の中が次第に爆笑の渦。
一問一答が 余りに馬鹿げているのと冗談に気付き、大笑いでやした。
30分の長電話、どちらも楽しいお昼を味わったという訳でやすねん。

コミュニケーションは大事でやす。
笑わしたら 意志の疎通が出来るの出す。
実に 良い時代だったんでやしょうかねぇ。
今は これが洒落にならへんねんなぁ…
  1. 2011/02/14(月) 19:42:26|
  2. 与太郎|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

シジュウカラ

そういう方もいらっしゃる。
可愛い小鳥のはなしではありやせん。
そう、趣味の話です。
小生はもうシジュウカラは出来まへん。
ゴジュウカラでやす。
因に肩はゴジュウカタ!
体はエイヨウカタ!

さて、語るに落ちるとは
このとこやねん。
実に下らん…プンプン!!

ここまで読むのが悪い!!
  1. 2011/01/11(火) 15:17:22|
  2. 与太郎|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

小生の痴漢行為の定義

ええなぁ思った女性に反応してもらえば 立派な痴漢行為でやす。
でね、小生の場合は その子を笑わせる。

高校2年の時、山手線の帰宅時でやす。もう暗いので 窓に顔がくっきり写りやす。
ええとぉ、お隣のつり革に掴まって立ってらしたOLはんが 凄く可愛かったねん。
恐らく、20代前半。
でね、目が一瞬合う訳でやす。ガラスに反射した同士の眼ね。
うん、じつに衝撃的な魅惑的な一瞬でやす。
その時、一瞬口を開けておどけたへんてこな顔をした訳でやす。そう、常識ではそこには そないな顔があるはずが無い…そういうナンセンスな空間が 生まれたんすねぇ。(笑)
彼女は必死に笑いをこらえていやしたね。顔まっかにしてね。
年上の女性でやしたがね、まぁ、ある意味年下の青年がいたずらして困ってた訳でやす。
凄く、可愛かったなぁ…つう訳で 小生は 産まれて初めて痴漢行為をした訳でやす。

2回目は大学時代、志賀にスキーに行った訳でやす。
天気ええので奥志賀に滑りに行こかいなぁ、と思った訳でやす。
バスのチケット売り場の彼女が凄くかぁいいんす。
でね、チケット買う時に”奥志賀、男1枚!”と言って買ったんすがね。
これも、必死に笑いをこらえているんすね。
うん、生涯に2度だけ 痴漢行為を行いやした。(神妙に告る。)

実にけしからん行為でやす。
ゆるすまじ、痴漢行為…

でもさ、笑わすのはええですねん。
もう一歩、足を踏み出せば…ううむ、若者は 弱気であったとさ!(笑)
  1. 2010/11/22(月) 20:58:26|
  2. 与太郎|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

覚醒

醒める事を覚える訳や。
透明に 透明に 物事の裏迄
透明に…
そう、自覚する事や。

それが 何故 覚醒+剤になると 酔うのか…うん、不思議な単語やねん。



麻薬は 酔っぱらいでやす。
あそこには 人生の真実はないやろと思いやすねん。
意識レベルが 最低線まで下がった状態やろと想像しますねん。

夢を見やすよね、寝ている時に…眠りの浅い時に!
その夢を 神の如く讃えるのは おかしな事。

覚醒とは
どないな残酷な事実があったとしても
冷静に 真摯に
それを受け入れる事やと思いますねん。

この世の 真髄はぁ
やはり…

真・善・美   なのかもしれへん。
何を言っても その前では 空しいだけなんやないやろかなぁ?!



  1. 2010/10/17(日) 00:45:48|
  2. 与太郎|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

そういうもんすかねぇ?

これも アメリカでのお話!(友人から聞きやした。)
アメリカの確か南部の都市のホテル。
その友人が 朝食を採りにダイニングに言った訳でやすねん。

すると…
紳士風の日本人の男性が 独りで 朝から
スコッチを飲んでいたんやそうな。

友人が 挨拶代わりに 聞きやしたとさ!
”朝から豪勢ですねぇ♪”とね。

すると
その紳士風の男性は
”なんだかしらないけど メニューに書いてあるものを頼んだんです。
すると これが出て来たので
仕方ないから 飲んでるんです”とね。

そういうもんすかねぇ?(笑)
  1. 2010/07/03(土) 14:49:24|
  2. 与太郎|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

そういうもんす。

これも 若けぃ頃の出来事でやした。
場所は シカゴ。
日本人二人…双方共 言葉が苦手ときたもんだぃ!

夏なのに寒かったっす。
そいでもって 片割れがぁ “寒いからどっか入ってお茶でものみましょうかぁ?”
それは ええアイデェア!
まぁ、レストランは あるにゃけど 喫茶店はないし…
バールみたいなんはぁ見当たらんしぃ…
暫くしてやっと お茶の飲めそうなお店を見つけて入りやした。

でぇ 小生はコーヒー
片割れはぁ ホットミルク!

片割れ   ”Hot milk"
ウェーター "??"
片割れ   ”Hot milk"
ウェーター "??"
片割れ   ”Hot milk"
ウェーター "??"
片割れ   ”Hot milk"
ウェーター "??"
   …

小生    ”あのさぁ、先輩 発音悪いっすよぉ。”
小生    ”Hot milk"
ウェーター "Oh,I gat it"

小生    ”おお!どうです先輩!一発で伝わりましたよ。”


暫くして
寒そうに 震えながら 片割れが アイスミルクを 飲んでいやした…
  1. 2010/07/03(土) 09:03:06|
  2. 与太郎|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。